免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

アウトランダー徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

皆さんは、アウトランダーというSUVをご存知かもしれません。三菱の販売するSUVで、十分な悪路走破性はもちろん、経済性に優れたプラグインハイブリッドモデルもラインナップするSUVです。今回は、そんなアウトランダーの歴史や燃費性能、口コミ、ライバル車との比較、試乗動画や最新の値引き情報まで紹介しています。

三菱 アウトランダーとは?その歴史や車名の由来!

アウトランダーは、三菱自動車が製造するミドルサイズSUVです。同じく三菱の有名SUVであるパジェロと比較して20cmほど小さいボディサイズながらも、本格的な四輪駆動システムが搭載されている点が特徴です。

また、まだ世界でも採用車種が少ないハイブリッドシステム「PHEV」を選択できる点も大きなメリット。2005年に初代アウトランダーが誕生し、現行モデルは2代目です。

車名の由来

アウトランダーという車名は英語の「outland(遠隔の地、辺地)」に「er」を付けた造語です。「遠く未知なる地へ向かう冒険者」という意味が込められています。力強い走りが特徴のアウトランダーにピッタリな名前です!

三菱 アウトランダーのエクステリアデザインや内装は?

エクステリア

アウトランダーのエクステリアは、SUVらしい力強さとスポーティーさを両立させたデザインとなっています。特に、張り出しているように見える押し出し感の強い顔つきが特徴です。この独特なフロントのデザインは「ダイナミックシールド」と名付けられていて、これから登場する次世代の三菱車はこのデザインを踏襲したデザインで登場していきます。

内装

アウトランダーの内装は、全体的に落ちついていて大人な雰囲気を感じさせるデザインとなっています。グレードによってはシート表面に本革を選択できるようになっているので、本革シートを選択すればより上質なインテリアを実現することができます。

アウトランダーは基本的には5人乗りですが、ガソリン車の場合は7人乗りも選択することも可能です。7人乗り仕様の3列目シートはあまり大きくありませんが、いざという時に多人数乗車できるというメリットは大きいと言えるでしょう。

三菱 アウトランダーのエンジン・燃費性能は?

アウトランダーのエンジンには、大きく分けて2つの種類があります。1つ目は、PHEVと呼ばれるハイブリッドシステムです。これは、2.0LMIVECエンジンと大容量リチウムイオンバッテリーを共に搭載することで、近距離はモーターのみで走行し、長距離を走る時はモーターとエンジンパワーを組み合わせて走るシステムです。

これによって超低燃費が実現されたほか、モーター走行時にはエンジンを停止することですぐれた静粛性を発揮しています。2つ目は通常のガソリンエンジンのみで走るタイプで、排気量を2.0Lと2.4Lの2つから選ぶことができます。

実燃費

アウトランダーのカタログ燃費は、PHEVモデルは20.2km/L(JC08モードハイブリッド走行時)、ガソリン車モデルは16.0km/L(JC08モード・2.0Lモデル)ですが、実際にはどれくらいの燃費性能を出してくれるのか見てみましょう。

路面状態や運転の仕方によっても異なりますが、PHEVモデルの場合は13〜15km/L程度、ガソリン車モデルの場合は9〜11km/L程度の燃費性能を発揮してくれるようです。PHEVモデルに関しては通常のSUVと比較して燃費がよいと言えるでしょう。

また、PHEVモデルはフル充電された状態なら、電力のみで60.8km(JC08モード・カタログ値)もの長距離を走ることができるほか、コンセントから充電をすることもできます。

アウトランダーPHEVは近距離ならガソリンを1滴も使わず走れるので、こまめな充電が節約のカギとなりそうです。

三菱 アウトランダーをライバル車と比較!

マツダ CX-5&CX-8

マツダ CX-5

CX-5とCX-8はマツダが販売するSUVです。SUVらしい背の高いボディでありながら、エモーショナルな“魂動”デザインや、気持ちのいい走行性能を兼ね備えたマツダらしいSUVとなっています。

また、CMでも知られている「SKYACTIV TECHNOLOGY」がフル採用されたのがCX-5が初です。デザインを比較すると、直線的なアウトランダーに対して、CXシリーズは曲面が多用されていることがわかります。また、アウトランダーにはないクリーンディーゼルエンジンを選択できることも強みです。

日産 エクストレイル

エクストレイルは、日産が販売するSUVです。アウトドアで使い倒せる道具、という「タフギア」感覚をコンセプトに開発されており、シートやラゲッジルームに防水加工が施されたことで、汚れた服や荷物もガンガン積むことが可能となっています。

また、アウトランダーと同じくハイブリッド仕様や7人乗り仕様など豊富なバリエーションから選択できることも魅力です。しかしハイブリッド仕様に関しては、アウトランダーPHEVはモーターだけで60km以上を走ることができるシステムなのに対し、エクストレイルハイブリッドは発進時や加速時などの環境下のみモーターだけで走ります。

スバル フォレスター

フォレスターは、スバルが販売するSUVです。悪路の走破性を向上させるために車高が上げられていますが、スバル伝統の水平対向エンジンと四輪駆動システムの組み合わせが活かされたことで、コーナーでもふらつきにくい低重心なボティとなっていることが特徴。

エクステリアなどもSUV的な雰囲気の強いアウトランダーに対し、フォレスターはエクステリアや内装の雰囲気が比較的ワゴンタイプの乗用車に近く、背の高い車に初めて乗る人も身構えることなく乗りこなすことができます。また、CMでもおなじみの運転支援システム「アイサイト」を選択できることも強みです。

三菱 アウトランダーの価格と値引き情報!

最新の値引き相場を紹介

<値引き平均:1.0万円>
オプション値引きというものが別にあり、平均15.3万円になります。

ライバル車と見積もりをとり、ディーラーと交渉するとよいでしょう。代表的なライバル車としては先に挙げたマツダ CX-5、日産 エクストレイル、スバル フォレスターなどがあります。

決算の時なら更なる値引きも期待できる他、下取り車がある場合は、買取り専門業者に相談することも検討しましょう。また、ディーラーのセールスマンは、値引き額と下取り額の合算で条件を提示して私たちを惑わすこともあります。値引き額と下取り額がそれぞれいくらなのかを確認して、損をしないように気をつけましょう。

モデル別価格一覧

■アウトランダー
252万円~321万円(税込)

■アウトランダーPHEV
360万円~460万円(税込)

三菱 アウトランダーの試乗動画をチェック!

三菱 アウトランダーの口コミ・評判は?

三菱 アウトランダーPHEVの口コミ

モーターでも走行できることや、燃費の良さが人気となっています。

4WDでも燃費が良い”
”近場の移動ではバッテリーの使用だけも可能”
”スムーズで爽快に走行できるので満足”
”車両価格の高さがネックになる”
”ハンドリングや乗り心地も改善されているので良い”

三菱 アウトランダーの口コミ

ガソリン仕様車も人気があります。

”7人乗りシートの設定もある”
”LEDポジションヘッドライトが先進的”
”このクラスとしては良い燃費”
CVTなので力強く走行可能とは言い難い”

PHEVモデルのオーナーの方は、燃費の良さや走行時の静粛性などに感激しているようです。特に、圧倒的な経済性にはみなさん驚かれています。ガソリン車モデルに乗られているオーナーも、燃費には満足しているようです。

ハイブリッドSUVなら三菱 アウトランダー

アウトランダーは、ちょうどいいサイズのミドルサイズSUVとしての基本性能はもちろん、存在感あるエクステリアや高い経済性など、他にはない特徴を兼ね備えています。みなさんも、三菱 アウトランダーを検討してみるのをおすすめします。

関連するおすすめまとめ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
https://optiontradingstrategies.net

mitsubishi.niko.ua

best sport movies