免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

マリカーとは?「公道を走行するカート」の料金や店舗と事故から任天堂との裁判についても

マリカーの店舗一覧

「公道を走行するカート」レンタルショップは、都内に7店舗、横浜・大阪・沖縄に各1店舗の全10店舗を展開しています。

株式会社マリカーの店舗一覧(住所/電話番号)
東京都内品川東京都品川区北品川1-23-15+81-80-8899-8899
品川 #2東京都品川区東五反田3-16-46
秋葉原1号東京都千代田区外神田4-12-9
秋葉原2号東京都千代田区神田佐久間町4-16-7
渋谷東京都渋谷区円山町15-3
東京ベイBBQ東京都江東区新木場2-10-8
浅草東京都台東区西浅草3-25-31+81-3384-11860
横浜神奈川県横浜市中区長者町9-175+81-80-8899-8899
大阪大阪府福島区大開3-1-10 大開倉庫D号+81-6-6131-5117
沖縄沖縄県那覇市東町7-1+81-90-8888-4747

マリカーによる事故

事故 パトカー

©iStockphoto.com/ artolympic

東京観光の目玉として非常に注目を集めているマリカーですが、マリカー利用者の外国人観光客による、交通事故の多発も問題となっています。

警察庁によれば、2017年3月27日から2018年2月26日までの11カ月間で、「公道を走行するカート」による交通事故は50件発生。
そのうちの86%に相当する43件の事故が、外国人によるものだというのです。

直近では、2018年4月30日の午後7時半ごろ六本木の外苑東通りで、マリカーが歩道に乗り上げ、飲食店の看板を破壊する事故が発生しています。
この事故により、マリカーを運転していたシンガポール国籍の女性が軽傷を負いました。

外国人観光客は日本の交通ルールに不慣れな場合がほとんどですし、マリカー自体も公道上の走行には適さない車両であることから、このような事故が多発してしまうのでしょう。

マリカーは危険?今後の規制について

マリカーを含む「公道を走行するカート」による事故が多発していることを受け、規制を求める声も多くなりました。
2017年の12月5日にはその声にこたえる形で、国土交通省による規制強化(道路運送車両法に基づく安全基準の改正)が発表されています。
今後、マリカーもこの規制強化に応じていくことになると思われます。

カートは低い全高もSUVや大型車などから見えづらく、公道を走行する一般のドライバーにとっては、非常に危険で迷惑な存在となってしまいます。
公道走行においてはカートや一般のドライバーへの注意喚起だけでなく、カートならではの大きさやスピード、安全性なども考慮して、サービスを見直す必要があるでしょう。

カートに関する関連記事はこちら

  • 2
ry-diplomer.com/diplom-o-nepolnom-obrazovanii

tokyozakka.com.ua