車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

マツダ「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」先進の安全予防技術を徹底解説!

「i-ACTIVSENSE」のプリクラッシュセーフティ技術

プリクラッシュセーフティ技術とは、事故が避けられない状況で、自分の車と周囲の車、歩行者への被害を最小限に抑える技術のことです。

この項では「i-ACTIVSENSE」に搭載された機能の内、プリクラッシュセーフティ技術を使った機能について解説していきます。

SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)

SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)は、低速走行時(約4~30km/h)の衝突被害を自動ブレーキで軽減する機能です。

フロントガラスに設置された赤外線レーザーセンサーで前方の車を認識して、衝突する危険性が高いと判断した場合、ブレーキの自動制御が働きます。

また、バックしているときもリアバンパーに設置された超音波センサーで障害物を認識し、衝突の危険がある場合には自動ブレーキが作動します。

SBS(スマート・ブレーキ・サポート)

SBS(スマート・ブレーキ・サポート)は、中速走行時(約15km/h以上)の衝突被害を自動ブレーキで軽減する機能です。高精度で遠くまで検知できるミリ波レーダーにより、前方の車を検知します。

車間距離が一定の基準以上近づいた場合、前方衝突警報(FOW)が警告を促し、車間距離がさらに近付くと軽い自動ブレーキが作動、衝突が避けられないぐらい近づくと強い自動ブレーキが作動して衝突被害の軽減を図ります。

AT誤発進制御

AT誤発進制御はアクセルとブレーキの踏み間違いによって起きる誤発進を防ぐ機能です。停車時にセンサーが前方の障害物を検知し、アクセルが一定以上踏み込まれると作動します。

また、警報でドライバーに注意を促し、エンジン出力を自動で落として急発進を防ぎます。

「i-ACTIVSENSE」を採用する搭載車種は?

現在「i-ACTIVSENSE」を採用しているマツダの車両は、全部で5車種です。ラインナップは以下の通りとなっています。

「デミオ」

「アクセラ」

「アテンザ」

「CX-3」

「CX-5」

「i-ACTIVSENSE」の安全性能は抜群!

これだけの安全装備が揃っていれば、どんな初心者が運転していても安心して乗っていられます。

「i-ACTIVSENSE」に限らず、各社は競って安全運転支援システムの開発を進めているので、これからの車はどんどん安全になっていくことでしょう。

こちらの記事もおすすめ

  • 2

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
www.casinoworld123.info

www.topobzor.info/raznoobrazie-ne-originalnyh-remeshkov/

https://apach.com.ua