車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

新型ハイエースバン発売!圧倒的人気車のマイナーチェンジと次のフルモデルチェンジ詳細を解説

そろそろ新型ハイエースへフルモデルチェンジするかも

ハイエース200系から300系がそろそろ来る?

前述しましたが、トヨタのハイエースは長らくマイナーチェンジのみでした。そろそろ、フルモデルチェンジしてもおかしくない時期ではあります。

また、「2017年〜2018年、トヨタは働く車をリニューアルする」(日刊自動車新聞)という情報もあります。

ハイエースは、トヨタのラインナップの中では間違いなく働く車に分類されるでしょう。以上の点から、ハイエースのフルモデルチェンジ説は濃厚なのではないかと思われます。

キャブオーバーじゃなくなる?

一部では、新型ハイエースはキャブオーバーではなくなりセミボンネットになるという噂があります。

キャブオーバーとはエンジンが運転席の下にある車のことを指します。どのような見た目の車なのかといえば、まさしくハイエースのあの一直線のボディがキャブオーバーです。

キャブオーバーの代表とも言えるハイエースが、キャブオーバーからセミボンネットになるというのはかなり衝撃的で、ハイエースのファンからしても喜ばしくないのではないかと思います。

ちなみに、セミボンネットとはアルファードやヴェルファイアのような見た目の車のことです。

ただ、変更の理由として、安全面を考慮してのことと言われています。

しかし!セミボンネットのハイエースはすでにある!

新型ハイエースの情報に関しては、まだまだ噂レベルのものばかりで信憑性はさほど高くありません。

キャブオーバーからセミボンネットになるという噂がありましたが、実はハイエースのセミボンネットバージョンといえるモデルはすでに存在します。

プロエース

海外で販売されているトヨタの「プロエース」という車です。9人乗りという超大容量の車で海外でも人気があります。

この車が日本に導入されハイエースという名前で発売されるということなのかもしれませんが、プロエースがあるにもかかわらずほぼ同じモデルとなることが予想されるセミボンネットのハイエースを開発するとは思えません。

ただ、噂の真偽は公式発表までわからないので期待して待ちましょう。

レジャー・仕事のお供に「ハイエースバン」という選択

確実に車としての機能をはたしてくれる「ハイエースバン」です。その性能の高さは、国内外での販売台数が物語っているでしょう。

レジャーや仕事に特化した車を選びたい人は、これを機会にハイエースという選択をしてみるのもおすすめです。

  • 2

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

別れさせ屋 高知

лезниковский гранит