免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

排気ブレーキとは?仕組みと構造、上手な使い方を解説【自動車用語】

トラックやバスといった、大型のディーゼル車特有の装備である「排気ブレーキ」。トラックを運転したことが無い方は、聞いたことが無いかもしれません。この記事では、そんな「排気ブレーキ」の仕組みと構造、上手な使い方を解説しています。

排気ブレーキって何?

「排気ブレーキ」とは、別名で「エキゾーストブレーキ」とも呼ばれており、ディーゼルエンジン特有の補助ブレーキのことです。

補助ブレーキですので、エンジンブレーキの効果を高める機能として、排気管の中に設置された特別な蓋(バルブ)を閉じることでエンジン内の排気圧力を高め、エンジンの制動力を高めるようになっています。

主に3.5トン以上のトラックやバスといった大型自動車のほか、ディーゼル機関車やガスタービン機関車などの、内燃機関で動く鉄道車両が装備しています。

排気ブレーキはなんで付いてるの?

バスとトラックは、荷物や乗客を大量に運ぶ場合、通常のブレーキの効きが悪くなりますが、補助ブレーキである排気ブレーキを使うことで、エンジンブレーキの力を強めることができます。

また、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べてエンジンブレーキが弱いということもあり、ディーゼル車が主流で車重の大きいバスやトラックは、排気ブレーキを装備する必要があるのです。

排気ブレーキの仕組み・構造

排気ブレーキは、排気管(マフラー)の中に取り付けられた可動式の弁を開閉することで作動します。排気ブレーキのスイッチが入っていて、アクセルが踏まれていない場合、弁は閉じられ、排気管内の排気圧力が高くなります。

排気圧力が上がることで、ポンピングロスが大きくなり、エンジンの回転速度も抑えられるという仕組みです。ものすごく簡単に説明するならば、車が呼吸困難で走れなくなる、といった感じでしょう。

「内燃機関の吸気行程」と、「排気行程に生じるエネルギー損失」のことを「ポンピングロス」と言います。ポンピングロス=吸排気損失とも言われています。

排気ブレーキの正しい使い方

-

排気ブレーキは、下り坂や荷物の積載時に使用します。

坂を下るときや、フットブレーキだけでは止められない場合にスイッチを入れ、必要がなくなったらスイッチを切りましょう。平地や空車状態など、必要のない場面で常に排気ブレーキのスイッチを入れていると、エンジンに負担が掛かって車に良くありません。

長い下り坂では、フェード現象やベーパーロック現象といったブレーキのトラブルを防ぐためにも、排気ブレーキを有効に使う必要があります。フェード現象に関しては、以下の記事をご覧ください。

排気ブレーキを上手く活用しよう。

現役トラックドライバーの方は、基本のおさらい程度にはなったでしょう。トラックドライバーでない方は、排気ブレーキを使う機会は無いでしょうが、もしもの時に備えて、覚えておいても損は無いはずです。

どちらにしろ、トラックやバスを運転するときには、排気ブレーキを上手に使うことを心がけてください。

こちらもオススメ!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

https://apach.com.ua/

Узнайте про популярный web-сайт на тематику стол с мойкой https://arbud-prom.com.ua