免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

ひき逃げ事故は絶対逃げ切れない!ほぼ捕まる検挙率や逮捕後の刑罰から死亡事故の罪の重さなど

ひき逃げではない交通事故での処分、刑罰と比較

万が一、交通事故を起こしてしまった場合、善良な運転者の対処を正しく行ったときの処分、刑罰は次のようになっています。

一般違反行為での人身事故のときの点数一覧表

脇見運転や運転操作ミス、前方不注意など「安全運転義務違反」での交通事故は、飲酒運転や過度なスピード違反、ひき逃げなどの危険運転、悪質な運転以外の一般違反行為に分類されています。

事故の状況一方的に加害者となった場合相手にも非がある場合
死亡20点13点
重症後遺障害あり13点9点
全治3ヶ月以上13点9点
全治30日以上3ヶ月以下 9点6点
軽症全治15日以上30日未満6点4点
全治15日未満3点2点
建造物の損壊あり3点2点

人身事故の刑事処分一覧表

事故の状況刑罰
死亡懲役7年以下
もしくは禁錮刑
重症後遺障害あり懲役7年以下
もしくは禁錮刑
もしくは罰金50万
全治3ヶ月以上
全治30日以上3ヶ月以下 罰金30万〜50万円
軽症全治15日以上30日未満罰金15万〜30万円
全治15日未満罰金15万〜30万円
建造物の損壊あり罰金10万〜15万円

ひき逃げでの交通事故と比較すると刑罰、処分内容が重くなっていることは明白ですね。

交通事故の違反点数、罰金などについて詳しくは下記のまとめ記事をご覧ください。

ひき逃げで死亡事故は実刑判決!執行猶予なし!

交通事故はあってはならないですが、残念ながら絶対に無くすことができません。もし、事故を起こしたのであれば被害者の救済が何よりも優先されなければなりません。

法律はこの点を厳しく定めています。
通常の交通事故で被害者が死亡した場合は「過失運転致死傷罪」となり罰金と執行猶予付きの懲役刑となることが大半ですが、ひき逃げや飲酒運転の場合は執行猶予が付かないことがほとんどです。

ひき逃げは絶対ダメ!けが人の救護を再優先に!

一般の事故に比べて非常に重たい「犯罪」であるひき逃げ。万が一、事故を起こしたら、真っ先にけが人の救護をしましょう。(警察に電話するより先にケガ人の救護、さらなる被害拡大防止が先です)

もちろん、ひき逃げ以前の問題として事故は起こさないに越したことはありません。くれぐれも事故のないよう安全運転でカーライフをお楽しみください!

事故や交通法について知りたい方はこちら!

  • 2

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

cialis-viagra.com.ua/

make-up.kiev.ua/tatyash.html