免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

ダイハツ タント/タントカスタム新型最新情報!お値段そのままで世界初の装備を搭載

ダイハツ新型タント/新型タントカスタムがフルモデルチェンジして発売されました。新型タントに採用される新技術や、DNGAに基づいて設計された新プラットフォーム、新開発エンジン、D-CVTなどについて解説します。

ダイハツ新型タント/タントカスタムは4代目へ!7月9日から全国で発売

ダイハツ タント/タントカスタム

中央は代表取締役社長の奥平 総一郎氏

2019年7月9日にダイハツは、軽自動車「タント」をフルモデルチェンジして発売しました。

ダイハツ タントはハイトワゴンの軽自動車で2003年に初代がデビュー、今回のフルモデルチェンジで4代目となります。新型タントは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(DAIHATSU New Global Architecture)」の第1弾。すべての部品をゼロベースで見直して再構築、いくつかの“世界初”を実現しました。

さらに、派生モデルである「タントカスタム」も同時に新型へフルモデルチェンジ、また新たに福祉車両の「タント スローパー」、「タント ウェルカムターンシート」の2モデルを設定されます。

新型タントはすでに目標の1.5倍の受注だそう。さらに「2019年秋にはDNGA第二弾となる新型車のデビューも予定している」とも明言。東京モーターショー2019での発表に期待しましょう。
また、代表取締役の松林 淳氏によれば、軽商用車でピュアEVの可能性を示していくということです。

新型タント

新型タントカスタム

ダイハツ開発担当者に新型タントのデザインについて話を聞いたところ、「シンプルなデザインにした。最近の軽自動車では、メッキを多様した押し出しの強いデザインが多いが、新型タントでは、“大人感”を演出した」とのこと。たしかにユーザーが受け入れやすい、クリーンでシンプルな印象です。

新型タント/タントカスタムは「お値段そのまま」

本記事タイトルに「お値段そのまま」と記述しているのは、新型タント/タントカスタムの価格帯がフルモデルチェンジ前と同じであるため。最廉価グレード価格・1,220,400円は、4代目の最安値と全く同じ。最高額グレードも4代目の最高額と同じです。

ここが新型タントの最大の注目点。「先進技術のいくつかが標準装備になっても新車車両価格帯が先代と変わらずに済むのはDNGAの成果」とダイハツ担当者は語っていました。

DNGAとは?

ダイハツのクルマの開発、設計、生産から車両本体、パーツ、先進技術などすべてのソフトとハードを包括して、商品力と原価の削減を同時に達成させる新しいクルマ作りの総称を「DNGA」といいます。親会社のトヨタの「TNGA」と呼ばれているものと概念は同じです。

ダイハツ タント DNGAプラットフォーム

新開発のDNGAプラットフォーム

WildWestAdz編集部はダイハツ広報担当と、新型タントの開発チーフエンジニアである田代正俊氏に直接お話を伺ってきました。田代さんによれば、読者に伝えたい新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジの注目ポイントは、以下の3つです。

1)「ミラクル」な使い勝手
2)安心・安全「新世代スマアシ」駐車支援システムも
3)全部で7つの「世界初」と「軽自動車初」に注目

車内で傘を開いてから降りられる!「ミラクル」な使い勝手

ミラクルウォークスルーパッケージ

2007年に発売された2代目タントで採用された、Bピラーのない「ミラクルオープンドア(ピラーインドア)」は新型でも継続。助手席側のピラーはフロントドア後部とスライドドア前部に内蔵、さらにその内臓の柱や周囲部には、ハイテン材(高張力鋼板)と呼ばれる強度の高い鉄板を用いて、運転席側と同等の衝突安全性が確保されています。

このおかげで、車内で傘を開いてから降りれるほどの大きな開口部が確保され、子供から高齢者まで乗り降りしやすい構造となりました。この「ミラクルオープンドア」はダイハツタントだけの装備となっています。

他にも“ミラクル”な使い勝手の機能が無数にありますが、なかには世界初の機能、軽自動車初の機能もたくさん。これについては3で詳しくお伝えします。

ダイハツタント ミラクルオープンドア

Bピラーのない「ミラクルオープンドア(ピラーインドア)」

ダイハツ タント ミラクルオープンドア

ピラーレスなので大人も乗り降り楽ちん

進化した予防安全機能「スマートアシスト」

従来のタントの予防安全機能「スマートアシスト」には、「衝突警報機能」、「衝突回避支援ブレーキ機能」、「車線逸脱警報機能」、「先行者発進お知らせ機能」、「オートハイビーム」といった機能がありました。新型タント/タントカスタムには、新たに次の4つの機能が変更・追加されました。

軽自動車初のオートハイビーム「ADB」

日本の道路交通法上では、車が夜間走行するときのヘッドライトは常にハイビームという決まりになっています。つまり常時走行時はハイビーム、対向車がいるときなどだけにロービームにするというのが法律そのままの解釈です。

次世代スマアシからは、ハイビームで走行中に対向車を検知すると、対向車側が眩しくなる部分だけ自動で減光するように。この「ADB(アダプティブドライビングビーム)」は、新型タント/タントカスタムでは全車に標準装備となります。

通常、ハイビームからロービームに減光すると、対向車が眩しくならない車両前方左側部分も減光されてしまい、歩行者を見落とす要因になっていました。ADBではよりきめ細やかな減光や切り替えが可能になっており、その問題点が解消されています。

「サイドビューランプ」で夜間の右左折時に向かう方向を明るく

通常のヘッドライトに加えて、右左折時に左右方向を照らす補助灯を追加。後退時も後ろ左右の補助灯が点灯し安全性を高めます。

車線逸脱抑制制御機能

クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内の警告表示とともに、車線に戻すようステアリング操作を介入してドライバーの運転をアシストします。

進入禁止標識認識機能

ステレオカメラが進入禁止の標識を検知するとメーターの表示でドライバーへお知らせ。

ブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)

先代までのスマートアシストは、エンジン出力のみを制御して誤発進を防止していましたが、新型タント/タントカスタムからは、ブレーキ制御も追加。より安全、安心な急発進防止機能にバージョンアップされました。

運転支援機能「スマートアシストプラス」

略称「スマアシプラス」は、先行車に追随して車速と車間距離を自動的に維持。停車までサポートする「全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)」と、車線の中央を走行できるようステアリング操作をアシストする「LKC(レーンキープアシスト)」を装備しています。

「せっかくステレオカメラがついているのだから、使える機能は全部使おう」。これら次世代スマートアシストの機能追加は、ステレオカメラが備えられていることで実現できるものです。ダイハツのお客様への思いが開発につながった、とダイハツ担当者が語っていました。

「世界初」「軽自動車初」が全部で7つ

新型ダイハツ タント/タントカスタムには前述したADBと下記6つ、全部で7つの「世界初」と「軽自動車初」の機能が搭載されています。

世界初!最大540mmスライドする運転席

スライド量・540mmの運転席ロングスライドシートを採用。運転席が後席と密着する位置まで後ろに下げることができます。これにより運転席と後席の移動や、ピラーインドアからの運転席への乗り降りがスムーズに。さらに、運転席に座ったまま後席の子供の世話をすることもできます。

軽自動車初!パワースライドドアにロック予約機能

パワースライドドアが閉まっている途中で、フロントドアハンドルのタッチ式リクエストスイッチに触れると、ドアロックが事前に予約されます。パワースライドドアは完全に閉まるまで時間がかかります。この機能により、車を降りてからドアロックするまでの待ち時間をなくすことができます。

軽自動車初!ウェルカムオープン機能

車から降りる前に、インパネに設置されたスイッチを押しておくと、車に戻ったときにパワースライドドアが自動で開くように予約できる自動オープン機能。車に戻ってきたとき、車に近づくと自動でパワースライドドアが開きます。買い物で両手が塞がったときに便利です。

軽自動車初!駐車支援システム

駐車枠の白線を検知してステアリング操作を自動でアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」を採用。縦列駐車、車庫入れの両方に対応しています。ドライバーはブレーキとアクセル操作と周囲の安全確認に集中できるため、バックが苦手な方でも安心して駐車が可能となりました。

日本初!マルチスパーク(複数回点火)エンジン

ダイハツ タント エンジン

大幅改良が施されたエンジン

現在の自動車のエンジンの回転には、燃料と空気の混合気をシリンダーへ噴射→圧縮→点火→爆発→ピストンを押し下げ→排気といった行程があります。点火は通常1回ですが、新型タント/タントカスタムに採用された大幅改良エンジンは複数回点火に。燃料噴射方法を改良(スワール噴霧と呼ぶとのこと)燃料効率が向上しました。

世界初!ギアとベルトのハイブリッド「D-CVT」

ダイハツ タント D-CVT

新開発のD-CVT

CVTは、2つのプーリーに通されたベルトで変速を行うオートマチック・トランスミッション。ベルトを挟み込むプーリーの圧力を調整することで、無段階にギア比を変えていきます。CVTには常に最も効率のよいギア比を選択できるメリットがありますが、エンジンのパワーが高まると、プーリーとベルトが滑るというメカニズム的なパワーロスが発生するデメリットがあります。

つまり、加減速の多い市街地走行では常に高効率なギア比を調整でき、燃費と走りを両立することができますが、エンジンパワーが必要な場合は逆に走りと燃費を悪化させてしまうのです。

そこでダイハツは、CVTに「スプリットギア」を用いた新開発の「D-CVT」を採用。エンジンの駆動力をCVTのベルトと別系統に備えた遊星歯車機構(ギア)に分配し、最大80%の駆動力をパワーロスのない歯車でタイヤを駆動させることができるようになりました。

スプリットギアを用いた「D-CVT」は世界初。機構は複雑で難解ですが、「ダイハツが今までよりも走りと燃費がよくなる世界初のトランスミッションを開発・採用した」と覚えておけばよいでしょう。

ここまで、新型タント/タントカスタムの特筆すべき目立ったポイントを3つのカテゴリにまとめてお伝えしましたが、ダイハツさんからしてみれば「他にもたくさんあります!」とのことですので、要点をわかりやすく簡潔にまとめてお伝えします。

DNGAによる新開発プラットフォームで高い基本性能を実現

走る、曲がる、止まるといった基本的なクルマの性能は、しっかりとしたプラットフォームによって向上させることができます。新型タント/タントカスタムはボディの骨格を最適にすることで、衝突安全性、静粛性、強度が従来のモデルより大幅に向上させています。

さらに、乗り心地と操縦安定性に大きな影響を与えるサスペンションは新型タントの開発で真っ先に行われたとのこと。足回りも徹底的に見直してゼロから新開発、ハイテン材(高張力鋼板)の採用などにより約10kgの軽量化を実現しました。

操縦安定性、乗り心地、加速、静粛性、燃費が向上

新型タント/タントカスタムは、モデルチェンジではありますが、先代の改良ではなくすべてゼロから開発、設計した完全な新型にしたとのこと。クルマの基本性能のすべてが向上したとダイハツは自信たっぷりに語っています。(速く試乗して体感してみたいものです)

全体で約40kgの軽量化を達成

クルマもダイエットの時代です。軽くなればクルマの運動性能は高くなります。先代のタントの車両重量は920kg、新型タントは880kgと約40kgの減量に成功。もともと車両が小さく重量の軽い軽自動車で40kgの軽量化の効果はとても大きいといえるでしょう。

座り心地向上のシートと多彩なアレンジ

シートもゼロから開発。長時間座っても疲れないようにクッションの硬さや形状を最適化。さらに軽量化と衝突強度も向上したとのこと。多彩なシートアレンジでさまざまなシーンに対応できます。

高齢者の乗り降りも楽に「ラクスマグリップ」と「ミラクルオートステップ」

助手席側フロントピラーと運転席と助手席の背もたれ部に「ラクスマグリップ」を設置。新開発で足腰の弱い方の乗降をサポートします。「ミラクルオートステップ」はディーラーオプションで、ミラクルオープンドアの開口部に合わせた1,170mmのロングステップを助手席に設置するもの。スライドドアの開閉と連動して動きます。

このラクスマグリップ、ミラクルオートステップは、ダイハツの地域密着プロジェクト「健康安全運転講座」で協力関係にあった理学療法士や大学教授との「産学共同開発」によって採用されたとのことです。ダイハツが新型タントの開発時に掲げた「お客様視線で使いやすさを徹底」した研究によって、福祉車両の購入は気が引けるが、高齢者と生活を共しているという方が便利に使えるように配慮された機能となっています。

福祉車両「フレンドシップシリーズ」もフルモデルチェンジ

新型タントへのフルモデルチェンジと同時に、福祉車両「フレンドシップシリーズ」も刷新されました。

ダイハツの狙いは、福祉車両と標準車との垣根をなくすこと。実際は福祉車両があった方がよい状況であるが、ハードルが高いと感じている消費者が多い背景にダイハツは着目。標準車から福祉車両の中間層に位置するモデルがなかったため、新たに、「ウェルカムターンシート」(回転シート車)を設定するなど、シームレスに標準車から福祉車両をラインナップさせています。

新型タント ウェルカムターンシート(新設定)

新型タント ウェルカムターンシートは、企画段階から開発者自ら高齢者の車の乗降や介護施設での車の使われ方を調査、ユーザー目線の設計を行ったとのこと。要支援/要介護者の外出の機会を増やすことは、健康の増進と認知機能の低下を防止する効果が認められているため、このモデルが大きく貢献しそうです。

タント ウェルカムターンシートは、助手席が回転する機構があり、要介護者一人での乗降がしやすくなっています。またラゲッジスペースに車いすを楽に収納できるようパワークレーンも装備。介護者の負担が軽減できるようになっています。

新型タント ウェルカムシートリフト

今回のフルモデルチェンジで、シートの昇降機能を刷新。ミラクルオープンドアならではの2モード昇降パターンを先代から継承しつつ、操作性と昇降性を向上。また、車外への突出を先代モデルより230mm程低減、シート座面のフラット化とより低い位置までシートが下降(2WD車)できるようになり、乗降のしやすさが向上されています。

新型タント スローパー

車両後部へ車いすのまま乗り入れることができるよう、スロープを備えた福祉車両。ワンタッチでスロープの前傾が可能なリトラクタブルスロープを新設計、車いす固定ベルトのリトラクタ式への変更、リヤシートのロック解除をワンタッチ式に、ワイヤレスリモコンの収納位置の改善など随所に改良を施して使いやすさが大きく向上しています。

カラフルなボディカラー

新型タントのボディカラー全9色

新型タントのボディカラーは、下記の9色

・アイスグリーン
・マスタードイエローマイカメタリック
・ブルーミングピンクメタリック
・シャイニングホワイトパール
・ホワイト
・ブラックマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン
・ファイアークォーツレッドメタリック

新型タントカスタムのボディカラー全11色

新型タントカスタムのボディカラーは、下記の11色

・シャイニングホワイトパール
・パールブラック
・ブラックマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・マスタードイエローマイカメタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン
・ファイアークォーツレッドメタリック
・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール
・ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン
・ブラックマイカメタリック×ファイアークオーツレッドメタリック

新車価格とグレード構成

新型タント

グレードエンジン駆動価格(円)
L(スマアシ非装着車)NA2WD1,220,400
4WD1,344,600
L2WD1,306,800
4WD1,431,000
X2WD1,463,400
4WD1,587,600
X ターボターボ2WD1,560,600
4WD1,684,800

新型タントカスタム

グレードエンジン駆動価格(円)
カスタム LNA2WD1,549,800
4WD1,674,000
カスタム X2WD1,668,600
4WD1,792,800
カスタム RS2WD1,749,600
4WD1,873,800

福祉車両

ウェルカムターンシート

グレードエンジン駆動価格(円)
LNA2WD1,390,000
X1,535,000
4WD1,650,000

ウェルカムシートリフト

グレードエンジン駆動価格(円)
LNA2WD1,545,000
X1,690,000
4WD1,805,000
カスタム RSターボ2WD1,955,000
4WD2,070,000

スローパー

グレードエンジン駆動価格(円)
L(スマアシ非装着車)NA2WD1,445,000
L1,525,000
L(ターンシート)1,630,000
X1,670,000
X(ターンシート)1,775,000
カスタム RSターボ1,925,000

諸元表(スペック)

全長全幅全高
3,3951,4751,755(4WDは1,775)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,460880~1,0004
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
NA・2WDターボ・2WDNA・4WDターボ・4WD
JC08モード燃費27.2km/L25.2km/L25.4km/L23.8km/L
WLTCモード21.2km/L20.0km/L20.2km/L18.8km/L
WLTC市街地モード18.4km/L17.5km/L17.6km/L16.7km/L
WLTC郊外モード22.8km/L21.4km/L21.7km/L20.1km/L
WLTC高速道路モード21.6km/L20.4km/L20.5km/L19.0km/L
最高出力 kw(PS)38(52)47(64)38(52)47(64)
最大トルク N・m(kg・m)60(6.1)100(10.2)60(6.1)100(10.2)

打倒ホンダ N-BOXなるか?

メディア向けに開催された新型タント事前説明会の質疑応答の中で、「ライバルのホンダ N-BOXについてどう考えているか」という質問がありました。これに対してダイハツ担当者は「N-BOXの販売台数を超えようとして開発はしていない、お客様目線でお客様のためのクルマづくりを行った」と答えていました。

ダイハツの資料によると新型タントの月間販売目標台数は、12,500台としています。2019年1月~5月の月間平均販売台数でホンダ N-BOXはおよそ21,500台、新型タントの販売台数12,500/月を達成した場合でもN-BOXには及ばない数値となっていますが、ひしめくライバルが多い激戦区の軽ハイトワゴンで今後どこまで売れていくのでしょうか。

ダイハツ新型タント 画像ギャラリー

ダイハツ タント ヘッドライト

ダイハツ タントのヘッドライト

ダイハツ新型タントカスタム 画像ギャラリー

ダイハツ タントカスタム ヘッドライト

ダイハツ タントカスタムのヘッドライト

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
www.casino-online-ua.info/pravila-igr/igrovye-avtomaty/

Наш популярный интернет-сайт , он описывает в статьях про Купить Камагра Polo.