免許合宿 WildWestAdz [WildWestAdz]

【教えて!自動車保険の見直し】保険料を安くする裏技!新規も加入中の方も必読!

【保険料を安く裏技】親の自動車保険の高い等級を譲ってもらう!

自動車保険は、新規加入のとき、等級は6等級から始まります。
その後、無事故で保険金を使わなければ毎年、等級が上がり、保険料は安くなります。

もし、親が長い年数無事故で、保険金を使っていないのであれば、自動車保険の等級はかなり上がっているはずです。
最上位の等級になっている場合もよくあります。

そこで、「保険の譲渡」という制度を使います。

親の高い等級の自動車保険を、その等級のまま子に譲るという制度です。
譲渡時、親は新たに新規加入するので6等級スタートとなるのですが、親の世代は概ね保険料そのものが安い設定になっています。

家族ぐるみで自動車保険を見直し、加入すれば、トータルで保険料を安くすることができます。

自動車保険の等級の仕組みについてお知りになりたい方は、次のリンク先の記事をご覧ください。

自動車保険の保険料は、最大限の一括払いで!

自動車保険の月払いは同じ補償なら最も高い保険料となります。
2年一括、3年一括など、数年まとめて一括にできる場合、まとめる年数が長ければ長いほど、保険料は安くすることができます。

自動車保険の一括払いが安くなる仕組みについて、お知りになりたい方は、次のリンク先の記事をご覧ください。

保険料を安くしたいなら、断然「ダイレクト型自動車保険」

インターネット通販型 (直販型)自動車保険

©shutterstock / one photo

2014年、代理店型自動車保険の大手は、軒並み保険料の値上げしました。
対して、ダイレクト型(インターネット通販型・直販型)は、値上げというに及ばない範囲の値上げか、横ばいとなっています。

ダイレクト型自動車保険は、代理店型自動車保険に比べて、そもそも保険料が安い仕組みとなっています。
これに加えて、代理店型自動車保険の保険料値上げときていますから、その差はますます広がっています。

保険料を安くしたいのなら、ダイレクト型自動車保険に決まりですね。

なぜ、ダイレクト型自動車保険は安いのか、その仕組みなどについてお知りになりたい方は、次のリンク先の記事をご覧ください。

【保険料を安くする裏技】自動車保険の見積の取り方

ネットで「自動車保険」のキーワードで検索すると、「一括見積」ができるまとめサイトが上位にたくさん出てきますね。
これは、ぜひ活用しましょう!

ただ、これは、面倒くさいところがあります。
それは、一括見積できる保険会社が多ければ多いほど、比較は細かくできますが、まとめサイトでは多いところで20社程の一括見積となります。

選択肢が多ければ、多いほど良いのですが、時間と手間がかかります。

そこで、

「ダイレクト型自動車保険」のみ全社一括見積をする!

保険料の安さを重視するなら、ダイレクト型自動車保険ですね。
ダイレクト型自動車保険は次の8社となります。

・アクサダイレクト
・イーデザイン損保
・SBI損保
・セゾン自動車保険
・ソニー損保
・そんぽ24
・チューリッヒ
・三井ダイレクト

ダイレクト型自動車保険の全社に絞ると8社ですみます。

【自動車保険の契約中の方へ】一括払いをしていても保険切替の検討を!

自動車保険の保険料を安くしたいのなら、一括払いの契約期間中でも保険の乗り換え、切替を検討すべきです。
一括払いの中途解約をして、返戻金が割安になるから…と思い込んでいると、損をしてしまうことがあります。

車をずっと乗り続けるのなら、長期スパンで保険料と補償の両方の計画を立てて、総支出額を試算しましょう。

【これから車を購入をされる方へ】効率的に保険会社全社の見積を!

先ほどの裏技でご紹介しましたが、保険料を安くしたいのであれば、ダイレクト型自動車保険のすべてに見積を取るようにしましょう。

ただ、ダイレクト型自動車保険のメリット・デメリットはきちんと把握しておいてくださいね。

一括見積もりはこちら

└→

おすすめの関連記事!

  • 3

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

http://www.babyforyou.org

Наш важный блог , он описывает в статьях про курс сустанон станозолол купить www.farm-pump-ua.com/