免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

トヨタ GRスープラ GT4が2020年発売へ 公道走行不可のレース車両

トヨタはユーザーのモータースポーツへの挑戦とそこから得られるフィードバックによるより良い車づくりを目指し、国際的なレースカテゴリーである「GT4」に適合したGRスープラ GT4の販売を2020年より開始すると発表しました。

トヨタ GRスープラ GT4が2020年から発売開始へ

トヨタ GRスープラ GT4

発売決定となったトヨタ GRスープラGT4

2019年7月4日、トヨタはGRスープラをベースとしたレース仕様車である「GRスープラ GT4」を2020年より販売すると発表しました。この車両は公道走行不可のレース用車両。サーキットでモータースポーツを楽しみたいユーザーに向けて開発されています。

トヨタ GRスープラ GT4

内装にはふんだんにカーボンを使用。快適装備も取り外されていることがうかがえる

このGRスープラ GT4発売決定は、3月にジュネーブモーターショーで発表された「GR スープラ GT4 コンセプト」に寄せられた要望や、6月に行われたニュルブルクリンク24時間レースへのスープラ参戦を踏まえたもの。
参戦しやすいカテゴリーとしてプライベーターに人気を博しているレースカテゴリー「GT4」に参戦可能で、このほかにも日本のスーパー耐久シリーズ、欧州のGT4欧州シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)、米国のミシュランパイロットチャレンジシリーズなどの世界各国のレースにも参戦可能な車両です。

この車両の開発に合わせてトヨタは、ドイツのオイルブランド「Ravenol」、イタリアのタイヤメーカー「ピレリ」、スロベニアのエキゾーストメーカー「アクラポビッチ」と技術パートナーになっており、各社から協力を得ています。
なお、発売日や価格、販売地域などについては年内に発表される予定となっています。価格は他メーカーのGT4車両のものから予想すると1500万円から2000万円程度になると思われます。

トヨタ GRスープラ GT4のスペック

全長:4,460mm
全幅:1,855mm
全高:1,250mm
ボディ構造:ロールケージ付きスチールボディ
エンジン:直列6気筒ターボ
排気量:2,997cc
燃料タンク:クイックチャージャー付レース専用
シート:FIA基準レーシングシート

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す