車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【自動車の歴史】三菱自動車の歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

電気自動車のパイオニア

1966年、まだ三菱自動車ではなく三菱重工だった時代から電気自動車の開発をスタートしていました。
それから90年代前半までは、主に電力会社向けとして発電所や営業での使用を目的とした車両を開発していました。

1995年には社内で初めてリチウムイオン電池を積んだEVである「三菱HEV」が発表されました。
この「三菱HEV」こそが、最初はEVとしてバッテリーで走り、バッテリーがなくなるとエンジンで発電機を回して走るという後のプラグインハイブリッドシステムの先駆となりました。

そして、業界でいち早く市販化に成功したのが、「アイ・ミーブ」です。
最近では軽トラックのEVも販売されています。

アイ・ミーブ

ミーブトラック

三菱自動車の過去の名車たち

1960年:「三菱・500」

三菱自動車の前身、三菱重工業の戦後初の自社製作乗用車として発売されました。
この車が三菱オリジナルの初めての乗用車です。

1970年:「ギャランGTO-MR」

三菱自動車工業が製造・販売していたファストバックスタイルの2ドアハードトップクーペです。
コルトギャランの基本設計を流用していて、ドアパネルもコルトギャラン 2ドアハードトップと共通のものになっています。

1992~2015年:「ランサーエボリューション」

惜しまれつつも2015年、最終モデルのファイナルエディションが生産を終えたランエボ。
世界的にも非常に人気のある名車です。

「ランサ―エボリューションの歴史は
 三菱自動車が追求してきた走りの歴史、そのものだった」

復活の日を願いましょう!

三菱自動車はいかがでしたか?

いかがでしたでしょうか?三菱自動車について少し理解が深まりましたね!

今回ご紹介したのは三菱自動車のほんの一部分です。
興味を持たれた方はぜひご自身で更に調べてみてください!直接ショールームに行くのもおすすめです!

  • 2
https://www.babyforyou.org

заказать воду белая церковь

www.progressive.ua