車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

車の内張りはがしおすすめランキングTOP10|使い方の解説や代用品についても

内張りはがしのおすすめランキング【第5位】

車の内装剥がし ハンディリムーバー 12点セット

内張りはがしの画像です。

出典:

■Amazon価格:237円(2016年12月現在)

■仕様
内張りはがし用工具12点セット

内張りやパネルはがしに使える工具が12点セットになった商品です。
特筆すべきはその価格で、便利な工具が12点もセットになっているにも関わらず、僅か200円程度で購入することができます。
品質が気にならなければ、これほどお得な商品は他にないでしょう。

こちらの内張りはがしのAmazonレビュー

ドライブレコーダーの取り付け時、ケーブルの露出を避けるために内装に隠す処理のために購入しました。
結論から言うと、大正解でした。
大手量販店で購入した、小さい内張はがし2本入り約700円のでは使いにくい部分もアリましたが
これはいろいろ揃ってるので活躍しました。
よく分からないのも付属していますが、尖っているのでドライブレコーダーのパッケージを破くのに使ったりしました。
量販店で買うと数千円はかかりそうなセット内容に大満足しています。
ただし、プラスティックなので無理に使うと壊れるかもしれません。

出典:

こちらの内張りはがしの購入はこちらから!

内張りはがしのおすすめランキング【第4位】

エーモン 内張りはがし(S)青 プラスチック製ハードタイプ 1425

内張りはがしの画像です。

出典:

■Amazon価格:728円(2016年12月現在)

■仕様
材質:ポリカーボネート
ハードタイプ

エーモンのハードタイプ内張りはがしです。
ポリカーボネート製のハードタイプなので折れにくく、きつくはまった内張りやパネルをはがすのに最適な内張りはがしとなっています。
これとソフトタイプの内張りはがしとで、2本セットで持っておくといいでしょう。

こちらの内張りはがしのAmazonレビュー

この内張りはがしは使い易く、しっかりとできています。
自分で内張りをはがして電装品の取り付けなどをやるには必需品です。
良い道具なので長く使えます。

出典:

しっかりと作られており壊れにくく使えます。車の内張りを傷つけずにはがすには、有益なツールだと思いました。特に、手で握る部分が大きく、手この原理で力を入れやすいので、慎重かつ丁寧に作業ができました。

出典:

こちらの内張りはがしの購入はこちらから!

内張りはがしのおすすめランキング【第3位】

エーモン 内張りはがし プラスチック製ソフトタイプ 1427

内張りはがしの画像です。

出典:

■Amazon価格:304円(2016年12月現在)

■仕様
材質:ポリプロピレン
ソフトタイプ

エーモンのソフトタイプの内張りはがしです。
スタンダードな先端形状で内張りやパネルはがし、クリップやクランプ外しができます。
材質もソフトタイプなので、傷を付けることもありません。

内張りはがし選びで迷ったら、これを1本買っておくといいでしょう。

こちらの内張りはがしのAmazonレビュー

購入時サイズに迷いましたが、この商品を購入しました。

実際使用してみると、サイズも使用感も思った以上に良く、
内張り等も傷付ける事無く、素人でも簡単に作業することが出来ました。

何気ない先端の角度や構造も使いやすく便利でした。
自分で車をDIYしようと思っている方には、必見アイテムですね。
安価だったし購入して良かったと思いました。

出典:

こちらの内張りはがしの購入はこちらから!

内張りはがしのおすすめランキング【第2位】

パワーシード powseed 内張り剥がし パネルはがし4点 クリップクランプツール 5点セット

内張りはがしの画像です。

出典:

■Amazon価格:1,299円(2016年12月現在)

■仕様
パネルはがし×2
内張りはがし×2
クランプツール×1

パワーシードの内張りはがし他5点セットです。
はがす場所の形状や材質に合わせて、最適なものを選ぶことができます。
金属製のクランプツールも付いているので、クリップやクランプも簡単に外せます。

このセット内容に対してこの価格は、コスパが非常に優れているといえるでしょう。

こちらの内張りはがしのAmazonレビュー

車の内装を外してケーブル配線やドライブレコーダーの設置等を行う際、
「どうやって内装を外したらいいのか?」正直知りませんでした。
新しいクルマではなかったのでマイナスドライバー等を活用し外していましたが勿論傷はつきますよね。
そんな時に便利なのがこのクランプツールです。
プラスチックと角を落とした金属で出来たヘラのような製品です。
確かにこれを使用すれば傷が付かず手を傷めず簡単に外す事が出来ました。
皆さんが言うように以前の製品はバリがあったのかもしれませんが、
2016年9月現在の製品はバリが無くきれいな状態で傷をつける事もなさそうなので安心して下さい。
これで1200円はコストパフォーマンス抜群ではないでしょうか?
オートバックスでこの値段でこの充実度はないでしょう。
オススメです。

出典:

こちらの内張りはがしの購入はこちらから!

内張りはがしのおすすめランキング【第1位】

エーモン パネルはがし 黄色樹脂製・2本組

内張りはがしの画像です。

出典:

■Amazon価格:364円(2016年12月現在)

■仕様
全長:約150mm
幅:約15mm
厚さ:5mm

エーモンの内張りはがし2本セットです。
1本に2種類の先端形状をもっており、2本セットで計4種類の先端形状をパネルや内張りの形状ごとに使い分けることができます。
基本的にこの2本さえあれば、他の内張りはがしは必要ありません。

価格も安く、コスパで考えると内張りはがしの決定版といっても過言ではないでしょう。

こちらの内張りはがしのAmazonレビュー

材質が比較的やわらかめなので、ダッシュボード周りを気ずつ付けずにはずすのに最適です。
両端形状が違う2本セットなので、「1本を少し隙間に挟んで、もう一本でしかりはずす」というような使い方ができて、とても便利です。今まで、マイナスドライバーに布を巻いて使っていたりしましたが、なんでもっと早くこれを買わなかったんだろう、と思っていまいました。

出典:

シフトノブを交換する際に、シフトブーツと分離させる作業時にあったら便利だそうで購入。
よくわからなかったので、この2つ入りのを選びました。

ナビパネルを外す際にも活躍してくれて、さらにエンブレムの色付け作業時にもエエ仕事してくれました。
車のDIY作業にフルに活躍してくれるので、必須のアイテムですね。

どんなパネルはがしが必要なのかわからない時には、こちらの商品を買うとけばほぼ大丈夫かと思います。

出典:

こちらの内張りはがしの購入はこちらから!

内張りはがしを一本は持っておこう!

内張りはがしの画像です。

出典:

内張りはがしのおすすめランキングTOP10はいかがでしたでしょうか?

内張りはがしには様々な種類がセットになった商品がありますが、基本的に一つだけ持っておけば何とかなると思います。
何とかならなかった場合にだけ、必要なものを買い足していけばいいでしょう。

何にせよ、内張りはがしは車のDIYには必須のアイテムですので、自分が一番使いやすいものを厳選して揃えておくようにしましょう!

車のDIY関連記事はこちら!

  • 2

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

у нас chemtest.com.ua

Измельчители

niko-centre.kiev.ua