日産(NISSAN)の中古車情報を検索する

日産の関連情報

  • 日産情報

    かつては「技術の日産」と称され、70年代まではトヨタのライバルとして熾烈な販売競争を繰り広げたが、強すぎる労組、海外プロジェクトの不振、開発の失敗と高コスト体質により財務情況が悪化。90年代末には倒産寸前となり、日産はルノーの資本提携を受けて連結子会社となる。経営再建のために日産に送り込まれたのがカルロス・ゴーン氏で、大胆なリストラにより復活するが、米国市場の不振とゴーン氏の逮捕により再び日産の前には暗雲が立ち込めている。国内市場は製品の陳腐化が進み、軽自動車とノートe-POWER、セレナで糊口を凌ぐ情況にある。

    日産代表車種

    日産を代表するスカイラインとブルーバード。前者は旧プリンスの流れを汲む高性能GTであり、後者は走りを重視した質実剛健なセダンであった。かつては両車ともレースやラリーで活躍し、歴代モデルの中にはまさしく名車と呼ぶに相応しいモデルも存在するが、経営陣の不見識と商品企画の甘さから失敗作となったモデルも少なくない。現在、スカイラインは輸出市場重視により国内のニーズからすっかり乖離した存在になり、ブルーバードは代を重ねるごとに存在感を失って凡庸なシルフィにその座を譲って消滅。両車ともかつての名声はもはやない。
Купить куртку из Китая