車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

ターボチャージャーとは?仕組みと構造と原理と、スーパーチャージャーとの違いを徹底解剖!

「ターボチャージャー」のメリットとデメリット

ターボチャージャーのメリットは排気量以上のパワーを出せること、ダウンサイジングコンセプトにより燃費が向上する、排気量が小さくなることで税金が安くなることが上げられます。
また、ハイブリッドシステムやディーゼルエンジンに比べて、コストが安いのも魅力です。

一方のデメリットとしてはターボラグが上げられます。
ターボチャージャーはエンジンの排気を利用してタービンを回すため、排気の出にくい低回転時はタービンを回すための十分な力が得られません。
そのため、アクセルを踏み込んだ際にターボが効き始めるまでに遅れが生じてしまいます。

しかし、最近では「ツインスクロールターボ」といって排気をタービンに送る流路を2つに分けることで、低回転時でもターボの力が得られるようになりました。

「スーパーチャージャー」とはどう違うの?

エンジンに圧縮した空気を強制的にエンジンに送り込むという目的はどちらも一緒ですが、「スーパーチャージャー」の場合、エンジンの出力の一部を利用してコンプレッサーを回転させます。
そのため、アクセルを踏んだ瞬間から過給が始まるので「ターボチャージャー」のような「ターボラグ」は発生しません。

しかし、エンジンのパワーを利用するので、パワーロス、燃費の悪化、最高速が伸びないなどの欠点があります。
低速時の過給は「ツインスクロールターボ」で補うことが可能になったこともあり、現在はメリットの多い「ターボチャージャー」が一般的となっています。

最新技術「電動ターボ」についてはこちら

今後は日本でもターボモデルが普及する?

ダウンサイジングターボが採用されたトヨタ・オーリス

ターボチャージャーの仕組みと構造と原理について、いかがでしたか?
「ターボチャージャー」について少しでも理解していただければ幸いです。

日本はハイブリッドシステムの開発を重点的に行ってきたためダウンサイジング技術では海外にやや遅れをとっています。
しかし、最近は日本でもダウンサイジングターボ搭載のモデルが普及しつつあり、今後もコンパクトカーを中心にターボモデルが増えていくものと思われます。

関連するおすすめまとめ

  • 2

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

мастерон

читайте здесь