車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

カーリースとは?どんな人におすすめ?新車/中古車 自動車リースのメリット・デメリットを解説

車を借りる手段として、「レンタカー」と「カーリース」が存在しますが、カーリースは個人向けとしてはあまり普及していません。本記事では、カーリースの定義や基本的な仕組み、メリット・デメリットを解説し、「どんな人におすすめなのか?」という疑問を解決していきます。

カーリースとは?

カーリースとは、毎月一定の金額を支払うことで、自動車を契約期間の間"リース(貸出)"してもらうサービスです。ローンとは異なり、カーリースは支払う月額の中に税金が含まれます。リース会社や契約プランによってはメンテナンス費用も含めて月額料金とする場合も。また、短期的な利用を主な目的としたレンタカーとは異なり、リースは計画的・継続的に利用する目的に適っています。

レンタカーやローンに比べると普及率はまだまだ低いとされるカーリースの中でも、「個人または個人事業主向け」のものについて、メリットやデメリットを踏まえて詳しく解説していきます。

カーリースは「長期レンタカー」に近い

カーリースは、車を貸出してもらう性質がある以上、レンタカーと混同しがちですが、その契約期間は基本的に「月〜年単位」で設定されることが一般的です。

レンタカーを「ホテルに何泊か宿泊する」ことと例えれば、カーリースは「賃貸借契約を結んで長期間物件に住む」ことと置き換えるとわかりやすいです。要するに、単純に「借りる期間」にスポットを当てると、カーリースは「長期レンタカー」に近いものがあるのです。

新車も中古車もリースできる

カーリース会社が購入するのは新車のみですが、同時にレンタカーや新車リースの返却車両を在庫として持っており、これを中古車リースとして貸し出すサービスも主流といえるほど出回っています。

中古車リースの場合は、新車購入のコストがかからないため、利用者に対するサービス提供料金が非常に安く設定されるメリットがあります。

カーリースのメリット

納車時に大きなお金を用意しなくてよい

カーリースのメリットの1つは、初期費用が"ほとんどかからない"という点です。

普通に車を購入すると、自動車税や手数料、頭金など、金額の大きい初期費用がのしかかりますが、カーリースの場合は、リース料金に税金や維持費が全て含まれているため、乗り出しは実質0円で新車を利用することができます。

自分では税金や強制保険料、車検費用などを払う必要がない

上記解説と関連しますが、カーリースの契約料には税金や強制保険料、車検代(+リース会社やプランによってはメンテナンス費用も)がすべて含まれた金額が設定されているため、自分で把握するにはわずらわしい費用の数々を払う必要がありません。月々の定額料金を支払うだけで済むので、この簡易さこそがカーリース最大のメリットといえるでしょう。

ローンと比較すると契約時の審査が通りやすい

カーリースは貸借契約なので、キャッシングローンや融資を受ける前と同様に、契約前に審査があります。

自動車ローンは全額に対して借入審査が必要となりますが、"残価設定あり"のカーリースの場合は契約時の車両本体価格から、リース終了時の予定残価(≒下取り価格)を差し引いた価格が審査対象になるため、ローンと比較するとカーリースの方が審査が通りやすいのです。
※残価設定なしのカーリース契約もあります。

次のページ

  • 1

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

progressive.ua

thailand-option.com/option-226-711-65/

https://thailand-option.com/tag/iq-option/