免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

新型プリウスの年間維持費まとめ!車検費用や税金や修理費や保証や燃料費など

トヨタのプリウスは、1997年から販売されている人気のハイブリッドカーです。昨年には3度目のフルモデルチェンジを果たしました。ハイブリッドカーといえば低燃費ですが、新型プリウスの燃費性能は年間の維持費にどれだけ影響するのでしょう。この記事では、新型プリウスの車検費用や税金、気になる年間のガソリン代などの維持費についてまとめてみました。

トヨタ プリウスってどんな車?

初代 プリウス

トヨタのプリウスは、世界初の量産ハイブリッドカーとして1997年に発売されました。初代の時点で31.0 km/Lという世界トップクラスの燃費性能を実現していたプリウスは、まさにエコカーの先駆けであり、先進性で右に出る車はいなかったのです。

4代目 プリウス

誕生から18年が経ち、ハイブリッドカーの代名詞ともいえる存在になったプリウスは、2015年12月に3度目のフルモデルチェンジを行いました。

4代目となる新型プリウスはJC08モードで40.8km/Lという世界トップクラスの低燃費を実現し、走行性能の面でも電気式4WDシステムを導入するなどして進化を遂げています。

新型プリウスの購入価格は?

新型プリウスの新車・中古車価格は以下の通りです。

・新型プリウス新車価格:242万円~339万円
・新型プリウス中古車価格:210万円~398万円

新型プリウスは2015年12月にフルモデルチェンジしたばかりですので、新車と中古車に価格の差はほとんどありません。

一つ前の3代目プリウスなら、中古価格が40万円台の物もあります。現行型にこだわらないのであれば、中古の3代目プリウスの方がトータルコストでお得になる場合もあるでしょう。

新型プリウスの燃費、年間のガソリン代は?

新型プリウスの燃費は、JC08モードで2WD車が37.2~40.8km/L、4WD車が34.0km/Lと、ハイブリッド車の中でも世界トップクラスの燃費性能を誇ります。ベースグレードであるプリウスEの燃費は、JC08モードで40.8km/Lとなっています。

▼プリウスEのガソリン代
・38Lのタンクを満タンにすると:3,952円
・年間でかかるガソリン代:36,415円

上記ガソリン代数値は、通勤等にも頻繁に使用すると仮定し、以下の条件で計算したものです。
・年間走行距離:10,000km(1日20km~30km運転)
・実燃費:28.56km/L(カタログ値の70%)
・ガソリン価格:104円/L(2016年現在のレギュラー価格)

計算には以下のサイトを使用させていただきました。車を買い物やドライブ等で週末のみ利用する家庭の場合、年間のガソリン代はより安くなります。

次のページ

  • 1

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://www.renault.niko.ua

www.avtopoliv-gazonov.kiev.ua

pillazon.com