免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

自動運転とは?なぜレベル2が限界なのか?各レベルの定義を解説

自動運転の普及が加速するも、実際は世界的に現在レベル2が限界。なぜそうなのか?レベル0~5まである各自動運転の定義を解説します。

自動運転とは?

「ドライバーが運転をしなくてもクルマがかわりに運転して目的地まで連れていってくれる」というのが「自動運転」からイメージされる方が多いでしょう。一方で「自動ブレーキがついてれば、その時点で自動運転」と思われている方も多く、そのイメージは多種多様です。

この記事では自動運転レベルには定義があることや自動運転の問題点をふまえつつ、具体的な販売中・開発中のモデルを紹介します。

自動運転のニュースは必見!開発競争激化で未来はどうなる?

自動運転技術をめぐっては、世界各国のメーカーが開発競争を激化させています。さらに、歴史ある大手自動車メーカーや関連会社以外でも、ベンチャー企業や異種企業の参戦などにより、市場が活発化。アメリカの電気自動車メーカー、テスラを筆頭に、完全なる自動運転の実現に向けて日夜研究開発に励んでいます。

人間の状況把握能力や、判断力のスピードを遥かに上回るセンサーやコンピュータを使う自動運転車は交通事故の減少をもたらすほか、全盲者や飲酒者などでも乗車可能といったメリットが考えられており、新しい自動車の形とされています。事故が発生した際の責任を”車”が負う「レベル3」以上の自動運転車の市販化も近いと考えられており日進月歩といえる現状です。
これからの自動車業界を知るなら、自動運転のニュースや最新情報は必見です。

世界的には自動運転レベル2が限界。なぜ?

アウディ A8 2019年モデル

アウディは2018年内に新型の「A8」にレベル3の自動運転を搭載して市販すると発表していましたが、各国の法整備が追い付いていないなどの現状があり、初のレベル3の自動運転車の発売は見送られました。

自動運転レベル3では、ハンドル、アクセル、ブレーキなどすべての運転タスクをシステムが行います。もちろんですが、限定された条件下においてです。しかし、ドライバーは前を見ないでハンドルを持たずに運転できるという、車を運転する主体が人から車へ変わる、という大きな違いがレベル2から3で生まれています。

※自動運転レベルのついて定義、詳細は後述しています。

*この項は2019年5月14日にWildWestAdz編集部加筆

① 技術的に問題?

走る、曲がる、止まるといった自動車の基本的な操作部分は技術的な問題がクリアしたと言えます。残る問題は、判断能力です。どれだけ高性能なセンサー、カメラを搭載しても、千差万別な交通シーンにおいて、的確で安全な判断を下す「頭脳」部分は、いまだ完全とは言えません。これまで、Googleの完全無人自動運転で事故を起こしたニュースなどは記憶に新しいところです。人間の危険察知能力、判断脳力よりコンピューターの方が優れている、事故発生率は人間よりコンピューターの方が低く有能であるという実証実験結果もあります。

しかし、ここで最大の論点となるのは、コンピューターには100%、完全な安全が求められるという点です。この点は次項の問題と関連します。

② 完全自動運転が交通事故を起こしたら誰に責任が?

例えば、仮に、自動運転レベル3が法的に「運転の主体は自動車」としたなら「事故の責任は自動車」となり、自動車メーカーが交通事故の責任を負うことになるでしょう。これは、容易な法整備ではないでしょう。では、「運転の主体は人」としたレベル3ならどうなるでしょうか。その場合、ドライバーは前方および周囲を目視で確認しながら、アクセル、ブレーキ、ハンドルなどの各操作の基本を行い、システムがそれをサポートすることになります。しかし、これでは、現状のレベル2と大差ありません。ここでジレンマが生じているのです。

③ 自動車保険の問題

完全自動運転が法整備される一環の中に、自動車保険の問題があります。運転の主体が100%自動車になれば、責任は自動車メーカーとなり、賠償金を支払うのが自動車メーカーになってしまいます。そうなると既存の自動車保険の概念が崩れてしまいます。車のオーナーは自動車保険に加入する必要がなくなり、保険会社は自動車メーカー向けの自動車保険をつくり、その保険料は車両価格に反映される…といったものになるでしょう。

100%自動運転にならずとも自動運転と手動運転を切り替える方式になると、さらに話はややこしくなります。交通事故を起こしたドライバーは「自動運転だった」と言い張り、手動運転モードであった証拠を何らかの形で自動車メーカーかドライバーにつきつけても「いや、それは誤操作だ」…といったストーリーが予測されます。

ことのつまりは交通事故時の責任の所在か。

ことのつまりは交通事故時の責任の所在か。と結論付けてしまって問題はないでしょう。自動車メーカーは、自動運転モード中であっても、ドライバーに運転の主体があるようなシステムにしないといけません。これが、レベル2のまま世界的に停滞している最大の要因と考えています。

自動運転のレベルの定義とは?

「自動運転」と一言で言ってもレベルがあり、2018年10月現在で日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) により定められたレベルが0~5まであります。

レベル0は自動運転に関する装備が全くない通常の乗用車、レベル5になると乗用車がシステムによって自律的に走行するものとなっています。この自動化のレベルは車の運転を人間が判断して行うか、システムが判断するかのバランスを表しています。

自動運転の定義はどこが定めているのか?

自動運転の定義は、アメリカのSAEインターナショナルが定めた「SAE J3016」が使われています。SAEインターナショナルは、モビリティの専門家が会員のアメリカの非営利団体です。元々は自動車の技術者団体でしたが、その後、船や航空機など陸海空の乗り物の技術に関する標準化機構となりました。鋼材やバッテリーなど、自動車に関係する規格が定まっています。

次のページ

  • 1

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

https://220km.com.ua

https://sledoc.com.ua

Этот популярный веб портал на тематику Виагра 150 мг http://cialis-viagra.com.ua