免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

免許の取得日を確認する方法とは?交付日との違いについても

運転免許には「取得日」と「交付日」が記載されています。履歴書や保険契約書類などに記載するのは「取得日」。運転免許の取得日を確認する方法と、交付日との違いを解説します。

免許の取得日とは?

各運転免許資格を初めて取得した日が「取得日」です。履歴書や保険契約書類に記載する日付は取得日を記載します。「交付日」と間違われることが多いので注意しましょう。

交付日とは何が違う?

運転免許証の「交付日」とは、現在の免許証が発行された日のことです。

免許の更新発行をした日や、新たに運転免許資格を取得して免許が更新発行された日が交付日になります。つまり、免許取得から最初の免許更新までの期間は交付日と取得日が同じ日付になります。

免許の取得日を確認する方法

免許の取得日の確認方法は、大きく分けて2通りの方法があります。免許証に記載された取得日を読み取る方法と、運転免許経歴証明書を発行してもらう方法です。

保有する運転免許資格が一種類なら、免許証から取得日を読み取る方法は簡単です。しかし、複数の種類の免許資格を持っている場合、免許証1枚に記載できる情報は限られるため、それぞれの取得日を確認するのは非常に困難になります。

最初の取得年数だけを確認する方法

複数の運転免許資格を持っていても、最初の取得年数だけは12桁の免許番号から確認することができます。免許証番号の上3、4桁目が西暦の下二桁を表しています。例として平成12年(西暦2000年)に取得した場合の免許番号は「00」で、昭和60年(西暦1985年)に取得した場合は「85」です。

それぞれの取得年月日を確認する方法

複数の運転免許資格を持っている場合は、取得日を免許証左下の3行の日付欄から確認することが可能です。

「二・小・原」は「二輪車・小型特殊・電動機付自転車」、「他」は普通免許を含むその他の第一種免許、「二種」は「二種免許」の略称であり、併記された年月日はそれらのいずれかの最終取得日を表します。

例えば、普通免許を持っている人が新たに大型免許を取得した場合、左下の「他」の年月日は大型免許を取得した日付に上書きされてしまい、普通免許の取得日は確認することができなくなります。

運転免許経歴証明書を発行しても確認できる情報は変わらない

取得免許の履歴を確認できる書類が「運転免許経歴証明書」です。「運転免許経歴証明書」は、地域を管轄する運転免許試験場や運転免許センターなどで、申込用紙に必要事項を記入し、手数料630円を添えて申請することで発行してもらうことができます。

しかし、履歴書や経歴書に免許履歴を記載する際は、下位免許を省略するのが通例です。例えば大型免許を保持している場合は、下位免許である普通免許を省略して大型免許のみを記載するのが一般的であるため、免許証には既に必要な情報が記載されているということです。

免許証の読み方さえ知っていれば、よほど多くの免許資格をもっている場合でない限り、困ることはないでしょう。

運転免許に関する記事はこちら

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

トピックの詳細

profvest.com

gepatite.com