免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

消防車の種類と装備!ハイパーレスキューの特殊車両の世界を知ろう

火災や自然災害が発生したとき、私たちを助けてくれるのが消防車。私たちの生活が便利になるとともに、消火や救助活動の現場が複雑になっていると言えます。お馴染みの消防車から、ハイパーレスキューの日本に1台しかない超レアな特殊車両まで、頼もしくて、かっこいい消防車の種類と装備について、まとめてみました。

ポンプ車

一般に、消防車としてイメージされるのはこの車両でしょう。消火栓などから水を吸い上げ、圧力かけて放水します。消火栓から給水されることが前提となります。

小型ポンプ付水槽車

タンクローリーに似た外観の消防車です。タンクに最大8,000Lの水を積載し、小型ポンプを使用して放水する性能を持った消防車です。消火栓がない場所(無水利地区)や、到着後すぐに放水できる特長を活かして、初期消火に活躍します。災害時には、給水活動への転用も想定されています。

屈折はしご車

一般的なはしご車は15~50mまで伸び、バスケット付きのものが主流です。屈折はしご車は、はしご部分が「くの字」やΣ(シグマ)型に曲がるのが特徴です。樹木や電線などの障害物を避け、目標地点に到達することができます。

ハイパーレスキューには、さらにすごい消防車が!

消防には、大規模災害や特殊災害に備えた部隊があります。特別高度救助隊や高度救助隊と言われ、「スーパーレスキュー」や、「ハイパーレスキュー」などの通称名を持っています。さまざまな局面を想定した、高機能、大規模、特殊な機能を備えた特殊車両が配備されているのが特徴です。

次のページ

  • 1

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

купити міцубісі паджеро