車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

大切な車だからこそ長く乗る!“愛車を長持ち”させる3つの豆知識

車はできるだけ長く乗りたいですよね。日頃のメンテナンスを行えば、車は長持ちするんです!今回は愛車を長持ちさせる豆知識を3つほど紹介していきます。車をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

車の持ちは何で変わる?

車は日々の点検とメンテナンスが重要。車が長持ちするかどうかは、日ごろのメンテナンス次第です。車に愛情を持って、定期的に車の点検をすることが、快適性と安全性の確保にもつながります。以下豆知識を三つほど載せていきます。ぜひ参考にしてください。

1.屋根のある駐車場に置く

車にとっての理想的な駐車場は 雨、風、直射日光を避けられる屋根付きの駐車場 です。強い日差しは塗装を傷め、室内にも悪影響を及ぼします。日差しを避けられる場所ではなかったら、 室内に日差しよけカバーを付けたりして保護しましょう。

また、駐車場、車庫の条件次第で車の耐久性が違ってくるのは事実です。例えば傾斜した路面に設置された 駐車場はどちらか一方のサスペンションが伸びて、片側が縮んだ無理な状態で長期間置かれる分けですから、サスペンションがアンバランスにへたったり、 ボディーがねじれたりすることがあります。

海辺に面した駐車場もサビにつながり木の下での駐車では樹液や木の実で塗装を傷める大きな原因となりサビにもつながります。

2.エンジンオイルの点検・交換

オイル交換は車のメンテナンスの中で基本中の基本です。エンジンオイルは潤滑という重要な役目の他にエンジンの冷却、清掃、漏れ防止などのいくつもの役目を持っています。

従ってオイルが劣化したり、量が不足してたりした場合は大きなトラブルにつながります。オイル交換の目安としては走行距離と使用期間、 3,000マイルもしくは3ヶ月ごとの交換です。

また日頃のチェックとしてオイルの量もゲージを抜いて調べましょう。オイルが不足していれば補充しオイル消費があまりにも早い場合には何らかのトラブルが原因のことも多いので一度整備に出す必要があります。

リングを引っ張り上げると、オイルのおおよその残量や程度が分かります。

棒状になっていてメモリが付いています。オイルが付着している部分で残量を図ります。また、黒っぽい色になっていたら交換時期です。

エンジンオイルは走行しているうちに消費されていきます。その消費量は車の種類により違ってきます。最低でも1週間に一度はチェックし、減少していたらオイルを補充、汚れていたら交換を行ないましょう。

3.日頃のメンテナンスや洗車をきちんとする

日頃の簡単なチェックで車の状態を知りトラブルを未然に防ぐことも出来ます。

まず最初に注意することはタイヤです。タイヤの空気圧が適正でなかったり、キズついてたり、くぎが刺さっていたりしては大きなトラブルになりかねません。

空気圧が低いとタイヤがバーストしてしまう可能性があり大変危険です。 逆に空気圧が高いと乗り心地が悪くなる、ハンドルの座りがわるくなる、 ハンドルを取られやすくなるといったデメリットがでます。

また、エンジンオイルトランスミッション、冷却水、ブレーキ液の量なども簡単にチェックすることが出来ますので運転前にでもチェックしましょう。

日々の点検が大切!

日々行うメンテナンスによって、車の持ちは変わってくるのです。

もし車を買取に出す際にも、綺麗な車両のほうがより高値がつくので、日頃からきちんと車を労わるのが大事だということです。あなたも車を長持ちさせるための3つの方法、ぜひ実践してみて下さい!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

best-cooler.reviews

ссылка

www.best-cooler.reviews/best-stainless-steel-metal-cooler/