車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

哀川翔さんの愛車まとめ!Vシネマの帝王の愛車は?【芸能人の愛車】

哀川翔さんは実際はどのような車に乗っているの?

人生と車が密接に関係している哀川さんですが、一体どのような愛車を持っているのか紹介します。小学生の頃のスーパーカーブームで車のとりこになり、その車遍歴はすごいの一言です。

子供が5人になってからは大きな車に乗るようになりました。シボレー アストロ→メルセデス・ベンツ V280→ダッジ ラムバン→メルセデス・ベンツ GLです。奥様がマネジャーなので車が子育ての部屋状態という生活をしていました。哀川翔さんが家族とずっと一緒にいたいから選んだ方法です。

哀川翔さんの凄すぎる愛車遍歴

18歳でフォード タウヌスから始まり、ほぼ1年から2年に1台のペースで新しい車を購入しています。

・日本車:ダットサン フェアレディ、トヨタ センチュリー、日産 プレジデント
・フランス車:ルノー 5 ターボII、
・アメリカ車:シボレー(カマロ、アストロ)、キャデラック コンコース、ダッジ ラムバン、ビュイック パークアベニュー
・ドイツ車:メルセデス・ベンツ(Ⅴ280、GL550、CLA45 AMG)、ポルシェ パナメーラ

哀川翔さんがはじめて所有した車「フォード・タウヌス」

-

哀川翔さんが生まれてはじめて所有した車です。この時代だと日産スカイラインやフェアレディZ、トヨタのカローラレビンが活躍していた頃なので、珍しい車の選び方だと思われるかもしれません。

このフォード・タウヌス(欧州フォードが、1939年から1982年までドイツで生産して販売していたファミリーカー)は、本人が選んで買ったわけではなく親戚のおじさんから借りっぱなしで自分のものになった車です。上京してもしばらくはこの車に乗っていました。

哀川翔さんがはじめて買った車「ダットサン・フェアレディ」

セピアで一世風靡した哀川翔さんが1984年に購入した車はダットサン・フェアレディです。ダットサン・フェアレディは日産スポーツカーのフェアレディZの源流となったモデルです。

ダットサン・フェアレディの販売期間は初代が1959年~1962年、2代目が1962年~1970年なので少なくとも14年以上も前に生産終了しています。

ファミリーカー利用の「シボレーアストロ」

恐らく子育て真っただ中に乗っていた車なのでとにかく大きいです。アメリカ合衆国の自動車メーカーゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売したミニバンで、現在は販売終了しています。

おぎやはぎの愛車遍歴という番組の収録遍歴で、哀川翔さんが働きすぎで2度も心肺停止状態になったと話していました。哀川さんの車遍歴はただただ高級な車を追い求めたりしているのではなく、生活と密接しています。

メルセデス・ベンツCLA45 AMG

現在は子育てが一段落ついたようで大きなワゴンタイプの車には乗っていません。乗っているのはメルセデス・ベンツのセダンタイプの車です。

このメルセデス・ベンツCLA45 AMGは、エンジン性能が非常に高く馬力が360psトルクが450Nmあります。馬力は日産のスポーツカーであるフェアレディZやレクサスLSに相当し、中でも量産型4気筒エンジンでは最強と呼ばれています。

まとめ

哀川翔さんの愛車遍歴をみるだけで、哀川翔さんがいかに仕事と家庭を愛しているかがわかります。家庭も仕事も両立させ、ラリーに参戦したり100人規模のキャンプを開催したり本当に精力的なアニキです。

  • 3

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

www.monaliza.kiev.ua