車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア WildWestAdz [WildWestAdz]

車のフットブレーキとエンジンブレーキの違いとは?その意味から仕組みや正しい使い方まで

エンジンブレーキとは?その意味と使い方

「エンジンブレーキ」はどこについているの?と疑問に思われる方もいますが「エンジンブレーキ」という装置は存在しません。強いて言うとすればエンジンの内部にあるものでしょうか。

AT車の場合は”D”(ドライブモード)以下の位置でアクセルオフ、MT車の場合は〝N"(ニューラル)以外のギアでクラッチを切らないでアクセルオフにすれば、エンジンの内部抵抗が増え、エンジンブレーキが発生します。

エンジンブレーキの仕組みは?

車が減速する理由は空気抵抗、摩擦抵抗、ポンピングロスなど様々な要因があります。
しかし、一番大きな減速力を持っているのはやはりエンジンブレーキです。

このエンジンブレーキはギアを入れた状態で惰性走行をすることでエンジン内部に抵抗が発生し、減速力となります。

もう少し分かりやすく説明すると、アクセルペダルから足を離すと、エンジンは燃料の供給を停止します。すると、エンジンを回転させる力は働かなくなるので、エンジンは惰性走行をしながらも止まろうとする力が働きます。これがエンジンブレーキです。

MT車だと分かりやすいですが、ギアが低くなるほど、エンジン抵抗が大きくなり、エンジンブレーキの力も大きくなります。

しかし、最近はAT車やCVT車でもパドルシフトが搭載されている車種が増え、意図的にエンジンブレーキを利かせることができるようになっています。

エンジンブレーキを使えば燃費も良くなる

フットブレーキを保護するために有効なエンジンブレーキですが、メリットはそれだけではありません。

エンジンブレーキ中は燃料噴射をカットするので、余計なガソリンを使わずに済みます。信号手前や下り坂ではとエンジンブレーキを使用した方が、ブレーキに熱がこもることもありませんし、減ることもありません。しかも、ガソリンも減らないという良いことずくめなのです。

エンジンブレーキとフットブレーキの併用でより運転上手に

「フットブレーキ」と「エンジンブレーキ」について説明してきましたがいかがでしたか?

「ブレーキ」という共通性はありますが、その仕組みは全く違うものであることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

今まで赤信号手前までアクセルを踏んでいたという方はほんの少し意識を変えるだけで燃費は良くなります。

しかし、エンジンブレーキだけでは十分な制動力がかからないこともあるので、フットブレーキと上手く組み合わせて使用することが大事です。

フットブレーキのような車の基本的な使い方に関連するおすすめ記事はこちら

  • 2

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

リンク

https://topobzor.info

kamagra oral jelly kaufen