免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

【ホンダ S800 総合情報】中古車選びの注意点やレストア専門店など

ホンダ S800 モデル紹介

ホンダ S800は、1966年1月に販売を開始し1970年5月に販売を終了しています。フルモデルチェンジはされず、1966年5月にマイナーチェンジのみを実施。また1968年5月には、S800の海外モデルとして販売していたモデルをモディファイした「S800M」が販売され、これらを合わせた総生産台数は11,406台でした。

ここでは「S800」と、モディファイ版となる「S800M」のモデル詳細を紹介します。

【初代】 ホンダ S800 (1966年1月~1968年)

ホンダ S800の特徴

ホンダ 水冷・直列4気筒DOHCエンジン

1966年1月、ホンダはS600の後継モデルとして、Sシリーズの集大成ともなる「S800」の販売を開始しました。

エンジンはこれまでのSシリーズ同様、水冷・直列4気筒DOHCに、気筒ごとのCVキャブを装備。排気量は791ccにパワーアップしながらも、車体重量は720kgとライトウェイトだったS800は、最高出力が70ps/8,000rpm、最高速度は160km/hを達成しました。

また外装では、ボンネット右側に設けられたパワーバルジ(膨らみ)が特徴的です。

このパワーバルジは、結局装備はされなかったものの、エンジンをキャブレター装備から最新式のインジェクション装備へ移行しようとして、それにあわせたボンネット形状になったという説や、デザイナーが外観上の特徴として考案・採用されたなど、諸説語られています。

ホンダ S800のラインナップにはクーペも有り

ホンダ S800クーペ

ホンダ S800は、2シーター・オープントップとなる「S800」と、2シーター・ハードトップとなる「S800 クーペ」がラインナップされています。ボディカラーは、S800にはSシリーズ伝統となる赤を基調とした「スカーレット」と、色鮮やかな「ゴールデンイエロー」の2色、S800クーペは「スカーレット」のみが用意されました。

内装での特徴としては、シンプルななかにもスポーツ感溢れる仕上がりで、大ぶりなタコメーターにスピードメータ、スリー・スポーク仕立てのステアリングホイール、体に馴染むセミバケットシートと、どれもがスポーツシリーズを象徴するスタイルです。

1966年5月にはマイナーチェンジが実施され、これにより従来のSシリーズで採用され続けたチェーンドライブを廃止し、新しくシャフトドライブが採用されることとなりました。

初代 S800・S800クーペのスペック

S800S800クーペ
発売日1966年5月マイナーチェンジ
1966年1月初代デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,335
全幅:1,400
全高:1,200
ホイールサイズ:2,000
全長:3,335
全幅:1,400
全高:1,195
ホイールサイズ:2,000
車両重量(kg)720735
乗車定員2
エンジン水冷・直列4気筒DOHC
最高出力-[70PS]/8,000rpm
最大トルク-[6.7kgf・m]/6,000rpm
トランスミッション4速MT
駆動方式FR
燃費-
燃料-
新車時車両価格653,000円-

【初代】 ホンダ S800M (1968年5月~1970年5月)

ホンダ S800Mの特徴

ホンダ S800M アイボリーホワイト

1968年5月、ホンダはそれまで海外向けに販売していたS800をベースに、モディファイ版となる「S800M」の販売を開始します。

S800Mは、国内初となる前輪ディスクブレーキが採用され、13インチとなるラジアルタイヤが装備されました。また外装での特徴として、ボディの前後4隅に付けられた「サイドマーカー」があげられるでしょう。

サイドマーカーとは、米国で義務付けられている前後フェンダーに取付けられる標識ランプのことで、s800Mが海外向けのs800をベースに製造された名残です。さらに安全装備として、フロントフェンダーにはターンシグナルランプ、快適装備としては、オートチューニングラジオやヒーターが装備されました。

ホンダ S800Mのラインナップはクーペが廃止

ホンダ S800M サイドマーカー

ホンダ S800Mのラインナップは、2シーター・オープントップとなるモデルのみとなり、ハードトップとなるクーペは廃止されました。

また、S800の開発の際、Sシリーズの始まりからエンジンの基本設計は変更せず、細かな更新や修正を加えることで、排気量を360から800ccにまでアップさせた経緯から、これ以上のストロークの伸長はピストンスピードの関係上不可能、ボア拡大も余地はない状態でした。

開発担当者が「これが限界!」という旨を本田総一郎氏に進言すると、氏が「わかった。わかった…」と答えたというエピソードが残っているそうです。

1970年5月、ライトウェイト・スポーツカーとして名声を誇った名車S800は、大気汚染を防止するために米国で制定されたマスキー法などの影響もあり、惜しくも販売を終了することとなりました。

初代 S800Mのスペック

発売日1968年5月初代デビュー
ボディサイズ(mm)全長:3,335
全幅:1,400
全高:1,215
ホイールサイズ:2,000
車両重量(kg)755
乗車定員2
エンジン水冷・直列4気筒DOHC
最高出力-[70PS]/8,000rpm
最大トルク-[6.7kgf・m]/6,000rpm
トランスミッション4速MT
駆動方式FR
燃費-
燃料-
新車時車両価格-

次のページ

  • 2

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
www.profvest.com/2018/03/bit-reliability-hyip-otzivi-obzor.html

np.com.ua/holodilnoe-oborudovanie/shkafy-xolodilnye-dlja-magazinov-i-supermarketov.html