免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

【秋川渓谷 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】猪豚のほうとうで体も心も暖まる

東京都あきる野市にある秋川渓谷は、都内にいながら大自然が満喫できる人気の高い紅葉の名所です。例年、紅葉シーズンには多くの観光客が訪れ、紅葉狩りで賑わいます。秋川渓谷の紅葉狩りの基本情報や渋滞情報、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「秋川渓谷」紅葉狩りの見頃の時期は11月中旬~12月上旬

秋川渓谷の紅葉は11月上旬ごろから色づきはじめ、例年11月中旬~12月上旬に見頃を迎えます。あきる野市網代の山田大橋付近から、檜原村の北秋川・南秋川までに至る秋川渓谷の一帯が、約1ヶ月をかけて色づいてく様子は見応えがあります。

檜原街道に広がる紅葉は美しく、ドライブはもちろんハイキングコースの紅葉狩りもおすすめです。夏はキャンプやバーベキュー、釣り、川遊びなどのアクティビティも楽しめるスポットです。

秋川渓谷に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

秋川渓谷を彩る紅葉

-

紅葉する木々の合間を縫うように走る、清涼な秋川渓谷の流れ。都心の喧噪から離れ、マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュできます。ドライブの途中、車を降りて散策するのもおすすめです。

道すがら紅葉が楽しめる檜原街道

-

秋川渓谷に架かる檜原街道の橋梁、新矢柄橋。大自然の風景のなかに、近代的なアーチ型の橋が見事に融合しています。秋川に沿うように走る檜原街道では、道すがら色とりどりの紅葉を見ることができます。

秋川渓谷を散策するハイキングコース

-

秋川渓谷には、武蔵五日市駅から瀬音の湯まで歩く1時間30分程度のハイキングコースがあります。鮮やかに色づく紅葉を間近に見ることができ、車窓から見る紅葉とは異なる風景が楽しめます。

本格的にハイキングを楽しむなら、武蔵五日市駅前の大型コインパーキングに停めて歩くのがおすすめです。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称 秋川渓谷(あきがわけいこく)
色づき初めの時期 11月上旬
見頃の時期 11月中旬~12月上旬
紅葉する木の種類 ケヤキ、イチョウ、コナラ、モミジ
住所 東京都あきる野市戸倉
電話番号 042-596-0514(あきる野市観光協会)
営業時間 24時間
料金 無料
駐車場 20台 無料(秩父多摩国立公園十里木駐車場)
周辺に有料駐車場あり(駐車後24時間 600円)

アクセス

首都圏中央連絡自動車道あきる野ICから約30分(11km)、または中央自動車道八王子ICから約40分(19km)ほどで秋川渓谷付近の国立公園十里木駐車場に到着します。

カーナビに住所を入力すると正しい目的地設定ができない場合があるため、施設名称検索で「秩父多摩国立公園十里木駐車場」と入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていました。一方で秋川沿いの河川敷は、ほぼバーベキュー場やキャンプ場になっているため、渓谷に下りるには料金が発生するというコメントも見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「紅葉の時期は写真映えするのでおススメのスポット」
「本当に東京なのかと思うような景色」
「場所によって紅葉の色が違う」
「紅葉の時期はどこも綺麗で渓谷とあいまって絵になる場所が多い」
「渓谷というにはバーベキュー場が多すぎる」

おすすめグルメ・特産品情報

「手打ちそば 深山」

-

「手打ちそば 深山」では、檜原村の大自然から生まれた清水で打つ、本格的な手打ちそばが味わえます。鳥南汁そばやもりそばをはじめ、あぐーおまかせ膳やもりおまかせ膳ががあります。舞茸の香りがただよう舞茸釜炊きご飯も人気です。

「手作り檜原とうふ ちとせ屋」

-

卯の花おからドーナツが人気の「手作り檜原とうふ ちとせ屋」は、払沢の滝を入る手前にあります。檜原の源流水と北海道の高級大豆、赤穂の天然にがりから作られる本格的な手作り豆腐が美味しいと評判を呼んでいます。濃厚な豆腐ミルクアイスもおすすめです。

「五日市ほうとう佐五兵衛」

-

「五日市ほうとう佐五兵衛」では、16世紀の食文化を再現した五日市ほうとうが味わえます。五日市ほうとうをはじめ、23種類のほうとうメニューがあり、すべてに猪豚を使っています。晩秋の紅葉狩りには、体が温まるほうとうがおすすめです。

次のページ

  • 1

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.rikon-ya.com

www.etalon.com.ua/kofe