免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

ルーフボックスおすすめ人気ランキングTOP11!選び方のポイントも【2019年最新版】

ルーフに取り付けることで、車のラゲッジスペース容量以上の荷物を積むことができるようになるルーフボックスの2019年版最新のおすすめ人気ランキング!選び方のポイントや付けた際のデメリットについても解説します。

ルーフボックスとは?装着時に注意すべき点も!

ルーフボックスとは、車のルーフに取り付けて使う収納ケース。スキー板・スノーボード・サーフボード・アウトドアグッズなど、積み込むスペースに困るものも収納できるため、車内を広く使えてとても便利です。

ルーフボックスは一般的に、フット・フック・バーで構成された土台であるベースキャリアに取りつけるかたちで使用します。用途や積み込む荷物によりルーフボックスを取り替えるなどの使い分けも可能です。

ルーフボックスを取りつける際には高さ制限を超えないか、しっかりと固定されているかなどに注意が必要です。また、洗車機ではルーフボックスを付けたままでは使用不可ですので、取り外しましょう。

ルーフボックスの選び方

ルーフボックスを選ぶ時に基本となるのは、ご自分のベースキャリアに装着することができるかどうかです。まずはそこを確認しましょう。

適合することの確認が取れたら、何を収納したいのか・収納することが多いのかを考慮し、ルーフボックスの長さや大きさを決めていきます。大きいから選んだというのではなく、選ぶ際には車の大きさとのバランスも大切です。

また、ルーフボックスの開閉のしかた(片側開閉のみ・両開き可)や、鍵やロックが頑丈かどうか、耐久性のある素材であるかもチェックしたいポイントです。

ルーフボックスは見た目もクール。オールシーズンフル活用できるすぐれものと言えるでしょう。

ルーフボックスおすすめ人気ランキングTOP11

このおすすめ人気ランキングは、2019年5月時点のAmazon「車用ルーフボックス・ラックの売れ筋ランキング」を元に作成しています。

【第1位】カーメイト ルーフボックス

参考価格: ¥ 57,118
(2019年05月29日現在)

コンパクトカーから大型ミニバンまで、車種を選ばず着用可能な万能ルーフボックスです。スキー板で6~8セット、スノーボードなら4~5セット収納可能。ワンタッチバックルベルト固定で、万が一の荷物飛び出しにも安心です

【第2位】スーリー ルーフボックス

参考価格: ¥ 60,750
(2019年05月29日現在)

スーリーのチタンエアロスキン素材のルーフボックスです。価格は少し高めながら特許取得済みのトルクインジケーター内蔵で、素早く確実な取り付けが可能です。両側開閉可能で荷下ろしも簡単、中枢ロック機構付き!

【第3位】カーメイト ルーフボックス

参考価格: ¥ 69,231
(2019年05月29日現在)

アーチ型カットラインとサイドガーニッシュにクロームメッキを使用したスタイリッシュなルーフボックス。開閉は両開きで、新セーフティロックシステムでキーのかけ忘れも安心!取り付けはスイングクランプによりノブを回すのみの簡単な設計です。

【第4位】カーメイト ルーフボックス

参考価格: ¥ 39,537
(2019年05月29日現在)

スクエアタイプのベーシックキャリアに取り付け可能なルーフボックス。両開き開閉タイプでスキー板なら6~8セット、スノーボードなら4~6セット積載可能です。艶消しのマットブラックは見た目もクール!

【第5位】THULE ソフトルーフボックス

参考価格: ¥ 37,821
(2019年05月29日現在)

INNO(イノー)のスタイリッシュなルーフボックスは、見た目だけでなくSPMボトムにより高いボディ剛性を実現した製品。クイッククランプ採用で取り付けも簡単、取り付けスロットも長いため幅広い調整が可能です。

【第6位】テルッツオ ルーフボックス

参考価格: ¥ 81,000
(2019年05月29日現在)

テルッツォの容積可変型コンパクトタイプ ルーフボックスです。高さを5cm調整することで容積280から350リットルに増量可能。コンパクトながら約180センチのサーフボードも収納できて、ダブルセーフティ機構でセキュリティも万全です。

【第7位】カーメイト ルーフボックス

参考価格: ¥ 42,609
(2019年05月29日現在)

INNO(イノー)の容量300リットルのルーフボックスです。カバーは傷・焼けにつよい3層構造となり開閉は片側のみ、クイッククランプにより取り付けも簡単です。ボックスのカバーを閉めると自動的にロックされるため、キーのかけ忘れも安心!

【第8位】テルッツオ ルーフボックス

参考価格: ¥ 81,000
(2019年05月29日現在)

テルッツォのコンパクトタイプ 容積可変型となるお洒落なルーフボックスです。5cmの高さ調整で容量280リットルを350リットルまで拡大できます。180センチのサーフボードで1枚~2枚収納が可能となり、ルーフボックスは底部レールにより細かな位置調節も可能!

【第9位】テルッツオ ルーフボックス

参考価格: ¥ 58,000
(2019年05月29日現在)

収納容量570リットルとなるテルッツォ折りたたみ可能なルーフボックスです。使用しない場合には専用収納袋で保管も可能。組み立ても簡単で約5分で装着できます。荷物がなければ折りたたんだままの走行もOKです。

【第10位】テルッツオ ルーフボックス

参考価格: ¥ 32,500
(2019年05月29日現在)

容量270リットルのコンパクトタイプ テルッツォのルーフボックス。艶のあるカラーリングは見た目もお洒落。完全にカバーが閉まらなければキーがかからず、ロックしなければキーが抜けないダブルセーフティ機構付きです。

【第11位】テルッツオ ルーフボックス

参考価格: ¥ 72,000
(2019年05月29日現在)

容量300リットルのINNO(イノー)のルーフボックスです。エアロバー・スクエアバー両方に装着可能で、クイッククランプ採用で取り付けも超簡単。ボディ取り付けスロットは前後に長く、ボックス位置を細かく調整することが可能です。

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部|おすすめカー用品チームこの執筆者の詳細プロフィール

今、おすすめのカー用品、注目のカー用品にスポットライトを当てて特集した記事の制作を担当しています!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://ford.niko.ua

www.np.com.ua