免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

アウトバック徹底攻略|実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

レガシィアウトバックのデザインやスペック情報と競合車種との比較はこちら!

レガシィアウトバックの運転席

ドライバーを包み込むように、ディスプレイやスイッチ、センターコンソールを配置されて、乗り込んだ瞬間から運転への期待が高まるコクピットになっています。

人の触れる部分に配した、柔らかな質感のソフトパッドや、上質な色づかいなど、空間そのものの心地よさにこだわったデザインになっています。

レガシィアウトバックのシート

スポーティなブラックと、開放感あふれるアイボリーの2色から選べる特別な内装も魅力です。

レガシィアウトバックのカーゴルーム

カーゴルームも、559L(VDA法)という大きさで、隅々まで効率良く使えるフラットな空間を実現しています。9インチサイズのゴルフバッグ、大型スーツケースを、ともに4つ収納可能です。

荷室を自在に拡張できる可倒式リヤシートや機能的なサブトランクも装備して、長年にわたってワゴンユーティリティを追求してきた、優れた使い勝手になっています。

レガシィアウトバックの特徴的なメーターパネル

ドライバーにとって重要なコックピット周りのデザイン。大型マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(リング照明付)では、ブルーを基本に、メーターリングの照明色を10色から選べます。

アイサイト警告時にはレッドに、シフトのマニュアルモード選択時にはオレンジに自動的に切り替わります。また本革巻ステアリングホイールやシフトレバーは高触感革を使用していまして触り心地の良い上質な本革になっていまして、一級品を持つ歓びを深められるのがポイント。

そしてSUBARUロゴ入りステンレス製サイドシルプレートや高級感あふれるサイドシルプレートを前席にあしらい車に乗りこむ瞬間から喜ばれる装飾になっています。アルミパッド付スポーツペダルのアルミの輝きもスポーツマインドを刺激する要素のひとつになっています。

レガシィアウトバックの実燃費や走行性能の評価は?

レガシィアウトバックのエンジンは、出力、レスポンス、燃費、静粛性など、全性能を磨き上げた「2.5ℓ 新世代BOXERエンジン」で、滑らかで気持ちの良いエンジンフィーリングを持っています。吸入音をも、チューニングする等、サウンドにもこだわりが強く、シームレスに続く心地良い加速音を提供しています。

また、軽量・コンパクトかつ低重心な構造になっていまして、トランスミッションも軽量・コンパクトな「新リニアトロニック」を採用している事により「JC08モード14.6km/L」を達成。運転の仕方によって違いは出るものの、実燃費は10.88km/L(8.43~13.62km/L)辺りになるようです。

シンメトリカルAWD(オールホィールドライブ)

シンメトリカルAWDの安定性は悪路では、深い安心感を与えて高速道路では、疲労の少ない安定した走りを演出して、コーナーでは、心躍るスポーティなハンドリングを提供できます。

アクティブトルクスプリットAWD方式になっていまして路面の状態や、走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分して滑りやすい路面での発進性を高めているスバルの伝統ある4駆システムです。

レガシィアウトバックをライバル車と徹底比較!

ライバル車に想定されるのが「ボルボXC60」になりますので、比較していきましょう。

ボルボ XC60

北欧スウェーデン生まれのスカンジナビアン・デザインの魅力を際立たせるボルボのプレミアム・クロスカントリーワゴンになるXC60は、先進の安全性能と洗練を極めたラグジュアリーなインテリアと堅牢なシャシーを持っていまして、卓越した走破性を融合させた、まさに独創的なクルマです。

さらなる快適性と冒険への思いに応える、洗練されたクロスカントリーです。走りのダイナミズムと流麗なデザイン、そして快適性を、美しくバランスさせています。

より優れた走破性と低燃費を実現させて、さらに走る楽しさに妥協することなくスムースにしてダイナミックな走りを創出する新世代のパワートレーンDrive-Eと、ゆとりのパワーをスポーティに満喫させる新開発のパワートレーンの2種類から選択可能です。

2.0L4気筒直噴ガソリンターボエンジンと2.0L4気筒ターボディーゼルエンジンの2種類が設定されています。

すべての人に、ボルボクラスの安全を願うインテリセーフ

事故を未然に防ぐテクノロジーも搭載せれています。これは、貴方の運転操作をアシストして、ストレスから解放するテクノロジーです。これは、レガシィB4で言うアイサイト(ver.3)に近いシステムになります。

進化したインターフェース「SENSUS」

ボルボの最新技術システムは、シンプルで使いやすく、愉しさを最大限に引き出すスウェーデンの革新デザインを余すことなく反映しています。

新たにコネクティビティ・アプリ機能を搭載。これは、レガシィB4で言うハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーションに近いシステムになります。ボルボXC60でもこのハーマンカードンサウンドシステムが採用されているのが特徴です。

燃費性能ではレガシィアウトバックをJC08モード燃費で-3.0km/L下回るスペックが2.0Lエンジンモデルとしてラインナップされています。車両価格は、2.0L4気筒ガソリンターボエンジンモデルで、640万円となっています。

レガシィアウトバックとボルボXC60の比較まとめ

他にもメモリー付きパワーシートや本革張りシート、フロントシートヒーター、ヘッドライトウォッシャーが付いていたり、サンルーフがオプションで選べる点などが、ライバルとして競合している部分になります。

総合的にみると、国産車と外車の大きな違いとして車両価格が、2,934,000円もお値頃なレガシィアウトバックに軍配があがるようです。スティタス比べでしたらボルボXC60の選択肢も出てきそうです。

次のページ

  • 2

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://best-cooler.reviews

avto-poliv.com.ua