車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

新型?全く新しいデザイン!トヨタ アベンシスがビッグマイナーチェンジ!

トヨタから発売されています「アベンシス」。海外生産され、逆輸入車でもあります。ステーションワゴンとして人気が高いアベンシスが約6年ぶりにマイナーチェンジします。全く新しい顔になって生まれ変わった「新型アベンシス」のスペックを今回は紹介します。

トヨタ「アベンシス」とは?

トヨタから発売されています人気のステーションワゴンタイプの車「アベンシス」。最近ではSUVの波に押されがちのジャンルの車ですが、このアベンシスは今もなお人気の車として愛されています。

アベンシスは製造を欧州でしており、それを日本で販売している逆輸入タイプの車です。欧州スタイルで、洗練されつつ、躍動感あるボディデザイン、上質なインテリア、欧州の石畳等もなんなく走れるように設計もされていますので、優れた走行性もあります。

また、ステーションワゴンの魅力として、ラゲージスペースも大きく、ライフスタイルの広がりもこの車では実現可能です。

SUVとセダンタイプの中間!

SUVだと大きく値段も少し高い、セダンタイプだと少し狭くてアウトドア等には乗れない、そんな人にピッタリの車だと思います。アベンシスは街中でも山道でもスタイリッシュに走れ、機能、走行性も抜群。

まさに人々の様々なライフスタイルのアレンジを与えてくれる車なのです。

欧州のライフスタイルのワゴン文化は、車の使い勝手を重要視するうえで、余裕のクルージング・フレキシブルなカーゴスペースは生活の一部として付き合えることを重要視しています。

欧州車らしいクオリティの高さと、Euro NCAPで5つ星を獲得した安全性能、そしてキビキビとしたドライビング、レスポンスが早くてスムーズなアクセルやブレーキなど、安全性と操縦安定性がもたらすドライビングプレジャーを体験してみましょう。

ビッグマイナーチェンジをする「新型アベンシス」とは?

新型アベンシスの基本スペック

全長 4,820mm
全幅 1,810mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直列4気筒1986cc DOHC ガソリンエンジン
最高出力 152ps/6,200rpm
JC08モード燃費 14.6km/L    

全く新しい顔になったエクステリア

今回の新型アベンシスで、最も注目されているのは、大きく変わったエクステリアです。最近のトヨタはマイナーチェンジであれど、デザインを大きく変更している傾向にあります。

今回のアベンシスも、マイナーチェンジですが大きくデザインを変更しています。先ずは大きく変わったのは顔つきです。エンブレム回りに大きくV字でラインが入っている「キーンルック」、フロントグリルは大きな台形型の「アンダープライオリティ」というデザインを採用しています。

生まれ変わったアベンシスのエクステリア

以前より力強い顔に仕上がっています。以前はどちらかというと美しいデザインでしたが今回は、鋭さと力強さを強調した全く新しいアベンシスになりました。

またヘッドライトユニットを大型ブーメランタイプにし、大きな1灯タイプのプロジェクターレンズむき出しとなりヘッドライトレンズに沿ってLEDデイライトランプが施されています。

フロントノーズも先代よりアッパーな感じになっており、インパクトの強さを感じられます。日本車ではまず見られないエクステリアにアベンシスは生まれ変わりました。

現行T270型と比較

現行T270型と比較してみましょう。ノーズの先端がより突き出した印象でアッパーグリルにはエアーインテークが少ないのが分かります。またロアグリルが大きな口が開いているようなデザインが採用されています。

ライセンスプレート取り付け場所のバンパーがブラックカラーリングされています。そしてフォグライトのブラックカラーのガーニッシュがインパクト抜群です。

フロントマスクが新しく発売されるため、これまでとはまったく違う印象を与えます。

また、現在のトヨタのマイナーチェンジではスタイル変化が大きく、見る人によっては現行よりもイカツイ顔つきだと思う方がいるかもしれません。

現行モデルより少しイカツい顔立ちになっていますが、車体のラインは大きな変更点は見あたりません。やはり欧州での販売をメインにするだけあって、海外戦略を意識した大きめでシャープなデザインの車種となっています。

燃費も向上!

エンジンも注目の一つです。今回はBMW社製の1.6Lエンジン(D-4D)の期待はされていたのですが、日本での発売は無いようです。海外モデルでは販売されているようです。
これは次回のモデルチェンジに期待したい所です。

しかし、そのエンジン搭載は叶わなかったものの、直列4気筒1986cc DOHC ガソリンエンジンの搭載で、燃費は13.6km/Lから14.6km/Lへと向上しました。

これも大きなパワーアップといって良いでしょう。

CVT改良などによりJC08モード燃費が13.6km/Lから14.6km/Lへ向上しました。日本ではクリーンディーゼル車の知名度が高いですが、このBMW製の1.6Lエンジン(D-4D)モデルは市場で十分戦えると想定されています。

パワートレインでは、CVTの改良、G AI-SHIFT制御の装備が実装されます。そのためJC08モード燃費は現行13.6km/Lから新型14.6km/Lへ向上します。

トヨタ・セーフティ・センスCも標準搭載!安全性もバッチリ

新型アベンシスは安全性能もよりグレードアップしています。トヨタが誇る安全性能の最先端技術である「トヨタ・セーフティ・センスC」を標準装備しています。

これはレーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで前方を監視し、衝突の防止や軽減等をしてくれるものです。運転に不慣れな方でも、安心してこのアベンシスに乗れます。

また欧州で唯一されている、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムでは「新型アベンシス」に安全性能面で最高の5星を付けています。

低迷ぎみのステーションワゴン界に一石を投じる新型「アベンシス」!

日本での発売は10月5日に予定されていますので、もう間もなくです。BMW製のエンジン搭載は日本では叶いませんでしたが、これは次回に期待しましょう。

大きくデザインが変わった「アベンシス」。インパクトと力強さが加わり、走りもパワーアップし、安全性能もバッチリです。

より、人々のライフスタイルに刺激を与えてくれる車になったと言えるでしょう。皆さんも生まれ変わった「新型アベンシス」を是非体験してみてください。

アベンシスのようなステーションワゴン逆輸入車に関するおすすめ記事はこちら

トヨタの新型車に関するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

там ka4alka.com.ua

www.velotime.com.ua/category/velosipedy-fuji/

www.np.com.ua