車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【レクサスLX を買う前に】日本での評価は?口コミや実燃費など最終チェック

①レクサスLXの内装の豪華さは?

LXとランクルの違い

●レクサスLXの内装

●ランドクルーザーの内装

まず、LXとランクルを比較すれば、インパネのデザインは全く違います。LXはインパネの直線上にナビゲーションモニタやエアコンやオーディオのスイッチが点在し、ランクルはセンターコンソールに集中したようなスタイルです。

どちらが好みかはユーザーの好みですが、高級感は明らかにLXのほうにあると思います。

ナビゲーションモニターの操作しやすいリモートタッチノブ



パームレストの両サイドに「ENTER」ボタンを採用、リモートタッチノブの上部にはナビゲーションモニター操作の「BACK 」ボタンや「MENU」ボタンなどをまとめて設置されています。

ここ最近のレクサス車に搭載するナビ・オーディオ・空調を設定できるリモートタッチは、多くの自動車ジャーナリストから評判がよく、さまざまな設定を適切な運転姿勢のまま、画面を観ながらナビゲーションやオーディオなどの操作を行えます。

ホールド感と快適性を追求したシート

シートベンチレーション付きのフロントシートとセカンドシートは、各シートパーツを乗り心地の良い断面形状を人間工学に基づき組み合わせたものを採用しています。
安定した体圧分布を追求することで、すぐれたホールド性を実現し、どんな路面状況でも、快適な座り心地です。

セカンドシートの空間はまさにVIPルーム



全長5mを超えるロングボディで、ゆとりあるキャビンをしっかり確保しています。
後部座席の広々としたゆとり感は高級セダン車並みの乗り心地です。
そして、4席独立温度調整オートエアコンとシートヒーターがドライバーとパッセンジャーそれぞれに快適な空調とシートの温度を維持してくれます。

しかも、クライメイトコンシェルジュスイッチと押すと、助手席、セカンドシートの着座乗員を検知すると各空調装備が自動的に連動し、快適な状態が維持される充実ぶりです。

しかし、3列目シートはワンボックスカーよりも窮屈感はありそうです。SUV車であるから、3列目シートの窮屈感は仕方ないと割り切るしかありません。


コンソールボックスには500mlのペットボトルが6本入るクーラーボックスを配置。長旅では大活躍です。
これさえあれば、特別な用意をしなくても1泊ぐらいの車中泊で飲料に困ることはないと思います。


オプションで11.6インチのディスプレイを搭載するリヤシートエンターテインメントシステムがあります。
これさえあれば、リアシートはビップルームのようです。LXは中東のUAEやカタールなどの富裕層に大人気なので、運転手付きで車に乗る人が好んで乗る理由もうなずけます。

②レクサスLXの実燃費と評価・評判は?

レクサスLXのオーナーは自らの愛車をどう思っているのでしょうか。口コミサイトから、いくつか意見を取り上げてみました。

レクサスLXの口コミ

【総合評価】
人生初マイカーを選んでいて、何台か候補があるうちのひとつ
先輩が乗っているので、乗せてもらったり
みんなで出かける時に4人乗っても荷物たくさん詰めてよかった

【良い点】
後ろの席でブルーレイが見れる
荷物がたくさん詰める

【悪い点】
背の小さい女子が乗り降り大変そう
燃費が悪い(と言っていた)

出典:

【所有期間または運転回数】
1年間所有

【総合評価】
前車がランドクルーザー100系VXリミテッド Gセレクション ツーリングエディションなので
比較になりますが、性能・質感全てにおいてランクル100を上回っている印象です。
静粛性が高く、外界の騒音が室内に入ってきません。
雪山とオフロードを走行しておりますが、悪路走破性は販売されている乗用車の中ではトップレベルでしょう。
比較検討した、レンジローバーやGLSと比較しても一切の遜色はありません。
むしろ輸入車の故障リスクは真冬の雪山等から帰還できない恐怖があります。
更にLX570はリセールも良好らしいので、そう言った点でも優れていると思います。
ちなみにランクル100の買取金額は10年落ちでも
対当時車両本体価格50%以上と素晴らしいものでした。

【良い点】
レクサス(トヨタ製)による安心感。
重量級のボディを軽々加速させるエンジン。高速道路での安定性。
世界で通用するランドクルーザーをベースとし更に高級に仕立てている点。
人を乗せる度に皆一様に驚き喜んでくれること。

【悪い点】
当たり前ですが燃費でしょうか。約4Km/L位です。
人によっては9Km/L位走るそうですので、乗り方にもよると思います。
大きさ重さは購入前からわかっていることなので全く問題ありません。
周りの人から注目される。

出典:

【所有期間または運転回数】
1年8ヶ月

【総合評価】
安心安全と高いクオリティに満足です。
ネット上で加速が遅いと言ってる人を稀に見かけますが、そうは思いません。
ノーマルかスポーツモードで信号ダッシュで負けることはありません。

【良い点】
悪路走破性と高速走行の両立。
豪華な内外装。
大きさとルックスのせいか道を譲ってもらうことが多い。

【悪い点】
求めてませんが燃費は。。。
同じ車種でリッター10キロ走る人にコツを教えて欲しい

出典:

LXの購入は1000万円以上の買い物のため、オーナーの意見は辛口です。ランクルからの乗り換えが多く、ランクルに比べれば高級感は断然LXのほうが上です。

車重は3トンもあるため、走行性能に重量級の車に特有な出だしの重さはあるようです。しかしパワー不足ということではなく、街乗りや高速道路では十分すぎるパワーのようです。

燃費はリッター約5キロ!外車に比べればコスパは高い

燃費はあまり期待しないほうがいいでしょう。街乗りは4~5、高速道路で5~7キロというのがオーナー共通の意見です。ガソリンフル満タンで約1万2千円かかり、これで500キロとすれば、月のガソリン代はかなりしそうです。

しかし、車体価格に関しては、同クラスの約1500万円するレンジローバーやメルセデスG550と燃費性能は同じレベルで、これらに比べればLXの1100万円は、コスパが断然良いという声がよく聞かれます。

次のページ

  • 2

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.velotime.com.ua