車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

【SUV徹底比較】トヨタ ランドクルーザーvs三菱 パジェロ!ライバル車対決

ランドクルーザーとパジェロのデザインを比較!

ランドクルーザーのエクステリア

ランドクルーザーは「世界で認められる本格4WD」であり、強靭なフレームや足回りなどの変わることのない基本性能から出来たスタイルです。

世界への挑戦となる「先進」と「継承」により、さらなる高みを目指す走破性を持った高級SUVで、またさらに、「力強さ」と「先進性」を持つフロントデザインへと、一新されたスタイリングになっています。

パジェロのエクステリア

パジェロは、世界に先駆けて開発したラダーフレームにビルトインモノコックボディを持ち、ねじれ剛性や曲げ剛性をそれぞれ約3倍のハイレベルなボディ剛性を達成したスタイルが特徴的。

高レベルの走行性能と快適性を軽量で高剛性なモノコックボディで実現して、路面からの激しい衝撃に、ラダーフレームが無類の強さを発揮します。

まさに悪路走破性と、オンロードでの高速走行性能をバランスよく融合させたデザインです。

カラーバリエーションは?

それぞれが個性を際立たせ堂々としたフロントフェイスが特徴的です。リヤエンドはランドクルーザーの方が、上品で高級なデザインを主張している印象を受けます。

どちらが好きかは個人的な好みに左右されるかと思いますが、ラインアップされているカラーバリエーションは、ランドクルーザーが、9カラー。パジェロが、7カラーになります。

ランドクルーザーとパジェロのエンジン性能などを比較!

ランドクルーザーのエンジン性能

ランドクルーザーのエンジンは大排気の4.6L V8です。エンジンパワーは、国産SUVの中で、最大のパワートレインとなっています。

エンジン素材としてアルミダイキャストブロック、またDual VVT-i(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)の採用により、同排気量クラス最高水準の動力性能を獲得しています。

「Dual VVT-i」を採用!

「Dual VVT-i」は、吸・排気バルブの開閉タイミングを、エンジン回転数やアクセルの踏み込み量に応じて連続的に変化、制御することにより、吸・排気効率を大幅にアップさせる技術です。

燃焼効率をさらに高めてハイパワー化と低燃費を高いレベルで実現しながら、窒素酸化物や非メタン炭化水素の排出量の低減にも大きく貢献しています。

4.6 ランドクルーザー ZXのエンジンの型式と種類

エンジン型式       1UR-FE
種類・シリンダー数    DOHC V型8気筒
シリンダー 内径×行程  94.0mm×83.0mm
総排気量         4.608L
圧縮比          10.2
最高出力         234kW(318PS)/5600rpm
最大トルク        460N・m(46.9kgf・m)/3400rpm
燃料供給装置       EFI(電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料無鉛       無鉛プレミアムガソリン
タンク容量        93L
車両重量         2690kg

パジェロのエンジン性能

パジェロは、クリーンディーゼルエンジンにて、窒素酸化物や粒子状物質の排出を大きく削減して環境への配慮で、世界的にも厳しい平成21年排出ガス規制(ポスト新長期規制)をクリアしています。

コモンレール式燃料噴射システムが高い燃焼効率を実現して振動を抑えた静粛性を保ちながら、圧縮比低減などの燃焼改善やVariable Geometry=可変容量のターボチャージャーと相まって高出力・高トルクで力強い走りが可能です。

また減速時のエネルギーで発電した電気をバッテリーに集中充電もしていて、燃費性能の向上へも貢献するシステムを採用しています。

3.2 LONGクリーンディーゼル SUPER EXCEEDのエンジンの型式と種類

エンジン型式      4M41
種類・シリンダー数   DOHC直列4気筒
シリンダー 内径×行程 98.5mm×105.0mm
総排気量         3.200L
圧縮比         16.0
最高出力        140kW(190PS)/3500rpm
最大トルク       441N・m(45.0kgf・m)/2000rpm
燃料供給装置      コモンレール式燃料噴射装置
使用燃料無鉛      軽油
タンク容量       88L
車両重量        2290kg

比較結果を解説!その1

最高出力で大きくリードするランドクルーザー、最大トルクでは、1.9kgf・mの差に留まっています。それに対して400kgも軽い車両重量になるパジェロの出足は、軽やかです。

街乗りの多い方には、ランドクルーザーの全幅がパジェロより105mm多いボディサイズに少し抵抗があるかもしれません。

比較結果を解説!その2

最大出力最大トルクの回転数の違いを見ると、クリーンディーゼルは低回転にて良い走りを見せてくれるパジェロと8気筒もある滑らかな加速で、ドンドン回せるダイナミックな走りのランドクルーザーの性格の違いが見えてきます。

ランドクルーザーのトランスミッションは、フレックスロックアップ付きスーパーインテリジェント6速ATです。パジェロでは、INVECS-Ⅱ 5速スポーツモードATが採用されています。

優れた環境性能を持ち合わせた、世界基準の日本を代表するSUVとして経済的には軽油で走るパジェロに軍配があがるようです。

ランドクルーザーとパジェロの内装の広さを比較!

ランドクルーザーの内装

パジェロの内装

ランドクルーザーは、室内長2,690mm、室内幅1,640mm、室内高1,170mmとなり、乗車定員は、8名になっています。

パジェロは、室内長2,535mm、室内幅1,525mm、室内高1,170mmとなり、乗車定員は、7名になっています。

いずれもサンルーフが装備された状態での数字から言うと、空間の高さは、いっしょですが、大きなボディで乗車定員も1名多いランドクルーザーの空間に軍配が上がるようです。

ランドクルーザーとパジェロの販売台数、人気等を比較!

ランドクルーザーは今年3月の1ヶ月間では、950台に対してパジェロは同月では、216台に留まっています。

ところが世界シェアを見てみますと、2014年10月には、ランドクルーザーは、世界累計販売台数800万台を達成しています。

同2014年度のアラブ首長国連邦(UAE)の自動車販売数ベスト10では、3位にランドクルーザーが16,233 台でランクイン。パジェロも、11,984台で7位にランクインしていて、中近東に特に人気の高いモデルでした。

国内ランキングでは、差が開いてしまいましたが、世界基準で考えた場合に、それぞれがとても人気モデルである事がわかります。

販売戦略が上手いトヨタのランドクルーザーが上位になるのは、パジェロにとっては、苦しいですが仕方のない事でしょう。

ランドクルーザーとパジェロどちらを選ぶ!?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【ランドクルーザーvsパジェロ】本格SUV対決!買うならどっち?

オンロード向け都会派SUVの人気が高まる中、トヨタ ランドクルーザーと三菱 パジェロは本格オフローダーの代表格として今なお...

  • トヨタ ランドクルーザー
  • 三菱 パジェロ
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

ランドクルーザーの特徴

ランドクルーザーは最高級サルーンのようなクルージングの出来るフルサイズSUV。悪路でもクロールコントロールによりブレーキ配分を上手に操る事が可能です。

横幅が広い事が市街地での走行に気を使うほどですが、ボンネットのデザインなどにより見切りは良くなっています。

デザインに関しては好みにもよると思うのですが、ランドクルーザーはどこに行っても圧倒的な存在感を放っています。

パジェロの特徴

パジェロは高剛性の高いボディとオフロードを走破できる安心感、パリ~ダカール・ラリーで培った走破性能も魅力です。

タイヤが浮いた状態からでも、トラクションコントロールにより、上手に悪路をこなしていきます。快適でゆったりとした乗り心地も魅力で4輪独立駆動によりフルタイム4WDをセレクトレバーで選ぶと、後輪への駆動が強くなりFRのような走りが可能です。

ディーゼルエンジンにより、低回転から豊かなトルクを発生させてオフロードでも扱いやすい車です。

選ぶのが悩ましい!!

どちらかを選ぶのは難しいところですが、しいて言うなら都会でも裏路地を通らない方には、ステイタスのランドクルーザーを。同じスティタスはあっても経済性や車両価格を少しでも気にされる方には、パジェロと言った具合です。

ライフスタイルによって車を選ぶ事が先決かもしれません。どちらもカッコいい車なので、もう少し検討したくなります。

関連するおすすめ記事

  • 2

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

velotime.com.ua

220km.com.ua/