車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【レクサスIS の評価は賛否?】スペックは十分?口コミや実燃費と内装も紹介

①レクサスISの維持費は?

レクサスISの維持費を知る上で、まずは自動車税や車検などの費用を見ていきましょう。

レクサスISの税金

自動車税
IS350:58,000円(新規登録翌年度)
IS300h:11,500円(新規登録翌年度・グリーン化特例対象車、さらに翌年は45,000円)
IS200t:39,500円(新規登録翌年度)

●重量税

新車購入時初回継続車検時2回目以降の継続車検時低燃費区分
IS35049,2003280032800
IS300h0020,000H32年基準+20%
IS200t49,2003280032800

レクサスISのガソリン代

カタログスペックではリッターあたりの燃費はIS350が10キロ、IS300hが23.2(AWD車は20.4キロ)、IS200tは13.2キロですが、実際の燃費はどうでしょうか。
さまざまなドライバーの口コミから

IS350(km/L):7.0
IS300h(km/L):20.0
IS200t(km/L):11.0

という値が平均的です。リッターあたりのガソリン価格については、2016年の平均ガソリン価格がリッターあたりレギュラー約120円、ハイオク約130円であるので、これを参照に年間10,000km走行した際にそれぞれの年間ガソリン代を割り出してみます。

レギュラーガソリンはIS300hのみ使用可能で、それ以外はすべてハイオクガソリンを常に給油するとなると、年間のガソリン代は
IS350:185,714円
IS300h:60,000円
IS200t:118,181円
となります。最安値はIS300hの60,000円、最高値はIS350の185,714円。
※計算方法:(10,000(年間走行距離)÷リッターあたりの実燃費)×リッターあたりのガソリン価格

レクサスISの保険料

レクサスISの保険代について説明します。
まず、車検の時に必要な自賠責保険については、新車購入の際の初期登録で36カ月の価格が39,120円。2年一度の車検時に必要な24カ月の自賠責保険は27,840円です
自動車任意保険については、保険条件は以下のように試算してみます。

用途:主に家庭用
走行距離:9000km以下
年齢:30歳以上
等級:6等級
免許の種類:ゴールド
運転者の年齢制限:30歳以上
運転者限定の有無:配偶者限定
対物賠償:無制限
対人賠償:無制限
車両賠償:なし

この条件でそれぞれのIS350、IS300h、IS200tの年間自動車保険料は72,900円です。

以上から、レクサスISの維持費をまとめてみると、
IS350:58,000+(32,800+1,700+27,840)÷2+185,714+72,900=347,784
IS300h:45,000+(20,000+1,700+27,840)÷2+60,000+72,900=202,670
IS200t:39,500+(32,800+1,700+27,840)÷2+118,181+72,900=261,751
※計算式:自動車税+(重量税+車検時の印紙代+24カ月分自賠責保険)÷2)+ガソリン代1年分+自動車保険代

年間維持費のおおよその価格は以下のようになります。
IS350:347,784円
IS300h:202,670円
IS200t:261,751円

②レクサスISの内装の豪華さは?

レクサスは高級車ブランドであるがゆえに、内装も高級感のある空間でないと納得はいかないでしょう。2016年10月にマイナーチェンジもされたので、どのようなところが変更され特徴的なのか見ていきたいと思います。

モニター

モニターが10インチまで拡大されました。道案内の確認、ナビの設定、エアコン、TV、オーディオなどの設定も視認性がアップしました。

2016 レクサスISビッグマイナーチェンジ!内装も質感アップ!ただし残念な点も…  

— ドラヨス (@phoshiaki)


運転席から左腕を下したところにあるパームレストには左右にエアコン、オーディオ、エアコンなどを操作するうえでの「ENTER」ボタンが備わり、パームレストの先には「MENU」・「BACK」ボタン、さらにタッチパネル式でスマートフォンやノートパソコンのマウスパッドを操作するような感覚でできるリモートタッチがあります。
これにより運転に支障なくコントロールできるように設計されています。

シフトノブ後ろには走行モードを選択できるドライブモードセレクトスイッチが配置されています。

音響については、標準なのにスピーカーを10個に増設したレクサスISプレミアムサウンドシステムが標準でついています。クリアな音質で広がりと奥行き感を伴う臨場感を実現し、これが標準でついているなんて、さすがレクサスといった感じです。
マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステムがオプションで用意されています。

F SPORT は特別な仕様

F SPORTモデルは大型のパドルシフトを装備し、メーターはvorsion Lと標準グレードから大幅に違います。8インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイは、ステアリングスイッチを操作するとメーターリングがスライドして情報を表示します。

また、中央には5,000r.p.m.を頂点に高回転側の目盛り幅を広げたタコメーターを配置。低回転域では爽快な吹け上がり感を、高回転域では伸び感を演出し、クルマとの一体感を視覚からも感じ取ることができます。

新搭載のレクサスセーフティシステム+(LSS+)

マイナーチェンジで、レクサスセーフティシステム+(LSS+)が採用されました。これらは
・歩行者検知機能付衝突回避支援タイプのプリクラッシュセーフティ(PCS)
・ステアリング振動機能付「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」(LDA)
・ロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」(AHB)
・先行車に追従走行できる「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」

などのより安全に運転ができるような装備であり、ISにはすべて標準装備されています。
安全面での大きな改善といえるでしょう。

標準グレードで”これでもか!”と言っても良いほど高級かつ高機能な装備がされています。

③レクサスISの評価・評判!

A photo posted by LEXUS IS/250/350/ISF???? (@club_is) on



実際に乗ってみた方はどのような感想・評価をしているのでしょうか。調べてみるとなかなかの評価がレクサスISにはされていました。

口コミサイトでの評価

とにかく所有するなら今しかないと思い購入!とても満足しています。
このスタイルと雰囲気が大好き!

わかってたけど燃費は悪い、でも満足!

出典:

思ったより燃費が良かった。3500ccなので5~6キロ程度かと思ったら、8~12キロまでのびてくれる。
静粛性が非常に高い上、標準のオーディオもいい音しているので、後からコストをかける必要を感じない。
大排気量車特有の、エンジンの低速トルクで走る感じが非常に気持ちいい

出典:

多くのユーザーが太鼓判をおすレクサスIS

ほぼすべてのユーザーが満足した評価を述べています。車のことではありませんが、IS購入までのレクサスディーラーの接客やおもてなしに満足する声が多くあります。それだけ、レクサスISに相当な自信をディーラー側が持っているのでしょう。

④レクサスISの人気カスタムは?

ISはレクサスが日本で展開されたときの2005年から販売されてるので、カスタム車は非常に多いです。そんなISの人気カスタムを紹介していきます。

A photo posted by Lexus El Cajon (@lexuselcajon) on


A photo posted by Johnny (JHWB Photography) (@johntdi) on


ISは「インテリジェントスポーツセダン」と言われるだけあって、素性がスポーツカーとしてのデザイン・性能が協調されたセダン車です。なので、ホイール交換や車高ダウンのみで十分かっこよくなります。

旧型のモデルであればエアロパーツやマフラーなど多く発売されています。一方、スピンドルグリルになった新型のISはまだまだカスタムパーツが少ないようです。購入して最初に手を加えるとするなら、やっぱりホイールや車高調などの足回りからが良いでしょう。

レクサスの洗練された人気モデル IS

レクサスISについて特集してみましたいかがでしたか。レクサスの車種で2番目に売れているモデルだけあって、よく街中でも走っている姿を見ます。その人気の理由はISの洗練されたデザインの運動性能であり、またレクサスというブランド力もあります。

ISは対抗馬であるを同じDセグメントのメルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディ A4に負けないブランド力があります。新たなプレミアムスポーツセダンの購入を考えている方は、一度レクサス販売店でISを試乗してみてはいかがでしょうか。

レクサスISに関連する記事はこちら

レクサスについての記事はこちら

  • 2

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

chemtest.com.ua

http://techno-centre.niko.ua

www.velotime.com.ua