車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

車の人身事故の刑事処分・行政処分・民事処分の違いとは?裁判や訴訟はどうなる?

交通事故を起こしたときの「民事処分」とは?

民事処分とは、民事上の責任となり、賠償金や慰謝料を被害者へ払うといったことが主な内容となります。
自動車保険に入っていれば、民事処分で発生する賠償金、慰謝料が保険会社が払ってくれます。
民事処分はほとんどのケースで保険会社からの示談で終わるケースがほとんどです。
示談で決着が付かないときには「民事裁判」となります。
この場合は、おおむね被害者側が賠償額に満足のいかないときに訴えを起こすものとなっています。

事故の加害者となった人は、被害者に対して賠償責任を負わねばならないという法律に基づいています。
このため、公道を走る車には「自賠責保険」の加入が義務付けられているのです。
自賠責保険では、事故の被害者の最低限の賠償を補償するものとなっています。
詳しくは次の記事もご覧ください。

行政処分・刑事処分・民事処分の違いのまとめ

この記事でご紹介しました、交通事故を起こしたときの3つの処分を具体的な内容のみで簡単にまとめますと次のようになります。

 処分 内容裁判
行政処分点数・免停・免許取消・欠格期間・反則金
刑事処分罰金・懲役検察から起訴
略式裁判 or 通常裁判
民事処分賠償金、慰謝料の支払い被害者から訴訟
民事裁判

この交通事故の3つの処分についてのまとめは、いかがでしたでしょうか?

事故を起こしたときの責任の重さを改めて認識なさって頂ければ幸いです。

くれぐれも安全運転で事故のないように楽しいカーライフをお楽しみください!

関連するおすすめ記事!

  • 2

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

別れさせ屋 東京

У нашей фирмы важный портал на тематику сколько стоит продвижение сайта.