車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【徹底比較!】トヨタの「パッソ」VSスズキの「スイフト」

トヨタの「パッソ」とスズキの「スイフト」。どちらもコンパクトカーと呼ばれる類の車種ですが、「パッソ」は低燃費を実現し、カラーバリエーションも豊富。そして「スイフト」は走りの質感にこだわった世界でも高い評価を受ける仕様になっています。同じコンパクトカーでも多くの違いがある2台を比較してみましたのでご購入の参考にして頂ければと思います。

トヨタ「パッソ」VSスズキ「スイフト」

ちょっとした買い物や子どもの送迎などで活躍するコンパクトカー。各々のメーカーが多くの車種を発売する中でも人気の2台、トヨタ「パッソ」とスズキ「スイフト」。

2015年現在、コンパクトカーは軽自動車と双頭で日本の自動車販売市場のトップに君臨すると言っても過言ではありません。今回はその中から「パッソ」と「スイフト」のデータや走行性能などを比較検証し、どちらが優れているのかまとめてみました。

トヨタ「パッソ」ってどんな車?

初代が2004年に発売され、現行モデルは2010年に登場。2014年4月にマイナーチェンジして発売されました。軽自動車の性能が優れている現在に、燃費性能とデザイン性の向上を目指して開発され、軽自動車の手強い競争相手となりそうです。

旧型パッソと何が違うの?

【その1】ハイブリッド車を除いた普通車でトップの27.6km/Lという圧倒的な低燃費性の向上を実現。

【その2】新たなデザインとして「パッソ X、G」と「パッソ +Hana」が登場。カラーバリエーションは全部で15パターン。

「パッソ X、G」はワイド感と低重心を強調したフロントバンパーや切れ長感のあるヘッドランプが目立ちます。スマートなフロントビューが人気です。そして「パッソ +Hana」は一言で表現するなら「可愛いデザインの車」です。丸いモチーフのアッパーグリルやフォグランプとロアグリルを連続させている個性的かつ特徴的なデザインが採用されています。グレードが高い仕様の“G package”をそれぞれに設定するなど、お客様の意向に合わせた車を選択できるようになっています。

【その3】赤外線、紫外線を約99%カットするフロントドアガラスを新採用。

【その4】雨など路面で横滑りした場合、ブレーキの自動制御でコーナリングでの車両安定性を確保。

【その5】「停車前アイドリングストップ機能」により停車する前に自動でエンジンが止まり、ガソリンの消費を軽減。

多様なグレードで選択肢アップ

新たな技術を取り入れただけでなく、グレードは全部で9つあるので選択肢が増え、選ぶことが楽しくなります。

ラインアップは特別仕様車を含めると9つあります。まずはベーシックタイプの「X」、装備が充実している「X Lパッケージ」、逆に一部の装備を簡略化した「X Vパッケージ」、上級仕様の「X Gパッケージ」、1.3Lモデル「G」、女性向きの上質なモデルである「プラスハナ(+Hana)」、「プラスハナ Cパッケージ(+Hana C package)」、「プラスハナ Gパッケージ(+Hana G package)」がラインアップされています。また「X」をベースに特別仕様車「1.0X Lパッケージ・キリリ」にも注目です。

新型パッソの魅力は女性向けのグレードが設定されていることでしょう。「+Hana(プラスハナ)」は主に女性をターゲットにしており、可愛らしい外観と内装が目を引きます。

ナノイーを発生させる機能まで搭載されているとは、女性にとっては嬉しいことが多いです。その他、適材適所に収納が多くあることも様々な場面で使いやすい車になっています。

コンパクトカーならではの使いやすさ

どんな場所でも小回りが利いて運転しやすい事もコンパクトカーならではといえます。それに加え、デザインが豊富で低燃費を実現している「パッソ」は気軽に購入できる1台と言えるでしょう。


デザインが可愛い。小さい車でもしっかりした走り。小回りや狭い道でもスムーズに走れます。1000ccの排気量なので馬力がないと思っていましたがそうでもありませんでした。

ブーンの兄弟モデルです。以前のプラットフォームを流用してスタイリングに磨きがかかりました。2010年からかなりの年数が経過していますが、丸く愛らしいデザインは、ヴィッツとは異なり女性向けの車です。

インテリアもカジュアルなデザインで、インパネまわりにもゆったりした収納スペースが用意されています。後席の荷物が転げ落ちないように工夫しているのも良かった!

スズキ「スイフト」ってどんな車?

初代のスイフトが登場したのは2000年です。ワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを流用して作られました。廉価な小型車をPRポイントとし販売されました。このモデルは、国外では「イグニス(IGNIS)」という名称で販売されています。

2代目となる車名は、世界共通で「スイフト」で統一され、世界市場をターゲットとしたボディ・デザイン・プラットフォームを1から開発しました。

「走る・曲がる・止まる」をコンセプトにしっかり作り込んだ車種として世界各国から高い評価を得ています。3代目は2代目のキープコンセプトとしつつ、各部を新設計することでさらなる進化に期待されています。

スイフトの主な特徴を知りたい!

デュアルジェット スイフトではメーターの基本性能+スムーズなエコドライブをサポートする専用メーターを採用しました。これによりドライバーは優れた燃費性能を実感できるようになっています。

エコドライブ達成レベルを木の葉のアイコンによって20段階で運転時の状態を常時表示して採点します。そして走行中は、4段階×最高5枚の木の葉でエンジンスタートからの平均スコアを常時表示させ採点します。イグニッションOFF時は、これらの平均スコアをチェックすることが可能です。

6:4分割可倒式リヤシートを採用することで3名乗車時でも長尺物がしっかり積載できます。背もたれを倒すと、ほぼフラットなラゲッジスペースができあがります。ラゲッジボードの下は、荷物を収納できるサブトランクとしても使用可能です。乗車人数や荷物の大きさに合わせてフレキシブルに対応ができるメリットの多いラゲッジスペースです。

安定走行の秘密とは?

ESP(R)機能であるコーナーでの横滑りを抑えるスタビリティコントロールや、発進・加速時にタイヤの空転を抑えるトラクションコントール、急ブレーキにはタイヤのロックを抑えるなどABSを総合的に管理するシステムが使用されています。

このようにさまざまなセンサーによって走りを監視することで、必要に応じてコンピューターがエンジンとブレーキを制御し、車両の安定走行の維持に貢献してくれます。

スイフトのコンセプト

走りに一切妥協しないのがスイフトです。プラットフォームはワイドトレッド&ショートホイールベースを採用していて、躍動感ある理想の走りを実現しています。また直進安定性と旋回性を高めることで、よりスムーズにハンドリングがしやすく、スポーティなドライビングが愉しめます。

ボディーは、高剛性かつ軽量に考えられています。ヨーロッパでの走行テストにおいて、安定性と応答性を鍛え上げた高性能シャシーと組み合わさり、スイフトの俊敏なドライビングを生み出しています。

最適にチューニングされたスタビライザーとコイルスプリングをフロントサスペンションに採用し、軽量化・高剛性化を両立したトーションビームをリアに配置しています。迅速に操舵フィールを実現するように可変ギヤレシオステアリングにも力を入れ、ドライバーの意思にダイレクトに反応する操作性を実現しています。

熱効率を徹底的に高めたデュアルジェットエンジンとエネチャージ!

「熱効率を高める」ことは、燃料エネルギーをどれだけ動力エネルギーに変換できるかという指標です。ガソリンエンジンが本来持っている可能性を追求することが「熱効率を高める」方法の答えでした。そして熱効率を高める手段は、理論的には圧縮比を高めれば出力・トルク、燃費も向上するので、結果的に熱効率が高まります。しかし燃焼室内でノッキング(異常燃焼)が発生してエンジン破損の可能性も同時に高まってしまいます。

そのための工夫として点火タイミングを遅らせるなどの対策を施して、出力・トルクの低下を招きます。要するに熱効率を高めるには高度なノッキング抑制技術の開発が必要というわけです。

デュアルジェット エンジン

そこで登場するのがデュアルジェット エンジンです。このエンジンは、動力性能と環境性能の両立するために、コンパクトな燃焼室を設計して、圧縮比を高めながら徹底したノッキング抑制技術(冷却技術など)から開発されています。

熱効率を高めるデュアル インジェクション システムやノッキング抑制効果を高めるクールドEGRシステムなどを搭載したデュアルジェットエンジンは、出力・トルクを下げずに燃料エネルギーを動力エネルギーに最大限に変換する最適な圧縮比12.0を実現しています。

各種エネルギーロスも低減され、熱効率を極限まで追求したエンジンのおかげで、走りに必要なパワーを確保しながら、1.2L以上のガソリン車トップの低燃費性を実現しています。

エネチャージ

これまでの車の電力は主にガソリン消費で供給されていました。しかしエネチャージの登場により燃料カット中の減速時に、タイヤの回転を利用してガソリンを使用しない高効率・高出力オルタネーター(発電機)で発電し、リチウムイオンバッテリーとアイドリングストップ車専用鉛バッテリーに充電可能になりました。

つまり、走行中に蓄えた電力を電装品に供給するので、ガソリンを消費しての常時発電が不要となり、低燃費かつ発電によるエンジン負荷を軽減する役割を担っているというわけです。

エアコンの役割

空調ユニット内にエアコンの冷風を使用すると凍る特殊な蓄冷材を内蔵しています。アイドリングストップ中にエアコンの送風で室内に冷たい風を送ることで、車内温度を快適に保ち、エンジンの再始動を遅らせて消費する燃費を軽減してくれます。

スイフトに乗る人の声

スズキの名車と言っても過言ではありません。走る。止まる。維持費が安い。故障しない。故障しても修理代も比較的安く済む。

内装は黒基調とした高級感あるデザインが気に入っています。低価格なのにオートエアコン・6スピーカー付きなのもうれしい。、加速も他社の1.3cc車は回して加速するに対して、1.2ccのに同等の走りだと感じられました。1.3ccのビッツよりも加速力も内装も良かった。車体のデザインもヨーロッパスタイルのようで、乗り心地・高速安定性も2.0cc並だと感じました。

性能を改めて比べてみよう!

以下、パッソのスペックになります。

ボディタイプはハッチバック
最高出力馬力)は69~98。
最小回転半径は4.3。
JC08モード燃費は27.6/L。
燃費を見る排気量(cc)996~1329。
乗車定員は5人。
全長×全幅×全高3650×1665×1535(mm)。

以下、スイフトのスペックになります。

ボディタイプはハッチバック
最高出力馬力)は88~136。
最小回転半径は4.7。
JC08モード燃費26.4/L。
燃費を見る排気量(cc)は1242~1586。
乗車定員は5人。
全長×全幅×全高3850×1695×1510(mm)。

パッソとスイフト、真っ向勝負の結果は?

最大馬力はスイフトの圧倒的勝利。小回りはパッソの方が辛勝。燃費もわずかながらパッソの方が勝っています。車内の広さはスイフトの方が広々としています。

とはいえ、スペックに関してはそこまで大きな違いはないと言えます。決め手はスイフトに搭載されているデュアルジェットエンジン搭載モデルの燃費向上率です。これがスイフトにもたらす効果は絶大ゆえ、今後のマイナーチェンジなどにおける将来性なども含有して評価されるべきです。

スイフトとパッソ対決、結果は?

大きく使えてパワー重視ならスイフト。燃費重視で狭い道を走る事が多いならパッソといえる結果が出ました。

加えて、女性ならかわいいビジュアルにも気を配るパッソがおすすめといえます。転じて、愚直に「使い勝手」「乗りやすさ」「環境性能」を突き詰めたスイフトは男性向きとも見て取れます。

冒頭でもお伝えしたようにコンパクトカーは現在、人気というよりももはや「ないと生活できない」ほど、カーライフに密着した存在といえます。その中でも「パッソ」と「スイフト」は用途は勿論、好みや性別で大きく評価はわかれる事が比較によって判明しました。

ご家族の中で一番利用頻度が高い人が最終的に楽しく乗れること。これが一番重要です。

合わせて読みたいおすすめ参考記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.mazda.niko.ua

ukrterminal.kiev.ua