免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

トヨタスポーツ800(ヨタハチ)の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

ヨタハチの愛称で親しまれている、「トヨタスポーツ800」です。そこで今回は、トヨタのスポーツカーのベース車両ではないかと話題に上がる事が多い車の歴史と現在の中古車価格についてまとめたので紹介します。懐かしのヨタハチの歴史について振り返って行きましょう。

トヨタスポーツ800(通称ヨタハチ)とは?

トヨタが、1964年~1969年にかけて製造、販売していた小型のスポーツカーです。可愛らしい見た目や、小型ながら高性能であったことから、「ヨタハチ」の愛称で親しまれています。

当時(1965年)は59.5万円で販売されましたが、総生産数は3,131台と当時の情勢と相まってあまり売れ行きは良くなかったようです。

しかし、水冷2気筒エンジンが奏でるバタバタバタといったエンジン音は懐かしい人もいるはずです。

トヨタスポーツ800(ヨタハチ)の開発の歴史

原型と言われているのは、「トヨタ パブリカ」という車です。1962年よりトヨタ自動車の関連会社である関東自動車工業にて開発がスタートしました。

元々は、パブリカスポーツという名称で開発が進められていて、パブリカのエンジンとシャシーを流用して開発される予定でしたが、実際にはシャシーは共通、エンジンはパワー不足を補うために約100ccの排気量アップとツインキャブレター化により28馬力から45馬力へとパワーアップし販売されました。

開発主査は長谷川龍雄氏

また、トヨタスポーツ800の開発主査は、元々戦闘機の開発に携わっていた長谷川龍雄氏であり、不足するエンジンパワーを補うために徹底的な軽量化やボディデザインも航空機技術を応用した空気抵抗を徹底的に抑える形となっています。

また、試作段階ではドアの代わりにキャノピー型を検討していたそうです。(実用面や安全面の懸念から不採用になりました。)

洗練されたトヨタスポーツ800(ヨタハチ)の量産デザインを見てみよう

可愛らしいフロントマスクに、空気抵抗を極限まで減らした戦闘機の様な丸い車体です。そして、リアのデザインも現代でも通用しそうなほど洗練されています。

屋根はキャノピー式から着脱式(タルガトップ)へと変更されました。また、メーター周りは途中から光の反射を抑えるために、黒色へ変更されています。

スペック

1965年~1969年に販売された2名乗りの2ドアクーペ/タルガトップ車です。

エンジン:2U型 790cc 空冷水平対向2気筒OHV
最高出力:45PS /5,400rpm
最大トルク:6.8kgf・m /3,800rpm
変速機:4MT
駆動方式:FR
サイズ:全長3,580×全幅1,465×全高1,175mm
前輪軸と後輪軸との距離:2,000mm
車両重量:580kg
ブレーキ:前/後ドラム
最高速度:155km/h

特徴は?

ヨタハチの特徴は、トヨタでは3台しかない空冷水平対向2気筒エンジンである事です。そのため、エンジン音は「バタバタバタ」と昔のポルシェのような音を奏でていました。

そして、レース活動においてはライバルであるホンダ・S660にエンジンパワーでは劣るものの、軽量な車体を活かした燃費の良さとハンドリングを武器に16台抜きを達成しました。大逆転レースの伝説を残しています。

次のページ

  • 1

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://babyforyou.org

у нас chemtest.com.ua

rtic cup