車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

運転免許の自主返納とは?手続方法から様々な特典、メリットまで!

運転免許証の自主返納と運転経歴証明書の交付手続き方法を解説します。増加する高齢者の事故に対する措置として実施された自主返納制度は、返納後も地域ごとに高齢者の生活をサポートするさまざまな特典があります。

運転免許の自主返納とは

自主返納とは、運転免許証が不要になった方や、加齢にともなう身体機能の低下などのため、運転に不安を感じるようになった高齢ドライバーの方が自主的に運転免許証を返納することです。免許証を返納することで、車の運転ができない生活の不便を補うために、さまざまな特典が用意されています。

ただし、免許の失効や取り消しなどの行政処分を受けている状態は自主返納には該当しません。また、失効や取り消し処分を受けている場合は自主返納手続きをおこなうことができません。

自主返納で交付される「運転経歴証明書」

自主返納した場合には、運転免許証に代わる身分証明書として「運転経歴証明書」の発行を申請することができます。「運転経歴証明書」に有効期限はありませんので、運転免許証のように定期的な更新は必要ありません。

また、自主返納の特典を受ける際には「運転経歴証明書」の提示が求められるのが一般的ですので、自主返納と同時に申請手続きをおこなうのがよいでしょう。自主返納から5年をすぎると発行することができなくなるので注意が必要です。

2012年4月より以前に発行されたものは身分証として使うことができないため、新たに申請することをおすすめします。

一部返納の場合は「運転経歴証明書」を申請できない

「運転経歴証明書」の交付条件は、運転免許を取り消した場合のみです。トラクター(小型特殊自動車)や原動機付自転車しか運転しないといった場合に、普通免許や大型免許などの上位免許を返納し、小型特殊や原付免許などの下位免許を保有し続ける「一部返納」の場合は継続して運転免許証を保有することになるため、「運転経歴証明書」を申請することはできません。

運転免許証自主返納の手続方法

運転免許証の自主返納手続きは、管轄地域の警察署や運転免許センターでおこなうことができます。手続方法は、必要書類に記入して運転免許証を返納するだけです。その際に「運転経歴証明書」の申請手続きも同時におこなってしまうことをおすすめします。

原則として本人の申請が必要ですが、入院や施設への入所、自宅療養中などの場合は、電話もしくは委任状などで本人の意思確認ができる場合にのみ代理人により手続きをすることができます。ただし、代理申請の場合は「入院証明」「入所証明」「診断書」などの所在を証明する書類が必要です。

手続き場所

自主返納手続きは、お住まいの地域を管轄する警察署および運転免許センターで手続きをすることができます。また、地域によっては交番や駐在所で受け付けている場合もあります。

受付時間は、ほとんどの場所が平日のみの受付です。地域によっては土日も受付をおこなっている場所もあります。詳細はお住まいの地域の警察署ホームページで確認することができます。

必要なもの

運転免許を全部返納する場合

・返納する運転免許証
・運転免許取消・一部取消申請書(申請用紙は運転免許センター・警察署にあります)
・印鑑(地域によっては必要)

一部を返納する場合

・返納する運転免許証
・運転免許取消・一部取消申請書(申請用紙は運転免許センター・警察署にあります)
・免許更新手数料 2,050円(2種目以上は、1種目ごとにプラス200円)

運転経歴証明書の申請方法

返納した運転免許証の代わりとなる身分証明書であり、返納優遇を受けるために必要な運転経歴証明書です。返納手続きと同時に申請手続きを行ってしまうことをおすすめします。

運転免許の取得種目や取得日が記載された「運転免許経歴証明書」と名称が似ているので、必要書類の間違いに注意しましょう。

申請の条件

運転経歴証明書を申請できる条件は
・運転免許を返納してから5年以内であること
・運転免許の種目を問わず、全部取り消していること
・運転免許証の取消・停止・再試験の基準に該当しないこと

上記の条件に当てはまっていれば、年齢の制限はありません。

申請場所

運転経歴証明書の申請は、運転免許の自主返納と同じくお住まいの地域を管轄する警察署および運転免許センターで手続きをすることができます。

受付時間も同じく、地域によっては土日も受付をおこなっている場所もありますが、ほとんどの場所が平日のみの受付です。詳細はお住まいの地域の警察署ホームページで確認することができます。

必要なもの

・運転経歴証明書交付申請書(運転免許センター、警察署に置いてあります)
・マイナンバーが記載された住民票、または申請者の氏名・住所・生年月日を確認できる身分証明書
・印鑑
・申請用写真(縦3.0cm×横2.4cm、無帽・正面・上三分身・無背景。申請前6ヶ月以内に撮影したもの)
・交付手数料1,000円前後(地域による)

自主返納で受けられるメリットや特典

免許証の自主返納をすることで、自治体や企業が提供する、さまざまな特典を利用することができます。特典は、加盟している店舗によりさまざま。価格割引や無料配送サービス、金融機関の金利優遇や使わなくなった車の買い取り査定をプラスするなど多岐にわたります。

自主返納には年齢制限がありませんが、特典を受けられるのは原則として65歳以上の方が対象です。また、特定の地域に在住や年齢制限、事前申請が必要であったり、自主返納の返却から一定期間以内など細かな条件がある場合があります。

公共交通機関が割引になる地域が存在

もっとも代表的な特典には、公共交通機関の利用料金割引特典が挙げられます。車が運転できなくなることは住んでいる地域によっては死活問題。それを緩和するために、バスや電車などの公共交通機関の利用料金割引やタクシーの割引、回数券を支給する自治体があります。

東京都の免許返納特典

東京都で利用可能な特典の一部を紹介します。

・一般社団法人東京都個人タクシー協会
タクシー乗車料金10%割引

・日本通運株式会社首都圏支店
引越の通常料金の10%割引

・帝国ホテル東京
帝国ホテル直営レストラン・バー ラウンジにて10%割引

・三越伊勢丹
ご自宅への配送無料(一部除外あり)

・浅草ROXまつり湯
大人2,700円を1,350円(土・日・祝日・特定日は+324円)

・ジェフグルメカード
全国共通食事券1枚500円を485円で販売

・メガネスーパー
メガネ・コンタクトレンズ・補聴器15%割引

・クルマ買取JCM(ジェイシーエム)
無料で買取額を査定(無料出張査定あり)、自動車買取時に商品券1万円分をプレゼント

大阪府の免許返納特典

大阪府で利用可能な特典の一部を紹介します。

・通天閣
一般展望料金(大人)を100円割引

・大阪第一交通グループ
タクシー乗車運賃から10%割引

・セコム
ココセコム加入料金から1,000円割引
※本人1契約のみに限る

・北おおさか信用金庫
同居親族のマイカーローン21 金利0.5%優遇

・メガネ本舗
メガネ・補聴器を10%割引

・ハイシャル
普通車・軽自動車の廃車手続無料、普通車10,000円以上・軽自動車5,000円以上で買取

・大和屋
定食を100円割引

・串なえむら 京阪モール店
飲食代金から10%割引

ここで紹介した特典はほんの一部です。全国の自主返納サポート協議会に加盟する企業団体・自治体が免許返納へ積極的に取り組み、よりよい社会づくりに邁進しています。

地域ごとの、より詳細な自主返納の取り組みと、特典についての情報は下記リンクからアクセスすることができます。

運転免許証の自主返納のサポートサービスも登場!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

участники рынка ценных бумаг

продвижение сайтов по украине

http://progressive.com.kz/