免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

みんな知らない?車のナンバープレートに隠された意味や人気の地名は?

昨今さまざまな個性的なナンバープレートを目にすることが多くなりました。自動車のナンバープレートは色や柄が色々あり、結構こだわりを持って決めている人が多いです。そこで今回は、その知られざる車マニアたちのこだわりを少しだけまとめたので紹介します。

地名について

管轄運輸支局・自動車検査場を表す地名ですが、昨今はご当地ナンバー制度というものがあり応募と審査で新しい地名を採用するというケースが増えてきています。

人気の地名としては品川や横浜、湘南や富士山などが有名です。

分類番号について

【普通分類番号】
[普通]
100番台:普通貨物
200番台:普通乗合
300番台:普通乗用

[小型]
400番台と600番台:小型貨物
500番台と700番台小型乗用

[特殊]
800番台:特殊用途自動車 
900番台:大型特殊自動車
000番台:大型特殊自動車で建設機械

ひらがなについて

事業用:あいうえおかきくけこを
自家用:さしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆらりるろ
貸し渡用(レンタカー):われ
駐留軍人用車両:よ、アルファベットEHKMTY

意外といろんな意味があります。

「お」は「あ」と見間違えやすいから、「し」は死を連想するから、「ん」は発音しづらいから、「へ」は屁を連想させるから、という理由で以上の文字は自動車には記載できないようです。

数字について

通常は指定番号なのですが、希望が抽選で通る場合もあるようです。多くの車マニアはここにさまざまな意味を込めているようです。

たとえば、「358」は聖書で聖なる数字とされていて日本人の多くは縁起のいい数字と捉えています。他にも単に「1111」や「8888」など、「1122(いい夫婦)」という語呂を重視したものも人気です。

色について

ナンバープレートとは個別の自動車を識別するために取り付けられた標識板の事で、「自動車登録番号票」というのが正しい名前です。

当たり前のことですが、1車1車のナンバプレートのナンバーや色などは異なります。

色の違いは「自家用」か「営業用」かの違い

ナンバープレートは、主に「自家用車」か「営業用車」かの違いで色分けされています。知らない人も多いと思うので白、黄、緑、黒、青についてそれぞれ紹介します。興味のある人はぜひみてください。

白ナンバー(白地に緑文字)

白ナンバーは自家用自動車、商用車で、街中でもよく目にする色のナンバープレートです。今では軽自動車もお金を払えば白のナンバープレートをつけれるので人気です。

黄色ナンバー(黄色地に黒文字)

黄色ナンバーは自家用軽自動車、軽商用車(排気量が600cc以下)です。普通自動車より少し小さめのサイズで、封印(ナンバープレートを止めるボルトの上にするアルミ製の蓋)はありません。

緑ナンバー(緑地に白文字)

緑ナンバーは営業用車です。主にタクシーやバス、トラックに取り付けられています。普通自動二輪車と大型自動二輪車(250cc以上)は白枠がつきます。

黒ナンバー(黒地に黄色文字)

黒ナンバーは営業用軽自動車です。軽トラック、ワゴン車など(宅配便車など)に取り付けられていて、緑ナンバーより小さめのサイズで封印はありません。

青ナンバー(青地に白文字)

-

青ナンバーは外務省用車(外交団用、外交団大公使館、代表部用)で、青地に白文字です。逆の白地に青文字は領事だん用です。

交通違反は適用外、自動車税免除というメリットがあります。

「営業車」と「商用車」の違いとは?

上記で「営業車」と「商用車」と紹介しましたが、そもそもその2つの車の違いは何なのか気になります。以下に「営業車」と「商用車」の違いについて紹介ているので違いがあやふやな人はぜひみてください。

「営業車」

運送業や運搬業など、“運ぶことを業務”としている自動車は「営業車」に該当します。一般的に“緑ナンバー“と呼ばれる車です。

例:運送用のトラックや路線バス、観光バス、タクシーや霊柩車など

「商用車」

一方、“自らが働く車“の場合は「商用車」となり、“白ナンバー”扱いです。社名のついた営業用の車も、運搬することで商売が成り立つのでなく、単なる自社の製品を運ぶ場合には「自家用車」の扱いなのでこちらも白ナンバーです。

例:消防車や救急車、コンクリートミキサー車、キッチンカーなど

工事現場のトラックは?

工事現場でよく見かけるトラックやダンプカーには、白ナンバーと緑ナンバーの両方を見かける事があります。この場合は「工事会社が自社で使っている車か下請けに運搬を依頼している車か」で判断できます。

工事会社より廃材や資材の運搬を依頼されている下請け業者は、「責任を持って廃材や資材を確実に届ける」という運送業での商売が成り立つため、緑ナンバーでの営業をしなければなりません。

工事会社が自社のトラックを使う場合にはその商売は発生しないので白ナンバーです。

バイクなどのナンバープレートやレアなナンバープレート

バイクは排気量やサイズなどにより、白・黄・桃・緑・水色の5色に区分されています。

外務省用の青ナンバー、皇族用の特種ナンバーなどはめったに見ることがないので新鮮です。

バイクなどには地域によって個性的なデザインのナンバープレートがあるので見ているだけで楽しめそうです。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

mazda.niko.ua

https://topobzor.info

showroom-kiev.com.ua