免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

車を買う前に知っておきたい!初期費用ってどれくらいかかるの?

思った以上にかかってしまうのが車を購入するときにかかる「初期費用」。実際に支払わなければならない費用とその内容をまとめました。車を購入する際は、それらの初期費用を頭に入れて購入資金を用意する必要があります。

初期費用って?

カーディーラーに行って気に入った車をみつけ、いざ契約しようとすると「初期費用」が思わぬ負担となり、予算をオーバーしてしまうことがあります。

車を購入する際には必ずかかってしまうのが初期費用。ただ、この初期費用は工夫次第でセーブすることができます。車をはじめて購入する方はぜひチェックしてください。

かかる初期費用はいくら?

提示された車体価格のほかにも初期費用がかかるなんて、はじめて車を購入するときには気づけないものです。実際に初期費用がどの程度かかるのかチェックしましょう。

車体価格の10~20%が初期費用でかかる

実際には、車体価格の1~2割の初期費用がかかることを覚えておいてください。初期費用に幅があるのは、車を購入する時期によって税金の金額が変動するほか、お店によって手数料にばらつきがあるからです。

税金や保険料は絶対にかかる

それでは、初期費用の内訳をチェックしていきましょう。まずは車を所有・運転するのに必要不可欠な税金・保険関連の費用です。

自動車税

排気量や車の購入時期によって多少の変動はあるものの、必ず年に1回は自動車税を納める必要があります。

自動車取得税

車体価格が50万円以上だと、自動車取得税を支払う必要がでてきます。税率は普通車が5%、軽自動車は3%と定められていますが、エコカー減税の対象車であれば、燃費達成率に応じて段階的に税金が減免されます。

自動車重量税

車両の重量によって税額が変動し、車検ごとに支払う税金です。中古車を購入し、車検まで期限がある場合は自動車重量税はかかりません。

自賠責保険

自賠責保険は、車を購入するなら必ず入らなければいけない保険、いわゆる"強制保険"のことを指します。自賠責保険に加入しなければ、公道を走行することはできません。

消費税

商品を購入したり、サービスを受ける際に必ず発生するのが消費税。現在は8%ですが、将来的に増税する可能性があります。ちなみに、消費税が10%に増税された場合、自動車所得税を廃止する方向で議論が進んでいるようです。

ちょっとした工夫で抑えられる諸費用

税金に対してある程度節約できるのが「諸費用」です。諸費用というと、何に使われているのかさっぱりわかりませんが、主に車両登録にかかる費用のことをいいます。

登録費用

購入した車を自分の名義に書き換える際に発生する費用です。具体的な内訳は印紙代+登録代行料で、登録代行料の部分はお店によって差があります。相場は10,000円~30,000円ほど見込んでおくといいでしょう。

車庫証明費用

諸費用を節約するなら注目したいのがこの「車庫証明費用」。お店に頼むと10,000円~20,000円ほどかかってしまいますが、自分で取得するなら2,000円~3,000円程度の出費ですみます。手続き自体も煩雑ではないので、ぜひ自分で行い節約しましょう。

納車費用

購入した車を自宅まで運転して届けてもらうための費用です。基本的にお店まで取りに行けば納車費用はかかりませんが、例外もあるようなのであらかじめお店に確認を取りましょう。

下取り費用

車を購入すると、それまで乗っていた車をなんらかの形で処分する必要がでてきます。お店によっては廃車費用を請求されるので注意しましょう。

リサイクル料

車を購入する際に支払わなければいけないリサイクルのための料金で、法律に基づき請求されます。車種によって多少の差はありますが、10,000円前後かかると考えておきましょう。

初期費用は意外とかかる

車を購入する際に思わぬ負担となる初期費用。ただ、初期費用は節約しようと思えば大幅に節約することが可能です。車を購入する際に店員さんと初期費用について相談しておくことをおすすめします。

車の購入後の維持費に関する記事はこちら

人気の車種についてはこちらの記事がおすすめ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

avtomaticheskij-poliv.kiev.ua/tovary/oborudovanie-dlya-sistem-avtomaticheskogo-poliva.html

www.medicaments-24.net/viagra-sildenafil/viagra-130-mg/