車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

マツダの新型車・モデルチェンジ 計10車種全情報【2018-2019年最新版】

2017年に発売されたマツダ新型車

【2017年1月】フレアワゴン(一部改良)

フレアワゴン カスタムスタイルXS (2017年式)

マツダが販売する人気軽自動車「フレアワゴン」が2017年1月に一部改良されました。

フレアワゴン カスタムスタイルに防眩式ルームミラーを採用し、またカスタムスタイルXSとターボモデルのカスタムスタイルXTには、バック走行時の後方視界をサポートするバックアイカメラが装備されました。

そのほか新色として、フェニックスレッドパール(XG / XS)と、シフォンアイボリーメタリック2トーン(XS)が追加されています。

最新「フレア」中古車情報!

本日の在庫数 317
平均価格 73.8万円
本体価格 101.2〜100000万円
Pick up!
Pick up!

【2017年2月】CX-5(フルモデルチェンジ)

新型CX-5

2017年2月2日、新型CX-5がついに発売開始されました。2016年11月に新型CX-5に関する公式発表が行われ、年内には販売されていると予想されていましたが、結果として開始されたのは2017年2月となりました。

CX-5は2012年の登場以来、絶大な支持を得ているマツダのSUVですが、今回のフルモデルチェンジによってデザインや性能を向上し、さらにその魅力を高めているようです。

新型CX-5については以下の記事で徹底的に解説しています。

最新「CX−5」中古車情報!

本日の在庫数 2,181
平均価格 200.3万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

【2017年2月】ファミリアバン(一部改良)

ファミリアバン VE(2017年式)

2017年2月9日、マツダは同社の商用バン「マツダ ファミリアバン」を一部改良したことを発表しました。

歩行者検知可能なエマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)などの安全装備を標準装備とし、内装においても改良が行われました。またフロントデザインも一新されています。

最新「ファミリアバン」中古車情報!

本日の在庫数 41
平均価格 42.7万円
本体価格 132.2〜91.4万円
Pick up!
Pick up!

【2017年3月】フレア/フレアハイブリッド(フルモデルチェンジ)

軽トールワゴンである「マツダ フレア」がフルモデルチェンジし、3月に発売されました。

フレアはスズキ ワゴンRのOEM車のため、モデルチェンジしたワゴンRに合わせて新型が発売される形です。

燃費性能が向上し、33.0km/L(JC08モード)という低燃費な車になっています。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

【2017年6月】CX-3(マイナーチェンジ)

マツダCX-3は2017年6月にマイナーチェンジが行われ、ディーゼルエンジン搭載モデルとガソリンエンジン搭載モデルが販売されています。

クリーンディーゼル専用車」としてデビューしたCX-3でしたが、マイナーチェンジによりガソリンモデルを追加。
トヨタ C-HRやホンダ ヴェゼルなどのライバル車とは趣向の異なる、人気コンパクトSUVとなっています。

最新「CX−3」中古車情報!

本日の在庫数 901
平均価格 185.8万円
本体価格 101.8〜99.8万円
Pick up!
Pick up!

【2017年12月】CX-8(新型車)

新型CX-8はマツダの新世代商品群の最新モデルで、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなっています。
マツダ新型CX-8は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車ながら上質さを追求しています。

公開された外装デザインのコンセプトは「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」。
時を経ても乗り手の感性を刺激し続ける先進性を目指したもので、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」をより高い次元へと深化させています。

内装(インテリア)も国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねていると発表しています。

公式発表は2017年9月に行われ、発売は2017年12月でした。

最新「CX−8」中古車情報!

本日の在庫数 267
平均価格 355.2万円
本体価格 259〜480万円
Pick up!
Pick up!

2018年・2019年はマツダの新型車に要注目!

ロータリーエンジン

マツダ 次世代RENESIS ロータリーエンジン

RX−8に搭載されたRENESIS ロータリーエンジン

2018年から2019年に発売が予定・予測されているマツダの新型車をまとめました。
今後は新開発のスカイアクティブXやマイルドハイブリッドシステムが、マツダ新型者の鍵となりそうですね。

復活を望まれ続けたRX-7やまったく新しいRX-9などのロータリーエンジン搭載車と思われる車種は、まだまだ謎に包まれているものが多いです。
しかし、2017年はロータリーエンジン誕生50周年という節目の年となったので、これから先はぜひともロータリーエンジン搭載車で自動車業界を盛り上げてほしいところです。

2018年からのマツダの新型車に、今後も注目です。

新型車に関するおすすめ記事はこちら

  • 2

この記事の執筆者

WildWestAdz編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなWildWestAdz編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
www.photolifeway.com

киев доставка воды