免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

【シボレー シルバラード総合情報】中古車価格や燃費は?本格ピックアップトラックの魅力

本格ピックアップトラックのシボレー シルバラード。歴代モデルや中古車価格、燃費など、魅力を徹底解説します。一際幅広い車内に、目線の高い運転席。底知れぬ馬力と、お腹の底に響くような重厚なエンジン音。アメリカントラックの魅力と醍醐味とは?

シボレー シルバラードとはどんな車?

シボレーシルバラードとは1999年に登場した、フルサイズのアメリカン・ピックアップトラックです。1960年代に発売された「シボレーC/K」の後継車種にあたります。

日本ではピックアップトラックは、あまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカではとてもポピュラーな存在。フォードのFシリーズと並ぶ、全米で2位の販売数を誇る人気車種です。

シボレー Cシリーズについてはこちら

初代シルバラード(1999~2007年)

初代シルバラードは、前任のC/Kシリーズよりやや丸みを帯びたデザインになって登場しました。デザイン的には丸くなったものの、荷物や資材を運び、トレーラーを牽引するといった、ピックアップトラックとしての本来の役割には変わりはありません。

ボディタイプは2ドアと4ドア。エンジンはV6の4.3LからV8の6.0Lまで。2001年モデルからは、ヘビーデューティーという大型シリーズも導入され、最大で8.1Lのものまでありました。

初代シルバラードのスペック

全長全幅全高
5,7811,9941,808
ホイールベース車両重量乗車定員
3,6452,1625
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

2代目シルバラード(2007~2014年)

2007年に発売になった2代目シルバラードは、丸みを帯びた先代のルックスから、ややクラシカルな角ばった印象にシフトチェンジ。2007年度の販売台数ではライバルのフォードFシリーズを上回り、全米ナンバーワンを獲得。同年のカー・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。

もっとも小型のエンジンのV6 4.3Lでも300馬力を誇るパワフルさが魅力。ヘビーデューティーシリーズでは、V8 6.6Lのものもラインナップされました。

2代目シルバラードのスペック

全長全幅全高
5,8402,0301,880
ホイールベース車両重量乗車定員
3,6402,3706
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

3代目シルバラード(2014~2018年)

3代目モデルとなるシルバラードは、初代登場から数えて15年目の2014年に発売になりました。
フロントのルックスは少しいかつい感じになりましたが、その代わり性能はエコにシフトしています。重量が300kgほど軽くなり、トランスミッションは6速ATが標準に。エンジンはV6・4.3LからV8・5.3Lまでのラインナップとなっています。

3代目シルバラードのスペック

全長全幅全高
5,2212,0321,880
ホイールベース車両重量乗車定員
3,0232,0516
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

4代目シルバラード(2018年~)

先代のモデルチェンジから5年、初代モデルから20年目にして、4代目のシルバラードがいよいよ2018年秋から発売になります。

ボディサイズ

全長全幅全高
5,8852,0621,920
ホイールベース車両重量乗車定員
3,7442,1296
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ただでさえ巨大なシルバラードですが、新型になってさらに一回り大きくなりました。ホイールベースで70cm、全長でも60cmほど大きくなっていて、ライバルのフォード F150に比べても、少し大きめになっています。積載容量でも、若干上回っている点も魅力です。

エンジンスペック・パワートレイン

エンジン種類V8OHV
排気量5.3L
最高出力265[355]/5,600
最大トルク518[52.95]/4,100
トランスミッション6AT
駆動方式4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

同じくV8 5.3Lのエンジンのモデルで先代と比較してみると、馬力にして60もパワーアップ。またトランスミッションでは、モデルによっては10段ATも導入されているものあるので、より力強くて効率的な運転が楽しめるようになったと言えるでしょう。

カタログ燃費

現地のカタログ上の燃費は、街中で15MPG、ハイウェイで22MPGとなっています。
MPGは1ガロンあたり、何マイル走るのかを表したもの。日本のリッター・キロ表示に変換すると、街中で6.4km/L、ハイウェイで9.4km/Lとなります。

グレード構成と新車車両価格

新型シルバードのグレード構成は、レギュラーシリーズであるシルバード1500に加え、ヘビーデューティーシリーズの2500HD、3500HDが揃いました。
価格は38,563ドルから70,895ドルまで。1ドル110円とすると、日本円にして約424万円~780万円ほどになります。

次のページ

  • 1

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://chemtest.com.ua/

У нашей организации нужный сайт , он рассказывает про энимал пак купиить.