車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

フェラーリ 新型ディーノ V6ハイブリッドで復活か?

フェラーリが2019年中旬ごろに発表すると予想される、新型モデルをスクープしました。V6サウンドのエキゾーストノートは、ディーノの復活を意味しているのかもしれません。フェラーリ新型モデルの最新情報をお届けします。

【最新情報】V6ハイブリッドの開発車をスクープ!

フェラーリ V6ハイブリッド 開発プロトタイプ_2019

488GTBのプラットフォームを利用したV6ハイブリッド開発プロトタイプ

フェラーリ 488GTBをベースとした開発プロトタイプのフロントウィンドウには、黄色の「ハイブリッド」のステッカーが確認できました。見た目はほぼ488GTB、しかしエキゾーストパイプの位置がかなり高く、中央寄りになっていることから488GTBとは異なる排気システムを搭載しており、エンジンも別物である可能性が高いでしょう。

このスクープ写真を撮影したカメラマンが「そのサウンドはV12でもV8でもなくV6だ!」証言しており、ハイブリッドのステッカーがあることを考えると、ミッドシップに搭載されているのは「V型6気筒ハイブリッド」の可能性が高いでしょう。まだフェラーリ初の「HY-KER」ハイブリッドシステムを採用するかは現段階では不明です。

V型6気筒エンジンとなれば、数年前から伝えられている「ディーノ」が復活する可能性が考えられます。
フェラーリは2019年内に、5モデルの新型モデル発表をアナウンスしていますので、ジュネーブモーターショー2019にて発表された「F8 Tributo」と、このV型6気筒ハイブリッドモデルが含まれるものと考えられます。

【2018年3月】フェラーリの小型スポーツカー「新型ディーノ」を開発中か

フェラーリ ディーノ 246 GT

ディーノ246GT

フェラーリが製造する小型スポーツカー ディーノの新型に関する情報を入手しました。
ディーノは、フェラーリが製造したV6エンジンを搭載する比較的小型なスポーツカーで、1967年から1974年に販売されていた名車です。
当時のフェラーリはV12エンジンのみを製造販売する中で、V6エンジンであったディーノは別ブランドとして扱われていました。

入手した予想レンダリングCGを見る限り、往年のディーノのデザインを引き継いでいることがよくわかり、ヘッドライト周りとボンネットに開けられたラジエターアウトレット、ドアから伸びる大胆なエアインテークは往年のディーノを彷彿させます。

ディーノに「フェラーリ」の冠はつくのか?

往年のディーノを知っている方には、最大の関心事でしょう。
ディーノはフェラーリと別ブランド「ディーノ」として販売されていましたので、復活するディーノに「フェラーリ」の冠が付くのか注目されています。

ファンの中には往年のまま、フェラーリのバッジを付けずに、復活してもらいたいと願う人がもいるでしょう。
しかし現在フェラーリが製造・販売している大半は、V型8気筒エンジンを登載した「スモール フェラーリ」であり、フェラーリの冠で販売されていることを考えると、「フェラーリ ディーノ」になる可能性が高いと考えられます。

フェラーリの詳しい歴史についてはこちら

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

接触

best-products.reviews

раскрутить сайт