車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【道の駅しもつけ(下野)総合情報】人気店で修業した店主のジェラート専門店や飲食施設も充実!

栃木県下野市にある「道の駅しもつけ」は、広大な敷地を持ち、さまざまな施設がある道の駅です。栃木ならではのグルメをはじめ、温水プールや入浴施設に展望所とさまざまなスポットがあり、楽しい時間を過ごせるでしょう。そんな「道の駅しもつけ」の施設やおすすめのグルメ、お土産に周辺の観光や温泉情報などをご紹介します。

「道の駅しもつけ」の特徴


出典:

栃木県下野市にある「道の駅しもつけ」。地元の採れたて野菜をはじめとするさまざまな食材やお土産、ずらりと並んだレストランなどを楽しめるスポットです。また、敷地内には温水プールや日帰り湯が楽しめる施設も。ドライブの休憩所としての利用やお土産処としての利用はもちろん、24時間使用できる駐車場もありますので、車中泊にも便利です。

この記事では「道の駅しもつけ」に立ち寄った際にはぜひ味わっておくべきグルメやおすすめのお土産、周辺情報などをご紹介します。

※この記事で記載する商品価格に消費税についての表記がないものは公式HPで記載がなく不明なものとなりますので現地で確認願います。

道の駅しもつけの営業時間・定休日・施設基本情報

名称道の駅しもつけ
(みちのえきしもつけ)
住所栃木県下野市薬師寺3720-1
電話番号0544-52-2230
営業時間・直売・物産:9:00~18:00
(夏季6月~8月は19:00まで)
・レストラン:11:00~19:00
・軽食コーナー:9:00~19:00
定休日第1・第3水曜日、1月1日~3日
駐車場・普通車:282台
・大型車:40台
・バリアフリー:3台
EV充電スタンド1基
温泉設備道の駅ふれあい館内に有

アクセス

「北関東道宇都宮上三川インターチェンジ」を降りて、国道新4号バイパスを車で約16分。

温泉にプールもあり!「道の駅しもつけ」の施設

「道の駅しもつけ」には、お土産処に直売所など以外にも、さまざまな楽しめる施設や便利な施設が完備されています。

日帰り湯も楽しめる!「ふれあい館」

-

「道の駅しもつけ」の敷地内にある「ふれあい館」は、一年中利用可能な温水プールをはじめ、日帰り入浴やゆったりとくつろげるリフレッシュルーム、トレーニングジムまで完備した複合施設。とくに日帰り湯は、運転で疲れた体を癒すのには最適。レストランでおいしいものを食べてお土産を買って、入浴施設でゆっくりと……。そんな贅沢な利用の仕方ができる施設です。

絶景が楽しめる「物見塔」

-

「道の駅しもつけ」の敷地内にある建物の中でも、ひときわ目立つのがこの「物見塔」。カラフルな塔の中には階段があり、その階段を使って展望台に上れば、筑波山や日光連山などを望むことができます。また、「物見塔」の周囲を回って降りることができる滑り台も設置されていますので、子どもにもおすすめのスポット。「道の駅しもつけ」に寄った際は、ぜひとも体験しておきたい施設のひとつです。

レストランにスイーツまで「お食事・フードコーナー」

-

「道の駅しもつけ」を代表するご当地グルメ「しもつけ丼」が食べられるレストランをはじめ、フードコートやスイーツなどの店舗まで、さまざまな下野のおいしいものが楽しめる施設が立ち並んでいます。

地元料理の「しもつけ丼」はマスト「道の駅しもつけ」のおすすめグルメ

「道の駅しもつけ」には、下野市をはじめとする栃木グルメを満喫できるお店がズラリ!そのなかでもとくにおすすめの料理をご紹介します。

レストラン「本気家源天」のご当地グルメ「しもつけ丼」

-

道の駅しもつけ内にある「本気家源天」の名物料理、「しもつけ丼」。地元下野市産の鶏肉をはじめ、お米や野菜など、下野市のおいしさが凝縮された丼料理です。栃木県内の一大グルメイベントである「とちぎ元気グルメまつり」で、グランプリを受賞したほどのおいしさ。価格は888円~1,080円で6種類の味から選べます。そのほかにも、全国の漁港から直送された新鮮な魚介類を使用した「海王丼(1,380円)」もおすすめです。

滑らかな舌触りがたまらない「伊澤いちご園のジェラート」

-

自家農園で採れたいちごをはじめ、厳選された旬の食材を使用したジェラートが楽しめる「GELATERIA伊澤いちご園」。那須の千本松牧場の牛乳をベースにした本格的な滑らかな舌触りのジェラート(380円)が自慢。月ごとに旬の素材を使ったフレーバーが登場するため、何度訪れても飽きません。ショーケースに並んださまざまなフレーバーのジェラートを選んでいるだけで、運転の疲れも吹き飛ぶことでしょう。

栃木限定ラテ「福吉らて」

-

「道の駅しもつけ」内にある「福吉カフェ」は、北海道の旭川市に本店を構える和カフェ。北海道産の牛乳と美瑛町産の「しゅまり小豆」を使ったつぶあん、宇治抹茶の組み合わせがたまらない「福吉らて」が人気のお店。栃木で北海道?と思う人もいるかもしれませんが、この道の駅しもつけ店には栃木県限定の「福吉らて・とちおとめ(440円:税込み)」があるのです。地元・栃酪乳業の「とちおとめイチゴミルク」を使った福吉らては、栃木でしか味わえない逸品です。

「道の駅しもつけ」のおすすめお土産・名産品

かんぴょう生産日本一の町「カンピくんのかんぴょうカレー」

-

栃木県下野市は、「かんぴょう」の生産が日本一の町。そんな下野市では、かんぴょうを使ったさまざまな製品が生まれています。そのうちのひとつが、この「カンピくんのかんぴょうカレー」。地元産のかんぴょうと、国産野菜、隠し味にはちみつを使用したまろやかながらスパイシーさも楽しめるカレーです。「道の駅しもつけ」のオリジナル商品のため、「道の駅しもつけ」のお土産としては最適です。
(価格は現地で確認してください。)

プレミア日本酒「獺祭」

-

知る人ぞ知る人気の日本酒のひとつが、この「獺祭」です。「獺祭」は山口県のお酒ですが、安倍総理がオバマ大統領に贈答したお酒としても、日本全国で有名なお酒。「道の駅しもつけ」でも、実はこの貴重な「獺祭」が販売されています。しかし、その人気から生産が追い付かず必ず店頭に並んでいるとは限らないプレミア日本酒。そんなことからも、「道の駅しもつけ」で見かけた際は買わないわけにはいきません。
(価格は現地で確認してください。)

とちおとめのおいしさをそのままに「ドライトチオトメ」

-

栃木県の代表的な果物と言えばいちごの「とちおとめ」。高い糖度とほどよい酸味の「とちおとめ」は、果汁もたっぷりで全国区の人気を誇ります。そのような下野市産の「とちおとめ」を使ってつくられたドライフルーツが、この「ドライトチオトメ」。そのまま食べてももちろんおいしいですし、紅茶やアイスクリームのトッピング、砕いてヨーグルトに入れてもおいしく食べられます。
(価格は現地で確認してください。)

「道の駅しもつけ」周辺の観光情報

・蔵の街(15.7km/30分)
・天平の丘公園(8.4km/17分)
・グリムの森「グリムの館」(9.0km/16分)

「道の駅しもつけ」の温泉情報

夕焼け温泉郷「馬頭温泉」

-

「馬頭温泉」は、「道の駅しもつけ」から車で約1時間ほどの場所にある温泉。那須川の清流近くにある温泉地で、「美人の湯」としても有名です。「馬頭温泉」の温泉の多くは西向きになっていて、日暮れになるときれいな夕日を眺めながら温泉に浸かれるため「夕焼け温泉郷」とも呼ばれているそう。周辺はおいしいそばが食べられるお店も多く点在しています。もちろん、日帰り湯も可能です。

「道の駅しもつけ」の口コミ評価

TwitterやInstagramを見てみますと、
「栃木県産のしもつけ鶏を使用したしもつけ丼がおいしかった」
「伊澤いちご園のジェラードが濃くておいしい」
など、とくにおいしいものを食べることができる道の駅として人気のようです。

休憩所や食事処、販売所だけでなく、温水プールや入浴施設、ジムなどが併設された道の駅しもつけは、半日遊べる道の駅と言っても過言ではないでしょう。また、おいしいものも多く、広々とした駐車場も使いやすいため、休憩所としても最適。ドライブの途中でゆっくりとくつろぐのにもおすすめです。

カー用品やドライブについてのおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

coop-menkyo.jp/recommend/

tattooing near me