車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

オープンSUV・SUVカブリオレってあるの?現行車から開発中まで全車種紹介

販売終了したSUVオープンカー

日産 ムラーノクロスカブリオレ

日産ムラーノ クロスカブリオレ

日産ムラーノ クロスカブリオレは、2代目ムラーノを2ドア化し、電動ソフトトップにした北米専用車で、日本では未発売です。

ベースのムラーノは、北米専売車として開発され、2002年に北米にて販売を開始しました。
ムラーノは、洗練された大型SUVとして日本での販売が望まれ、2004年から日本でも販売が開始され、その後世界中で販売される人気車種となりました。

日産ムラーノについてはこちら

スズキ ジムニーカブリオレ

スズキ ジムニー カブリオレ

スズキジムニー カブリオレは、欧州にて販売されたモデルで、日本国内では未販売のモデルです。

スズキジムニー カブリオレは、日本では3代目となるJB33/43モデルがベースとなり、スペインのサンタナ モーターで2009年まで生産されていました。

スズキ ジムニーについてはこちら

三菱 ジープ

三菱 ジープ

三菱 ジープは、1953年から三菱とウィリス・オーバーランド社との提携にてウィリス製部品を用いたコンプリートノックダウン方式で生産が始まり、1998年に生産終了が決定、2001年に在庫販売が終了した歴史のある四輪駆動車です。

三菱 ジープ誕生の目的は、米国政府が朝鮮戦争に使用するジープを安価に調達するために、本土ではなくアジアの補給基地となる日本で製造することでした。

1998年には「生産最終記念限定車」として300台が特別色「サンドベージュ」限定で生産されました。

三菱 ジープについてはこちら

ミニ モーク

ミニ モーク

ミニ モークは、1964年にアレック・イシゴニス氏がベースとなっているミニのエンジン・トランスミッションサスペンションを流用して設計し、BMCが製造・販売した多目的車です。
日本には1990年代に輸入・販売されていました。

2013年にモークインターナショナル社が再販すると話題になり、2017年には、モーク・アメリカ社が電気自動車としてミニ モークを復活させるというニュースがありましたが、両社はまったく関係のない別会社です。

ミニの歴史についてはこちら

SUVオープンカーの人気傾向は?

レンジローバー イヴォーク カブリオレ

SUVオープンカー」市場は、注目を集めているとは言え、発売しているメーカーも車種が少なく、これから大きくなる可能性もあるでしょう。
1人で街中をドライブするのではなく、みんなでルーフをたたんで山や海に遊びに行くことでオープンSUVの真価が発揮できます。

日本でも見かけることはほとんどなく、いま乗れば注目の的になることは間違いありません。普段使いができるけど、少し変わった車が欲しいという方におすすめのボディタイプです。

オープンカーに関するおすすめ情報はこちら

SUVに関するおすすめ情報はこちら

  • 2

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
www.designedby3d.com

Туринабол купить

swiss-apo.com