車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【デロリアン DMC-12総合情報】バックトゥザフューチャーに登場!中古車価格や新型についても

1985年に大ヒットした『バックトゥザフューチャー』。劇中であのデロリアンDMC-12が猛スピードで時空に消えてゆくシーンが印象的です。実際に販売されたデロリアン DMC-12とはどのような車だったのか?デロリアンの中古車、新車情報までを紹介します。

デロリアンとは?

デロリアンDMC-12

デロリアン DMC-12は、1981年に生産開始されたデロリアン・モータース・カンパニーの自動車です。一般的には「デロリアン」と呼ばれています。

DMC-12は、デロリアンの唯一のモデルで高額の割には平凡なスペック、むしろ非力とさえ呼ばれたスポーツカーで、デビュー当時販売は思わしくありませんでした。
その後、1985年に公開され大ヒットした『バックトゥザフューチャー』という映画に登場し一躍有名となりました。

この「デロリアン DMC-12」の外装や内デザインと中古車価格から、新車購入可否までを紹介します。

GMの副社長が設立したデロリアン・モーター・カンパニー

デロリアン・モーター・カンパニーは1975年に当時ゼネラルモーターズの副社長を務めていたジョン・Z・デロリアンが理想の車を求めて辞職して創設された自動車メーカーです。その第1号モデルがデロリアン DMC-12 でしたが、価格が高過ぎたことや、本人のスキャンダルなどから、経営が破綻し1982年に倒産、たった1モデルで終わったメーカーとなりました。

「バックトゥザフューチャー」で一躍有名に

映画に登場するデロリアン

デロリアンDMC-12を一躍、”かっこいいタイムマシン”として有名にしたのはアメリカの人気映画監督スティーブン・スピルバーグです。SF映画『バックトゥザフューチャー』は全世界で一大ブームを巻き起こしました。(この映画では、スピルバーグは総指揮、監督はロバート・ゼメキス)マイケル・J・フォックスの人気が不動のものとなると同時に、デロリアン DMC-12の人気も不動なものとなりました。

バックトゥザフューチャーは、全3作が公開され、どの作品にもデロリアン DMC-12が登場しています。

しかしながら、デロリアン DMC-12が世界的に知られるきっかけとなったのが、発売から4年も後のことでした。

無塗装・むき出しのステンレスボディとガルウィングドア

デロリアン DMC-12の外装デザインは、まるでキッチンのシンクのようなむき出しのステンレスが最大の特徴です。それも無塗装のステンレス。ボディカラーは「ステンレス・シルバー」の一色のみです。カラーバリエーションというものがありません。

完全横開きのガルウィングドア

デロリアン

©井上大

狭い駐車場では車の出入りは困難を極めること必死の「ガルウィング・ドア」もデロリアン DMC-12の特徴です。

デザインは、無数の名車をデザインした「ジウジアーロ」です。

外装に対して至ってシンプルな内装デザイン

デロリアンの内装は当然ながら、映画仕様のデロリアンのような当時の近未来的なものではありません。1980年代前半の至ってシンプルなライトグレー基調の内張り、シート、樹脂製ダッシュボードとなっています。今の車のようにたくさんスイッチやボタンもありません。

バックトゥザフューチャー仕様に改造する人多し

バックトゥザフューチャー仕様デロリアンのリアビュー

デロリアンDMC-12=バックトゥザフューチャーのタイムマシーンとなってしまっていることから、多くのオーナーが映画に登場したのと同じようにカスタマイズしています。

バックトゥザフューチャー仕様にカスタムされた内装

コンソールに「タイムサーキット」

フラックス・キャパシター(次元転移装置)

購入後、多くの人が『バックトゥザフューチャー』仕様にDIYしています。

デロリアンDMC-12のミニカーとプラモデル

デロリアンのミニカーは各社から発売されていますが、ほとんどが『バックトゥザフューチャー・シリーズ』のバージョンです。やはりデロリアンという車そのものよりも、大ヒット映画のタイムマシンという位置づけでの商品化となっています。

こちらはトミカの『バックトゥザフューチャーPART3』バージョンのデロリアン、過去の世界で調達したホワイトリングのタイヤがいい味出してます。

参考価格: ¥ 466
(2019年05月29日現在)

『バックトゥザフューチャーPART2』で登場する2015年の未来で改造を受けたバージョン、タイヤが下向きになる飛行モジュールのギミックを再現!

在庫情報無し
(2019年05月29日現在)

デロリアン DMC-12のプラモデル

画像は劇中のデロリアン

デロリアンのプラモデルに関しても、ミニカーと同じく、『バックトゥザフューチャー』の人気メカとしての商品となっています。日本の老舗模型会社、青島文化教材社(アオシマ)から様々なサイズ、バージョンが出ていますので、思い入れや制作過程、完成度など何を重視するかによって選択が変わってきます。

『バックトゥザフューチャー』第1作のデロリアン、ドア、ボンネット開閉なし、マーティ、ドクも付いていない、とてもシンプルなプラモデル。

参考価格: ¥ 2,593
(2019年05月29日現在)

こちらは1/24、スーパーディテールと言うだけあって、室内、エンジンルーム、タイヤのギミックなど作り甲斐のある製品です。当然、見た目の完成度も高いものになっています。

参考価格: ¥ 12,900
(2019年05月29日現在)

新型デロリアン DMC-12が新車で購入可能か!

画像はDMC-12

当時のデロリアンは倒産、2017年にスティーブン・ウィンが倒産後のデロリアンの設備一式を取得、再販売するというニュースがありました。エンジンは現在の法規制に従うため異なるものを搭載、それ以外の内外装はすべて当時のままでの復活、車両価格は10万ドル(ざっと1,100万円ほど)、300台の限定販売とのことでした。現在、販売が継続中なのか、完売なのかの情報はありません。

また、DMC−12はEV化され発売される模様です。日本国内では、「株式会社デロリアン・モーター・カンパニー」がデロリアン DMC-12のEV版「DMCEV」を予約受注しています。

240ボルトで3.5時間でフル充電し、航続距離は160キロ以上、最高速度は時速約200キロ、最高出力は260馬力、価格は2,680万円となっています。

これを「新型」と呼ぶのは正しくないかもしれませんが、新型デロリアンを新車で購入可能です。

デロリアン DMCの中古車価格は?

最新「デロリアン」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

デロリアンDMC-12は希少なモデルです。このため、中古車価格も高止まりとなっています。

デロリアン DMC−12は、しみけんの愛車だった!

実際のしみけんさんのデロリアン

© WildWestAdz

大人気AV男優、しみけんさんの愛車遍歴をWildWestAdzが取材したところ、デロリアン DMC-12にも乗っていました。詳しくは下記の記事をご覧ください。

デロリアン DMC-12についての関連記事

こちらもおすすめなWildWestAdzで人気の記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.apach.com.ua/shop/category/teplovoe-oborudovanie/plity-elektricheskie-induktsionnye

www.np.com.ua

алиэкспресс часы настенные