免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

トヨタ社長がマツダのレースに出た!メディア対抗ロードスター4時間耐久

9月7日にマツダが主催、筑波サーキットで開催された「第30回 メディア対抗ロードスター 4時間耐久レース」をレポート。

第30回メディア対抗ロードスター4時間耐久レースに豊田社長が参戦!

第30回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

レース開始時刻は16時ちょうど。後半は暗くなる。画像の中で先頭を走るのは、FM放送局、J-WAVEのマシン。

マツダが毎年開催する「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」は今年で30回。ロードスター誕生からちょうど30週年

ハイライトは、トヨタの豊田章男社長が、MORIZO名義(豊田社長がレースに出るときに使う名)で、同社のオウンドメディア「トヨタイムズ」のチームを結成、ドライバーとして自らハンドルも握ったこと。最近にトヨタとマツダの業務提携した背景もあるようですが、記者会見のとき、豊田社長が「前から、ロードスター4時間耐久レースに興味があった。マツダさんからお声がけいただき、断る理由がなかった」と語りました。

No.12は、主催者のマツダのチーム、人馬一体ロードスター。「人馬一体」とはマツダのクルマづくりの理念のひとつ。

メディア対抗ロードスター4時間耐久レースとは?

文字通り、メディアがレーシングチームを作り、マツダのオープンカー、ロードスターで4時間を走る耐久レース。ドライバーは連続50分以上運転できない、燃料は満タンの40Lプラス20L、パワートレインはノーマルといった完全なワンメイクレース。

見どころのひとつは、終盤のガス欠。ラスト数周で続々とスローダウンするマシンが。スペックに差がないイコールコンディションでの戦いは燃料との戦いを制するものが勝ちか?

今年は、ロードスター誕生30周年。このレースはロードスター誕生の年からはじまり同じく30回目に。

1位 No.813 J-WAVEポテンザロードスター

終盤に着実に順位を上げた、J-WAVEポテンザロードスターが総合優勝。

J-WAVEは東京六本木に放送局を持つFMラジオ。カーナンバー813は、J-WAVEの周波数81.3MHz。受信可能エリアは関東地方。アプリ「Radiko」で受信圏外でも聴取可。監督は、J-WAVEの人気パーソナリティでDJのピストン西沢さん。車関係の番組のほか車のイベントも開催。

2位 No.104 トヨタイムズ ロードスター

レース終盤、2位を走るマツダの人馬一体ロードスターを抜き「トヨタがマツダの車でマツダを抜いた!」と実況アナを叫ばせ会場全体が湧いた。前を走るJ-WAVEロードスターとの距離をかなり縮めたが届かず。

トヨタの社長、豊田社長自らハンドルを握った。「トヨタイムズ」は香川照之のCMでおなじみの同社のオウンドメディア。

3位 No.100 LOVECARS!TV! ロードスター

LOVECARS!TV! ロードスターも終盤で追い上げて3位に。

LOVECARS!TV! は自動車ジャーナリストの河合まなぶのYoutubeチャンネル。

4位 No.12 人馬一体ロードスター

トヨタに抜かれてしまったマツダ。レースに勝てなくても、人馬一体を楽しむことが大事なのですよ、と言わんばかり。

5位 No.30 サポートカンパニーズ ロードスター

5位入賞を果たしたのは、このメディア対抗ロードスター4時間耐久レースのパーツ供給を行った、サプライヤー連合チーム。下記の5社/ブランドです。

・CUSCO(サスペンション
・ブリジストン(タイヤ)
・Gulf(オイル)
・BRIDE(スポーツシート)
・ENDLESS(ブレーキ)

6位 No.1 ザ・モーターウィークリー ロードスター

6位入賞に食い込んだのは、FMヨコハマの車情報番組「The Motor Weekly(ザ・モーターウィークリー)」。“クルマがもっと好きになる”がキャッチフレーズ。毎週土曜20時から放送。受信不可エリアは、アプリ「Radiko」でお聴きください。

7位 No.55 SYE&モーターファン ロードスター

清水和夫さんが主宰する自動車関連映像専門サイト「Start Your Engines(SYE)」と自動車情報WEBメディア「モーターファン」の連合チーム。

8位 No.2 FIA-GT・CNET ロードスター

FIA(国際自動車連盟)とアメリカ最大のWEB媒体、CNETの夢のコラボ。

9位 No.74 REVSPEED ロードスター

日本全国のサーキット情報、走行会情報を満載する、REVSPEED。

10位 No.64 チームCar Watchロードスター

「Car Watch」は自動車情報WEBメディア。

11位 No.13 ENGIN ROADSTAR

「ENGINE」はクルマ、腕時計など男性ライフスタイル情報を提供する新潮社の月刊誌とWEBメディア。

12位 No.777 ル・ボランスポーツ・ロードスター

ル・ボランはネコ・パブリッシングの月刊誌。WEBメディア「CARSMEET WEB」と共に自動車情報を発信。

13位 No.27 Tipo/Daytona ロードスター

Tipo(ティーポ)も今年創刊30周年を迎える月刊誌。Daytona(デイトナ)は、所ジョージさん情報満載。どちらもNo.777と同じ、ネコ・パブリッシング社。

14位 No.3 ピンクパンサー♡ロードスター

女性ジャーナリスト連盟。今年で結成15周年。

15位 No.08 ベストカー&おと週 ロードスター

自動車情報雑誌とWEBのベストカーと、覆面調査で有名なグルメメディア、おと週こと「おとなの週末」のタッグ。どちらも講談社。

16位 No.500 GAORA SPORTS ロードスター

インディカー(佐藤琢磨選手が優勝した米国のレース)の番組を持つCS放送スポーツチャンネル、GAORA SPORTS。

17位 No.111 CARトップ城市一族ロードスター

自動車情報雑誌とWEBの「CARトップ」は交通タイムス社。

18位 No.17 アイティメディア ロードスター

IT情報総合メディア、「ITmedia」。運営会社が同じ産業総合メディア「MONOist」とタッグ。

19位 No.88 カービュー ロードスター

Yahoo!の自動車総合情報メディア、carview(カービュー)、自動車コミュニティサイト、みんカラ。

20位 No.25 カーセンサー・ロードスター

リクルートが運営する中古車情報サイト、カーセンサー。

21位 No.50 CGロードスター

1962年創刊の自動車雑誌、CAR GRAPHIC。現在はWEBメディアも。

22位 No.45 ahead ROADSTAR

aheadは、2002年12月に創刊したクルマとバイクの雑誌。元コンパニオンとして活躍し、現在はモータースポーツレポータの小鳥遊レイラさんがハンドルを握った。

23位 No.18 ドライバー☆ロードスター

「driver」は八重洲出版の新型車情報に強い自動車月刊誌。

24位 No.86 ホットバージョンロードスター

Hot Version は講談社の自動車DVDマガジン。人気自動車情報DVD「ベストモータリング」の自動車の兄弟誌として1991年に創刊された。

【総合順位一覧】メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

撮影・文:WildWestAdz編集部 宇野 智

この記事の執筆者

宇野 智(WildWestAdz)この執筆者の詳細プロフィール

WildWestAdz編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す