車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

TRDとはどんな会社?代表的なカスタムカーとパーツや特徴をまとめ

TRDはトヨタ車用のカスタマイズパーツの製作を行っているトヨタテクノクラフトのブランド!モデリスタと並ぶ存在で、カッコいいだけでなく気持ちよく走れることを重視。TRDによるプリウスやアクア、ヴィッツ、オーリス、パッソ、セリカTRDスポーツMのカスタムを紹介!

TRDとはどんな会社?

TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)は、レーシングカーの開発やトヨタ車用のチューニングパーツやカスタマイズパーツの制作を行っています。

トヨタ車や日野自動車の特装車事業を行っている、トヨタテクノクラフト株式会社が所有するブランドです。ちなみに救急車「ハイメディック」もトヨタテクノクラフトの商品です。

TRDは元々、トヨタ自動車販売のツーリングカーレース用の車両の開発を行っていた部署でしたが、部の解散などを経て、1976年に「TRD」でブランド展開、1984年には組織名にもなりました。1995年には「TRD Sports」のブランドを展開しました。

カスタマイズパーツが有名ですが、派手さや装飾性だけを重視したデザインではなく、緻密な計算によって製作されたパーツとそれに合わせたデザインによって走る喜びも感じることができます。

トヨタ社についてはこちら

【TRD カスタム事例】トヨタ プリウス

プリウス PHV(TRD カスタムパーツ)

2017年2月にリリースされたトヨタ プリウスのTRDカスタマイズパーツは、落ち着いた中にも優雅さを感じさせるデザインです。

新型プリウスについての詳しい記事は以下になります。

▼フロントスポイラー(LEDあり)

元々のフロントライトの印象を残しながら、LEDをプラスすることで足元への華やかさが出ます。

フロントスポイラーについては以下の記事をどうぞ。

▼サイドスカート

塗装済:55,000円(税込)
素地:52,000円(税込)

▼ルーフガーニッシュ

アンテナに合わせた形状のルーフガーニッシュは、後続の車から見て、後ろ姿が「ちょっと違う!カッコいい!」と気づく人も多いでしょう。

価格:20,000円(税込)

ガーニッシュについては以下の記事をどうぞ。

4代目プリウス TRD Ver.1(TRD カスタムカー)

4代目トヨタ プリウスのTRDカスタムカー・パーツは、元々のプリウスのデザインを活かしつつ、先進的なデザインと空力性能の向上を両立させました。特にリアトランクスポイラーとリアバンパーを同時に装着することで、相乗効果で車の上方向の空気も車両下からの空気も流れが整います。

TRDカスタムカーである、プリウス TRD Ver.1は、エアロパーツセット、やマフラー、リヤトランクスポイラー、チアルミホイール&タイヤセット、ウィンカーバルブセットが装着されています。

リアバンパーについては、以下の記事を参考にしてください。

4代目プリウス TRD Ver.1(TRD カスタムパーツ)

▼フロントスポイラー

ダウンフォースを発生させる形状になっています。

塗装済:38,000円(税込)
素地:35,000円(税込)

▼サイドスカート

車両側面に流れる空気を整え、車両下に入り込む空気をタイヤ上方に流すような形状により、直進安定性が向上します。

塗装済:55,000円(税込)
素地:52,000円(税込)

▼リヤトランクスポイラー

標準サイズよりも35mm延長させることで、リアトランクスポイラーに空気の流れが当たり、ダウンフォースが発生します。

塗装済:38,000円(税込)
素地:35,000円(税込)

▼リヤバンパー

車両下の空気の流れを整えることで、サイドスカートの効果と同様に、直進安定性が向上します。

塗装済:45,000円(税込)
素地:42,000円(税込)

▼ ハイレスポンスマフラー

参考価格: ¥ 53,109
(2019年05月29日現在)

【TRD カスタム事例】トヨタ C-HR

2016年に発売されたC-HRのカスタマイズパーツは、Aggressive StyleとExtreme Styleの2種類のタイプを選べます。TRDはC-HRのカスタムのキーワードを「Your Only Fun SUV」とし、開発を進めました。

C-HRについて詳しくは以下の記事を参考にしてください。

C-HR Aggressive Style(TRD カスタムパーツ)

Aggressive Styleは都会的なイメージで、ブラックをポイントにスポーティで低重心に仕上げました。

▼フロントバンパーガーニッシュ&フロントスポイラー(LED付)

フロントバンパーガーニッシュのブラックと、車高を強調するフロントスポイラーのホワイトのバランスが落ち着きを出しながらもスポーティな印象です。フロントバンパーガーニッシュはシルバーもあります。微妙な曲線を描いている理由は、車両の前方にかかる揚力の低減のためです。

●フロントバンパーガーニッシュ
ブラック、ホワイト:32,000円(税込)

●フロントスポイラー(LED付)
塗装済:75,000円(税込)
素地:72,000円(税込)

▼C-HR TRDサイドスカート

サイドスカートとリアバンパースポイラーは車両の後方にかかる揚力の低減効果があります。

塗装済:57,000円(税込)
素地:54,000円(税込)

▼C-HRリアバンパースポイラー

塗装済:43,000円(税込)
素地:40,000円(税込)

C-HR Extreme Style(TRD カスタムパーツ)

アウトドアにもピッタリなゴツいデザインにカスタムできるExtreme Styleです。

▼フロントスポイラー

Aggressive Styleとはまた違う、シンプルな装飾です。

塗装済:75,000円(税込)
素地:72,000円(税込)

▼オーバーフェンダー

元々のデザインから強調するようなオーバーフェンダーのデザインはインパクト大です。

価格:80,000円(税込)

オーバーフェンダーについては以下の記事をどうぞ。

▼マッドフラップ

飛び石や泥からボディなどを守るマッドフラップがラインナップにあるのも特徴的ですね。

レッド、ブラック:30,000円(税込)

【TRD カスタム事例】トヨタ アクア

シンプルなアクアもTRDのカスタマイズパーツでスポーティに変身します!

アクアについては以下の記事で詳しく説明されています。

アクア TRD Sportivo Ver.(TRD カスタムカー)

エアロパーツ、サスペンション、アルミホイール&タイヤセット、マフラーなどのパーツがセットになった「アクア TRD Sportivo Ver.」。パーツを取り付けることで印象がガラッと変わりますね。

トヨタ・アクア(TRD カスタムパーツ)

▼フロントスポイラー&LEDデイタイムランプ

LEDデイタイムランプ付きのモデルもあり、イグニッションONで常時点灯させることができます。事故防止にもつながるため、おすすめです。

また、フロントスポイラーを取り付けることで、取り付け前よりも地上高は約62.5mmダウン、全長は約29mmプラスになります。

●フロントスポイラー
塗装済:35,000円(税込)
素地:32,000円(税込)

●LEDデイタイムランプ
30,000円(税込)

イグニッションについては以下の記事をご覧ください。

▼サイドスカート

シンプルで元々のデザインを活かした形状です。地上高は通常よりも約2mmダウンします。

塗装済:37,000円(税込)
素地:34,000円(税込)

▼リヤバンパー

カスタマイズカーらしいブラックが足元を引き締めます。

塗装済:38,000円(税込)
素地:35,000円(税込)

【TRD カスタム事例】トヨタ ヴィッツ

ヴィッツ RS Racing(TRD カスタムカー)

人気のアマチュアレース「ヴィッツレース」では、ヴィッツのスポーツモデルRSをTRDが特別架装したヴィッツ「RS Racing」が使われます。ヴィッツレースではヴィッツ「RS Racing」と国内Aライセンスがあれば参加することができます。

参加者みんなが同じ車両で同じ条件でレースができるため、アマチュアでも自分の実力を試すことができます。

ヴィッツ「RS Racing」は、5速マニュアル仕様、4点式シートベルト、フルバケットシート、専用サスペンション、ロールケージなどの装備で、すぐにレースに参戦できる本格的な仕様になっています。デザインも、フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパーで通常との印象がガラッと変わっているのはもちろん、大きなフロントグリルは貫録を感じます。

ヴィッツについては以下の記事をご覧ください。

▼スポルティーボショックアブソーバーセット

参考価格: ¥ 57,234
(2019年05月29日現在)

ショックアブソーバーについては以下の記事をご覧ください。

ヴィッツTRDスポーツパッケージ(TRD カスタムカー)

2014年のマイナーチェンジ後にTRDスポーツパッケージを発売しました。トヨタ車の販売店「ネッツ」の10周年記念として、ネッツ東京限定で発売、フロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラー、アルミホイール、ブラックルーフ、TRDエンブレムを装備しています。

今後のヴィッツのTRDカスタムカーの発売に期待ですね!

【TRD カスタム事例】トヨタ 86

走る楽しさを追求したトヨタ 86は、小型・軽量・低重心・低慣性が特長のスポーツカーです。若者がターゲットですが、トヨタ カローラレビン、スプリンタートレノ(車両型式AE86)に乗っていた・憧れた世代にも人気が高いモデルです。
また、トヨタとスバルの共同開発によりトヨタ 86はスバル BRZと兄弟車です。

86については以下の記事を参考にしてください。

トヨタ 86(TRD カスタムパーツ)

トヨタ 86はスポーツカーであるため、TRDからのカスタムパーツは非常に充実しています。エアロパーツはもちろん、自分好みにチューニングできるパフォーマンスパーツが幅広く揃っています。

車をいじるのが好きな人も、86で初めて挑戦するという人にも嬉しいラインナップですね。

▼フロントスポイラー(LEDあり)

前面に伸びた個性的なデザインは、空力バランスの最適化の効果があります。

塗装済:80,000円(税込)
素地:76,000円(税込)

▼フロントフェンダーエアロフィン

空力の重要な部分であるフロントフェンダーに装着し、ダウンフォースを発生させます。直進安定性とコーナリングの安定感の向上につながります。

価格:48,000円(税込)

▼フェンダーエクステンション

フェンダーアーチの装飾性のUPと空力性能をよくする効果があります。

塗装済:46,000円(税込)
素地:42,000円(税込)

▼リヤウィンドゥルーバー

デザイン性の向上だけでなく、上から入る太陽光を抑えます。

価格:90,000円(税込)

▼モノブロックブレーキキット(前輪)

キャリパーピストン数、キャリパーのモノブロック化、ローター径拡大などを行い、安定した制動力を確保します。

価格:500,000円(税込)

▼マフラーガーニッシュ

参考価格: ¥ 12,095
(2019年05月29日現在)

▼フロントストラットタワーバー MCB

サスペンションタワー上部のたわみを規制して、サスペンションの性能を発揮させる効果があります。カーボンシャフトです。

価格:28,000円(税込)

ストラットタワーバーについては以下の記事をご覧ください。

86Racing(TRD カスタムカー)

86Racingは、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceに参戦できるカスタムカーです。TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceは、トヨタ 86 「86Racing」と兄弟車のスバル BRZ「RA Racing」だけでレースするイベントで、国内A級ライセンスがあれば参加できます。

イベントではレース車両として使い、普段は街乗りができるので便利ですね。

【TRD カスタム事例】トヨタ オーリス

オーリス Brick lane(TRD カスタムカー)

2016年4月にチェッカーフラッグ柄のボンネットデカールがインパクト大のブリックレーンが発売になりました。ロンドン東部のトレンドエリア「ブリックレーン」の名前が付けられたこちらのモデルは、人気のツートンカラーを採用、都会的なカスタムになっています。

HYBRID“G Package” 価格:2,998,473円(税込)

オーリスについては以下の記事を参考にしてください。

オーリス(TRD カスタムパーツ)

▼リヤルーフスポイラー

リヤルーフスポイラーと付属のフロントエアロスパッツ(エンジンカバー下面装着)をセットで使うことで、空力バランス整流効果を高めます。

塗装済:31,000円(税込)
素地:28,000円(税込)

▼クォーターパネルフィン

ちょっとしたパーツですが、これをつけることでサイドから後方にかけての空気の流れが整い、操縦安定性が確保されます。

塗装済:18,000円(税込)
素地:16,000円(税込)

▼スポルティーボショックアブソーバーセット

参考価格: ¥ 58,458
(2019年05月29日現在)

【TRD カスタム事例】トヨタ パッソ

パッソ2代目 (TRD カスタムパーツ)

2010~2016年に発売していた2代目パッソにはTRDのカスタマイズパーツがありました。「女性がターゲットの車なのに意外!」と感じる方も多いと思いますが、かつて初代パッソにスポーティなグレード「Racy」や、TRDが架装した「パッソTRDスポーツM」もありました。

2016年に発売の3代目パッソにはTRDのカスタマイズパーツは残念ながらありませんが、今後に期待ですね。

パッソについては以下の記事をどうぞ。

▼2代目パッソ フロントスポイラー

▼2代目パッソ リヤアンダスポイラー

▼2代目TRDアルミホイール「SP1」&タイヤセット

▼2代目TRD Sportivo サスペンションセット

パッソTRDスポーツM(TRDカスタムカー)

トヨタ・パッソRacyにサスペンション、エアロパーツなどを装備した、TRDカスタムカーです。ベース車両にラインナップがない5MT車で、本格的です!

【TRD カスタム事例】トヨタ セリカTRDスポーツM

セリカSS-Ⅱをベースに、サスペンションやエアロパーツなどにこだわったコンプリートカーが「トヨタ セリカTRDスポーツM」です。特別色のブルーマイカは、今でも根強い人気ですね。

トヨタ セリカは1970年から2006年まで製造・販売していたスペシャルティカー(大衆車を元にボディにスポーツカーのようなスタイリッシュな架装をしたもの)です。

スペシャルティカーであるフォード・マスタングの世界的なヒット後に開発されたセリカは日本でも大ヒットしました。当時にはあまりなかった流線型のボディは若者たちの憧れの車となりました。

2006年に売り上げの不振により、惜しまれながらも生産終了となりました。

「トヨタ セリカTRDスポーツM」は最後に発売された7代目セリカSS-Ⅱのカスタムカーであり、いまでも伝説の車です。

セリカについて詳しくは以下の記事を参考にしてください。

TRDで簡単にカスタマイズしたいときにおすすめ!

カスタムパーツをつけるのは勇気がいるけれど、ちょっとポイントに使いたいときにおすすめのグッズを紹介します。

【TRDおすすめカスタムパーツ】フューエルキャップガーニッシュ

普段は見えない給油キャップにさりげないおしゃれをプラス!ガソリンスタンドで「おっ!」と思われること間違いなしです。

参考価格: ¥ 894
(2019年05月29日現在)

【TRDおすすめカスタムパーツ】TRD 86用ドアハンドルプロテクター

ドアの開閉時の傷つきをスポーティに防止します。

参考価格: ¥ 3,100
(2019年05月29日現在)

【TRDおすすめカスタムパーツ】TRD ドアスタビライザー

ボディとドアの隙間を埋めて、密着させることでボディのよれを軽減することができます。ステアリング操作の反応の遅れを抑えます。

参考価格: ¥ 12,389
(2019年05月29日現在)

トヨタのカスタムブランド「TRD」でトヨタ車をカスタムしよう!

TRDはカッコいいだけのカスタムパーツだけでなく、デザイン性と走行性能を両立させたパーツを作成・販売しています。

自分の愛車をカスタムするのはもちろん、モータースポーツに興味がある人はヴィッツ「RS Racing」や「86Racing」で実際にレースに参加してみるのもおすすめです。

愛車を少しカスタムするだけで、今まで以上に車に愛着がわくようになりますね。

他の車のカスタム一覧はこちら

その他の有名カスタムブランドはこちら

https://chemtest.com.ua

http://progressive.ua

www.avtomaticheskij-poliv.kiev.ua