車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【プレクサスの評価&使い方】ヘッドライトや洗車に!成分からおすすめの最安価格までご紹介

厳しい品質検査基準をクリアしていることで有名なプレクサスです。プレクサスはヘッドライトなどのプラスチック全般に効果があるので、カーケアでも使い方は多彩です。そこで今回は、洗車時のコーティングやヘッドライトをメンテナンスする使い方から、成分や評価、最安価格まで紹介します。

プレクサス(Plexus)とは?

プレクサスは、強化プラスチックでできている戦闘機のキャノピーをクリアに保つためアメリカで開発されたプラスチック専用整備品です。

米軍品質検査基準(Fed.Spec.P-P-560)をクリアしているという高い性能で、過酷な環境でレースを行うモータースポーツなど幅広い分野で利用されています。

ある程度の年齢の人は、元F1ドライバーの鈴木亜久里さんがプロモートしていたり、2005年度にカーグッズオブザイヤーのカーケア部門賞を受賞したことを記憶しているかもしれません。

プレクサスは缶スプレーで販売されていて、濃いめの乳白色で柑橘系の香りがします。

成分、用途、使用可能範囲

【成分】
・中性
・アルコールやアンモニア、研磨剤を含まない

【用途】
・プラスチック類の洗浄、艶出し、コーティング

【使用可能範囲】
・プラスチック類全般
・吸水性のある皮、布、ゴム等の素材には使用できない

自動車の利用可能な場所は?

自動車を例にとると、ボディのクリアーコート塗装面、バンパー、エアロパーツ、ライトカバー、ドアミラー、ホイール、フロントグリル、エンブレム、ウィンドーフィルムエンジンカバー、カーナビの液晶画面、メーターパネル、ダッシュボード、センターコンソールなどのような場所に利用することができます。

洗車からメンテナンスまでカーケアのほとんどがプレクサスで済んでしまいます。

カー用品店はさまざまな製品が並んでいるので車内外のメンテナンス用にどれを選んでよいか分からないという初心者の人や、場所ごとに使うケミカル製品を変えるのが面倒という人は、プレクサスをまず1本用意してみるのもいいでしょう。

3つの効果で高い評価のプレクサス

-

プレクサスは1本で「洗浄」「つや出し」「コーティング」の効果が簡単に得られるのが魅力です。

スプレーして塗り広げるだけという手軽さと適用範囲の広さから、プレクサスは多くのユーザーからも高い評価を得ています。

高級洗浄効果、強力保護効果

高級洗浄効果:中性な上、アルコールやアンモニア、研磨剤を含んでいるため表面を傷つけずにきれいになります。油、ブレーキダスト、チェーン、グリス、虫、ホコリ、排気ガスなどの汚れを落とすのに効果抜群です。汚れている部分の下にプレクサスが入ることで汚れが浮き、とてもきれいになります。

強力保護効果:プロテクタントの保護層(撥水加工・防汚加工・UV保護加工、静電気防止加工)を表面に塗装することで、汚い大気を遮断し、およそ1ヵ月コーティング効果が発揮されます。

鮮明ツヤ出し効果

鮮明ツヤ出し効果:研磨剤を含まないことにより、車の表面を傷つけることなくきれいになります。プロテクタントを使用するとプラスチック表面のミクロな凹凸や傷を平らにしてくれ、光の乱反射も制御することができるので透明度が増しきれいな見た目になります。

Amazonでのレビュー

”洗車後の使用するとボディー同様撥水してて効果抜群”
”黒い雨だれ跡もきれいになってうれしい”
”車以外の場所も簡単にきれいになる”

プレクサスは容量に応じた3種類!おすすめの最安価格は?

プレクサスはL、M、Sの3種類があります。自分の用途にあったサイズのものを選びましょう。

プレクサス(Plexus)クリーナーポリッシュ Lサイズ

大容量でお得なLサイズ

参考価格: ¥ 2,481
(2019年05月29日現在)

内容量:368g
サイズ:Lサイズ

マメに洗車される人やミニバンなど大型の車で使う場合は、容量の多いこちらのLサイズがお得です。

プレクサス(Plexus)クリーナーポリッシュ Mサイズ

プレクサス(Plexus)クリーナーポリッシュ Mサイズ

参考価格: ¥ 1,980
(2019年05月29日現在)

内容量:198g
サイズ:Mサイズ

まずは試しに使ってみたいというときには、取り回しもしやすいこのMサイズがおすすめです。

プレクサス(Plexus)クリーナーポリッシュ Sサイズ

細かな場所に使いやすいSサイズ

在庫情報無し
(2019年05月29日現在)

内容量:82g
サイズ:Sサイズ

持ち運びに便利なSサイズは、気になったところへピンポイントで一吹きできるので小さなものや家庭での利用に向いています。

プレクサスの使い方

車のボディは、表面がスリ傷に強く酸化しにくいようにアクリルやエポキシでクリアー塗装されています。

このアクリルやエポキシもプラスチック樹脂なので、もちろんプレクサスが効果を発揮する場所です。

工程

十分な水とカーシャンプーなどを使ってボディ表面の汚れを落としたら、やわらかいマイクロファイバーなどにプレクサスを吹き付けて磨くだけの簡単施工で、しっとりとしたツヤが出ています。

洗浄効果のあるプレクサスは汚れたままの状態でも使うことができますが、愛車のボディを傷つけず、よりきれいなコーティング効果を得るためにもキレイに洗車した後の使用がおすすめです。

晴天や走った直後でボディが高温の場合は?

また晴天や走った直後でボディが高温になっていたり、吹きつける量が多いとムラになってしまうことがありますが、その場合も気になる部分にもう一度水をかけるか、乾いたマイクロファイバーで拭き上げれば均一なツヤになります。

プレクサスはボディのコーティングになるだけでなく静電気を防止する効果もあるので、ボディカバーをかける前に施工しておけばホコリが付いたりカバーと擦れることによる傷を抑えることもできるでしょう。

プレクサスでヘッドライトの黄ばみもメンテナンス

-

自動車のヘッドライトカバーは、ポリカーボネートというプラスチック樹脂製のものが主流になっています。
ガラスに比べて軽量で割れにくく、複雑な形状にも加工がしやすいというメリットがあり、車のデザインの幅を広げることにも一役買っています。

そんな優れたポリカーボネートですが、傷が付きやすくメンテナンスを怠ると黄ばみや曇りが発生してしまう弱点があります。
そのまま放置していると、最悪の場合ヘッドライトの光量が足りず車検に通らなくなってしまうかも!?
ヘッドライトカバーの黄ばみは太陽からの紫外線による経年変化が大きな要因なので根本的な解決は難しいですが、日頃からプレクサスでコーティングしておけば、より長期間クリアなライトカバーをキープできます。

プレクサスでのコーティング方法

ヘッドライトカバーの黄ばみは太陽からの紫外線による経年変化が大きな要因なので根本的な解決は難しいですが、日頃からプレクサスでコーティングしておけば、より長期間クリアなライトカバーをキープできます。

方法は、プレクサスをヘッドライトカバーに軽くスプレーして、乾いたやわらかい布で拭き上げるだけです。プレクサスでコーティングしておけば、ヘッドライトに付きやすい雨ジミや虫汚れも簡単に落とせます。

プレクサス1本でヘッドライトから洗車・内装までOK!

ゴムや布・皮など吸水性のある部分に気を付ければ、シュッとスプレーして磨くだけで簡単に洗浄からつや出し、コーティングまで行うことができるのはとっても便利です。

店頭でカーケア用のケミカル製品選びに迷ったら、プレクサスは車のボディから内装まで使えてお得です。

プレクサスは車に限らずスマホの液晶画面や家電製品、照明器具など家庭での使用にも効果を発揮しますので、これからの大掃除に備えて1本用意してみることをおすすめします。

カー用品に関連するまとめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

トピックの詳細

見て

oncesearch.com